名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

鈴木英男(日新製鋼)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

鈴木英男(日新製鋼)のプロフィール

鈴木英男、すずき・ひでお。日本の経営者。日新製鋼社長。神奈川県出身。慶應義塾大学法学部卒業後、日新製鋼に入社。人事部次長、グループ企画部長、経営企画部長、取締役総務部長、常務取締役、取締役上席常務執行役員、取締役副社長執行役員などを経て社長に就任。

鈴木英男(日新製鋼)の名言 一覧

下を変えたければ、まず上が変わることです。会議も、全社的に「報告のための会議」が増えていたので、まず経営会議を「発言しない人は出席しなくていい」というスタイルに変えたら、全体も変わりはじめました。


私が一緒に働きたいのは、「はい、わかりました」といって何でも黙々とこなす人ではなく、「社長はそうおっしゃいますが、お客さんのためにはならないのではないでしょうか」と議論を挑んできてくれるような人です。そうした使命感をもった人、意見がある人となら共に語り合うことができますし、志を共有することもできますからね。


若手社員はみんな真面目で、本当に一生懸命働いてくれるなあと感心しています。ただその一方で、これはスタッフの仕事についてですが「それって、仕事じゃなくて、作業じゃないの?」と感じることもよくありますね。与えられたものをただこなすのが「作業」。お客さんのためにという志をもってやるのが「仕事」です。「仕事」とは「ことを為すこと」、あるいは「しなくてはならない事」ですから。


社長室のドアも開けっぱなしにしていて、「いつでもきていいよ」といっているのですが、誰もきません(笑)。ですから、自分からフロアに顔を出します。社員は嫌がっているでしょうけど(笑)。幸い、私は人事畑が長かったので、本社にいる40代以上の社員であればだいたいわかるので、彼らに話しかける。その姿をみていて、「今度、社長室にいってみるか」と思ってくれる若い人が一人でも出てきたらいいと、期待しているんです。


「お客様のために」という志がなければ、お客様との接点がどんなにあっても、その声をニーズとしてつかむことはできません。


当社は設立当初から一貫して「お客様視点のモノづくり」を続けてきました。お客様のオフィスに自分の席があった、という社員も少なくありません。そうした当社のよき伝統やDNAを時代や環境に合わせて進化させつつ、次世代にきちっと継承していくことこそが、厳しい競争を勝ち抜いていくうえでの最重要ポイントだと、私は考えています。


もちろん新興国の市場開拓は重要な課題です。しかし、私がいまもっとも力を入れているのは、「日新らしさ」にさらに磨きをかけることです。日新らしさとはひと言でいうと、「お客様のニーズをいち早く採り入れ、それに合った商品を開発・提供していこうという志」です。


鈴木英男(日新製鋼)の経歴・略歴

鈴木英男、すずき・ひでお。日本の経営者。日新製鋼社長。神奈川県出身。慶應義塾大学法学部卒業後、日新製鋼に入社。人事部次長、グループ企画部長、経営企画部長、取締役総務部長、常務取締役、取締役上席常務執行役員、取締役副社長執行役員などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

永守重信

我々の業種は世界で一定のシェアを取っていかないと健全な利益が出ないんです。最近はグローバルな供給体制が求められているので、小さな会社でいいということはあり得ない。


大島卓

社長に就任してからの3年間、取り組んでいることの一つが今で言う「働き方改革」です。その一つとして1人ひとりの能力をさらに伸ばそうという取り組みがあります。今まで100できていたものを120できるようにしようという活動を就任1年目から始め、2年目から全社で徹底的に無駄を排除しようという活動を始めました。


ジャスパー・チャン

苦労はいろいろありましたが、まず苦心したのはチームづくり。みな同じ情熱やミッションを持ち、お客様のことも同じように理解をする。そうしたチームを日本でつくっていくことが大変でした。


加藤充(経営者)

子供が社会と触れ合うことは本当に大切なのです。だから私は、職業体験を幼い頃から行うべきだと考えています。


若松秀夫

これまでは、バッグの軽さなんて海外ではほとんど重要視されてきませんでした。ところが実際に私のバッグを使っていただくと、「やっぱり軽い方がいいよね」ということになるわけです。とくに海外向けということを意識しなくても、日本でいいものをつくっていけば、必ず海外の人たちにも評価されるという自信が私にはあります。


若尾裕之

話しやすいのは相手の見た目の印象です。しかし、容姿についての発言は気をつけなければなりません。自分が良かれと思って発した褒め言葉だとしても、相手にとってはコンプレックスに思っていることで、気分を害するおそれがあるからです。会って間もない頃は、容姿についてのコメントは避けたほうがよいでしょう。


池田弘(経営者)

本来、日本人というのはチャレンジ精神が旺盛なんです。明治維新も戦後の復興も地方から若者が出てきて、新しい政治や経済をつくっていった。それがいつの間にか社会全体が保守的になって、危険なことはするなと。要するに、保守的にしていることで目の前の不安が一瞬消えてしまうんです。私から言わせてもらえば、保守的になろうとすること自体が危険なことであり、保守的になって、本来見るべきものを見ようとしなくなったことが、精神的に不安定な状態を招いているような気がします。


菅原明美

スタンダードな服装は長い年月を経て、着る人を魅力的に見せることが証明されてきたものです。ルールを守れば、特別なことは必要ありません。


前田新造

経営は3年程度の中期的なスパンで考えると同時に、10年程度の長期的な視点からも考えないと判断を誤ります。目先の変化に目を奪われていると、本質的な変化を見逃してしまうからです。


小林惠智

自分の持つ強みが発揮できるような状態をつくることを心がければ、自然と成果が出ます。つらい努力をする必要もなく褒められ、自信につながります。反対に自分の強みではないものを求めて「ないものねだり」をすると、つらい努力が必要なので楽しくなくなります。本人は努力しているのに、周りからは評価されないという悲惨な状態に陥り、自信を喪失してしまいます。


トマス・J・スタンリー

一般的に医者が蓄財に弱い傾向にあることは、私たちの調査にもあらわれている。高所得者を職業別に分析すると、蓄財レベルが一番低いのは医者になる。蓄財優等生と蓄財劣等生の比率は、医者だけで見ると1:2となる。なぜ医者は蓄財が下手なのか。いくつかの理由が考えられるのが、第一に挙げられるのは学歴だ。驚くかもしれないが、高所得者では学歴と資産レベルは反比例する。


松下正幸

新しい事業を始めることはできても、今までやってきた事業をやめるという考えは、なかなか下からは上がってこない。トップにしか決断できないことです。それに、その事業に長いあいだ携わってきた人たちの苦労を考えると、撤退すると言い出しにくい点もありますね。