名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

鈴木高広の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

鈴木高広のプロフィール

鈴木高広、すずき・たかひろ。日本の農学博士。「近畿大学生物理工学部」教授。愛知県出身。名古屋大学大学院農学研究科博士課程修了。マサチューセッツ工科大学博士研究員、通産省工業技術院名古屋工業技術研究所主任研究官、東京理科大学助教授、民間研究所研究員などを経て近畿大学生物理工学部教授。イモをバイオ燃料にする研究を行った。

鈴木高広の名言 一覧

僕の原点は農家のセガレなんですよ。海苔の(養殖の)手伝いをコツコツしたことが大学での地道な研究につながった。それが化粧品とつながり、農業に戻り、日本の未来を変えることに繋がる。不思議とすべてがつながっていくものなんですよ。芋づる式に(笑)。


イモを重ねて栽培して、効率的にエネルギーにする。シンプルだけど、画期的な発明ができたのは、僕自身が「多層」だったからと思うんですよ。


僕が一番期待しているのは、(バイオ燃料に使う)このイモが「日本の農業問題を解決できる」ことです。今、日本の農業市場は8兆3千億円程度。そして兼業農家をいれた農家の人口って830万人です。一人あたり年間100万円程度しか稼げていないんですよ。燃料産業としてイモが成り立てば、新市場が生まれる。いま石油や石炭といった化石燃料を買うため年間20兆円使っている。しかし、日本のエネルギー量に相当する45億トンのイモを空いた農地で作れば、この20兆円がそのまま農家に流せます。


イモが育つには、光合成を行うための太陽光が必要です。ただし通常、イモは地表の畑に苗木を植えて育てる。いわば平屋建て。だから、太陽光は上空から地表に真っ直ぐ当たる部分(面)しか太陽光を利用できない。しかし、イモは太陽光全体の6%もあれば、光合成をするほど生命力が高く、食用ではそれで十分だったんです。ただ生産効率は悪いですよね。「じゃあ平屋をマンションにしたら、うんと生産効率があがるのでは?」と考えた。「多層栽培」とはそういうことなんですよ。平地にそのまま苗木を植えず、格子状に仕切った植木鉢にイモの苗を隙間なく植える。さらにそれをスチールラックで何段にも重ねました。まさにマンションですよ。


高校を出て地元である名古屋大学の農学部へ。微生物、そして藻の研究を始めたんです。微生物や藻は短時間に大量に増える特徴がある。たとえば藍藻(らんそう)という藻類は、光合成して半日で2倍に増える。この性質を利用してエネルギーを生産しようと研究していました。たしかに大量培養は可能。しかし、藻は水中で培養するため太陽光がどうしも反射してロスが多い。石油や石炭に対抗しうる価格でのエネルギーが生成できなかった。「このままではブレイクスルーは得られない!」と限界を感じて、ずっといた大学や国の研究室を辞め、2000年に民間企業に入ったんです。そこで合成マイカという化粧品のおしろい、いわゆるファンデーションに使う粉体の研究を4年間した後、日本ロレアルにスカウトされ、メイクアップ製品の研究に5年間従事しました。これが大きな転機でした。メイクアップ用品の機能は「光と色の調整」なんです。だから肌と光の関係を徹底的に調べた。すると、まず紫外線が人間のみならず、植物にも有害だということを知りました。人は紫外線を浴びるとメラニンを出すけど、植物もリグニンという物質を作り出して、光を吸収し弱める仕組みが働く。先に述べた光合成で6%しか光を使えてないことはここで気づいた。さらにファンデーションは、肌の表面に、凹凸を生むことで光を散乱させ美しい色を出します。これを応用して光を反射させるように植物を「多層」で栽培する発想になった。いわば地球のファンデーションを作れば効率的に作物がつくれる、と気づけた。そこに以前からのエネルギー利用の研究がリンクしたんです。


僕が言う次世代エネルギーとなるイモがコレ。普通のじゃがいもですよ。じゃがいもはデンプンを多く含むので、発酵させて蒸留すれば、エタノールを作れます。エタノールはガソリン代わりになるので、イモを燃料に利用すれば、石油がいらなくなるわけです。さらにイモは、乾燥させると石炭並みに燃えやすい。また、最近は燃焼効率をこれまでより何倍も高めた火力発電機も開発されているため、イモチップの炎から大量の電力も作れる。もちろん燃やせば二酸化炭素は出ますが、植物であるイモは、そもそも育てる時点で光合成によって空気中の二酸化炭素を吸って、酸素を吐き出している。要するにイモチップが、原子力に変わるクリーンな電力源にもなる、というわけです。イモは日本のどこでも育つ。年間を通して作付けでき、6週間もすれば収穫できます。要するに「早く・多く・簡単に」作れるエネルギー源なんです。


鈴木高広の経歴・略歴

鈴木高広、すずき・たかひろ。日本の農学博士。「近畿大学生物理工学部」教授。愛知県出身。名古屋大学大学院農学研究科博士課程修了。マサチューセッツ工科大学博士研究員、通産省工業技術院名古屋工業技術研究所主任研究官、東京理科大学助教授、民間研究所研究員などを経て近畿大学生物理工学部教授。イモをバイオ燃料にする研究を行った。

他の記事も読んでみる

中畑清

まずは元気。明るく、元気よくやっていれば、必ずお客さんに伝わる。お客さんがついてくるようになったら、自ずと順位も上がってきますから。


菊原智明

お客様に読んでもらえる手紙や資料のつくり方にもコツがあります。お客様は忙しいですから、文字だけが書かれた手紙や資料では読んでもらえません。お客様はDMをパッと見てからおよそ3秒で読むか読まないかを判断しているものです。ですから、「3秒以内で何が書いてあるかわかること」が重要なポイントなのです。


喜多村円

M&A(合併・買収)は全く否定するものではありません。ただ、規模拡大だけを狙うM&Aは我々の頭には全くありません。我々が扱うトイレなど水回りの商品は長期にわたって使われるものです。売って終わりではなく、顧客満足を維持するアフターサービス体制が必要と考えています。こうした企業方針を本当に理解できる企業としか組まないようにしています。ですから自然と買収対象となる企業は限られてきます。


野口健

彼らの成功と失敗の「基準」と、現場の僕らの「基準」はイコールではない。生きてる場所が違うから。現場で、「他人の基準」に合わせていたら、僕らは死ぬわけです。実際、植村直己さんもそうだったかもしれないし、僕は40人ぐらい先輩や友人を亡くしています。だから、「他人の基準」に合わせるのはもうやめようと決めました。

【覚え書き|2度目のエベレスト登頂失敗で糾弾されたときを振り返って】


小松美羽

美大を卒業しても絵では全然食べていけなくて、かなり貧しいバイト暮らし。そんな私に転機が訪れたのは26歳のとき。画家としての自分の在り方が180度変わってしまうような出来事でした。ギャラリー日動ニューヨーク代表の塩原将志さんに「若いアーティストはもっと大きな世界を見たほうがいい」とニューヨークに行く機会を与えていただきました。塩原さんから「自分で画廊を探してアタックしてみたら」と言われた私は自分の作品集を持って、200ほどの画廊を回りました。でも、まったく相手にされません。「何の実績もなく、NYに住んでるわけでもないアンタの絵をどうして見なくちゃいけないんだ!」と追い返されるくらいの勢いで……。そして、世界最大の美術品オークション「クリスティーズ」の下見会にも行かせてもらったのですが、世界で活躍している作家の絵はどれも大きくて(作品のサイズも、そこに投影される世界観のスケールも)、ショックを受けました。幼い頃から、「画家になる」と信じて疑わなかったけれど、それは自分の小さな世界の中に閉じこもっていただけの話だったのかもしれない、と気づかされ、世界で戦っている作家さんとのスケールの違いを思い知らされました。ほかの日本画家の絵がオークションで競り落とされていくのに、私は戦いの舞台にすら立てていない。その悔しさが私の出発点です。


山岡孫吉

人生というものは、運、不運に左右されることも大きかろうが、それでも誠実さと感謝の心を失わないで努力しておれば、よき協力者を得て道も開け、人から感謝もされて、美しい世界が自ずから展開してくるのではないだろうか。


上村光弼

真剣に考えれば、1日に30分の時間をつくれない人はめったにいないでしょう。それを2コマ設定すれば1時間となります。もちろん、15分を4つといった細切れ時間の合計でもいいでしょう。要は、何が何でも時間をつくるという姿勢と意欲の問題です。そうやってねん出した1日1時間の余裕時間こそが、あなたの未来を左右する大事な時間になります。本を読んだり、セミナーに出かけたり、日ごろ会えない人に会ったりすることに使うのです。


内田和成

マネジメント層に求められるのは「すぐに作業にかかる人」ではなく、「何を解決すべきか即決できる人」です。


ぐっどうぃる博士

男性は自分のサバイバルスキルが別の人より優れているか常に気にしています。だから心のどこかで自らのサバイバルスキルに自信かない男性上司ほど、自分のスキルの欠陥を指摘しない、気づかない男を傍に置こうとします。要するにスキルが自分より劣っている「できない男」です。また、自分より優秀な部下を傍に置けば、いつか自分が蹴落とされて序列が下位になってしまう可能性が強くなる。それを極度に恐れる男性上司であれば、あえて能力の高くない部下を傍に置くかもしれません。


鮎川義介

立身出世の教義は儒教の小乗である。それは今日では排他的利己主義としか受け取られないかもしれないが、あの時代の立身出世は国家や社会をよくするためには、まず一家から始めなければならないという美徳の代名詞となっていた。


屋久哲夫

警察官も一本気の熱血漢が多いので、互いにぶつかり合うことがあります。以前、そんな場面に居合わせた私は、一方の警察官に「○○さーん、電話ですよ」と言って2人を分けたことも。こういうときは嘘も方便ですね。まずは紛糾する2人を引き離して冷静にさせる。解決は上司に任せるか、中立な立場で仲裁のうまい人に委ねる。無駄に巻き込まれて、当事者になってしまうことだけは避けたいもの。適度な距離を保つことが大事。


竹田和平

常に周囲を肯定し、ありがとうという気持ちを持っていれば、運はついてくる。自分を愛してくれる人が多いことこそが、幸運というものの真の姿だと思います。