名言DB

9412 人 / 110637 名言

鈴鹿久美子の名言

twitter Facebook はてブ

鈴鹿久美子のプロフィール

鈴鹿久美子、すずか・くみこ。日本の選挙戦略家、魅せ方コンサルタント。議員秘書人材紹介・養成の「議員秘書ドットコム」などを展開する「インスタイル」社長。国会議員秘書などを経て「議員秘書ドットコム」を開設。

鈴鹿久美子の名言 一覧

私たちは初対面の相手を一瞬で「自分の邪魔をする人」か「自分の役に立つ人」かを常に見分けています。私が身を置いている政界やビジネスシーンでも、この一瞬が印象を左右します。


ビジネス社会も「選択される」という意味では戦場です。服装は勝負のときに自分を強く勇ましく見せてくれる鎧です。鎧は自分の身体にぴったり合っていることが大原則。


相手に与える印象で重要なのが清潔感・安定感・信頼感です。なかでも最重要なのは信頼感で、特に目上の人の信頼を勝ち取るには服装、話す早さ、笑顔が重要。「誰に、どう見られたいのか」という柱を決め、「魅せる」印象を操作することで2割も3割も魅力を増幅させられます。


会話では、話す早さと頷き方が重要。リーダーはNHKのニュースと同じ1分間約300文字。エネルギー溢れる部下を演出するならバラエティー番組の340文字/分です。そして頷きと沈黙を使い分けましょう。真剣さを伝えるには、頷くのはゆっくり1回。何回も「うんうん」と頷くと相手に迎合しているような印象を与えてしまいます。頷く直前に3秒の「沈黙」を入れると信頼感は一気にアップします。「しっかりと取り組ませていただきます」と言葉を添えれば、魅力倍増確定です。


笑顔は「立場の信頼」を勝ち取るポイントです。まず口角を引ききること。そのうえで、相手から見える歯の本数で3種類の立場を印象付けます。0本=組織のリーダー、4本=信頼される上司、8本=同僚・部下です。政治家のポスターでは、「党首・総理」は口を結び、新人候補者は親しみを出すために歯は8本。歯が4本は経験と自信を表し、目上の人の信頼を得るのに最強です。


鈴鹿久美子の経歴・略歴

鈴鹿久美子、すずか・くみこ。日本の選挙戦略家、魅せ方コンサルタント。議員秘書人材紹介・養成の「議員秘書ドットコム」などを展開する「インスタイル」社長。国会議員秘書などを経て「議員秘書ドットコム」を開設。

他の記事も読んでみる

五十嵐健

ジェスチャーや立ち居振る舞いは、プレゼンにおいて「本気」を相手に伝えるための技術です。


犬塚尚美(悠木そのま)

人は先の見通しが立つと気分が楽になり、やる気が出てくるものです。


徳岡邦夫

生物の細胞組織も、じつはつくることより壊すことを一生懸命しているそうです。それは、不必要になった仕組みを壊す、というのではなく、常に一定のペースで壊し続け、つくり続けているのです。そうして、自らのなかに流れを生み川すことで生命はその命を保っている。組織においてもやはり同じことが必要であると思うのです。


伊藤肇

創業者は常に乱世に輩出する。乱世では組織とか機構とかいう表面的な問題は無視され、人の魅力とか、迫力とかが一番ものをいう。それだけに乱世ほど人間像がくっきりうかびあがる時代はないし、善にも悪にも極めて個性の強い独立不羈(どくりつふき)の人物が続々と生まれてくる。


南場智子

海外で働く人材というと、語学力や国際的なバックグラウンドが重要とされがちです。しかし実際の現場で求められるのは、馴染みのない文化や新しい環境に対する謙虚さなのです。海外展開の話に限らず、DeNAという会社がいま、成功を収めている理由も、そのような人材に恵まれてきたからだと私は思っています。


吉野佳秀

「一燈を提げて暗夜を行く。暗夜を憂うことなかれ」。これは言志四録の私が好きな句ですが、「自分が決めた道なのだから、周りが暗闇であろうと文句を言うものではない」という意味です。自分が決めた目標に向かって突き進み、誰にも負けない努力をしなければ勝てません。


ジャック・ウェルチ

「効率」という言葉はよくない。「創造性」という言葉を使うべきだ。


大平浩二

不祥事とは、表面化してはじめて不祥事になるのであって、外部の私たちがその存在を知ることができるのは、不正が外部に表出した場合に限られます。表面化していない隠ぺいされた不正は、不祥事以上に多くあると考えるべきでしょう。まさに、企業の不祥事は不正の「氷山の一角」にすぎないのです。


ゲーテ

すべての人間が、自由を得るや、その欠点を発揮する。強い者は度を超え、弱い者は怠ける。


石田淳(コンサルタント)

行動を始める際のハードルを下げることも大事です。たとえば私は、ある勉強を集中的にしていたとき、同じテキストを3冊買い、会社・自宅・鞄の中に常備していました。見たいときにすぐ見られる環境を作ったわけです。


田中里沙

スタートしたばかりで失うものはあまりなかったですし、同世代の女性編集者もいたので一緒に新たなものをつくろうと頑張りました。


浜田健一郎

各国の航空会社で組織するアライアンスに加盟して以降は、ネットワーク戦略やレベニューマネジメントなど、航空事業の根幹に関わる考え方を、海外のキャリアから大いに学びました。


ウィリアム・A・コーエン

マーケティングは戦略ですが、販売は売ることです。もし、戦略的決定が間違っていれば、どんなに抜け目なく売っていても、それは一時しのぎに過ぎません。つまり、戦略的に間違っている新規事業に参入し、それなりの商品がほどほどに売れたとしても、もっと高いレベルで考えて戦略的に正しい市場に参入していれば、その10倍は売れたということです。


吉永泰之

社内には為替の分は気にするなと言っています。というのも、我々にはどうすることもできない問題だからです。むしろ、為替の影響を除いて増益ならいいと言い続けています。


高橋智隆

京都大学の工学部に進学し、専門科目が始まる前から独り自宅の六畳間でロボット開発を始めました。そして気づいたのですが、大学の工学部はロボットの作り方を教えてくれる場所ではありませんでした。そもそも新しい分野であるロボットには、教科書もありません。だから断片的な知識や技術を教わりながら、それを自ら試行錯誤しつつ統合するしかないのです。