名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

鈴木精二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

鈴木精二のプロフィール

鈴木精二、すずき・せいじ。日本の経営者。「三菱化成(のちの三菱化学)株式会社」社長。大正時代、東京出身。そのほか、経済団体連合会(経団連)副会長などを務めた。

鈴木精二の名言 一覧

トップの座にあるものは君臨することに気を使うよりも、常日頃から組織の風通しを良くしておくことに細心の注意を払うべきだ。人材がそろい、組織もしっかりすれば、リーダーの役目は調整係なのだから。


鈴木精二の経歴・略歴

鈴木精二、すずき・せいじ。日本の経営者。「三菱化成(のちの三菱化学)株式会社」社長。大正時代、東京出身。そのほか、経済団体連合会(経団連)副会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

村上春樹

これはどんな分野でもそうだと思いますけど、これはすごい、と自分が本当に100%認められる実例がちゃんと存在していると思えることは素晴らしいことですよ。それはちょうどギャツビーにとっての沖合の緑色の灯火のようなものですね。僕にとっては、それが新訳を手掛けたこれらの小説なんです。


藤田寛之

現在のゴルフ界と日本の経済は似ている気がします。安定を求めて成長がない。思い切って広い世界に飛び込んで刺激を受けないと、強くはなれないと思います。


林野宏

遊ぶことは大切です。それは、結果的に仕事に大いに役に立つからです。斬新なアイデアや、先を見通したクリエイティブな発想の源にもなっていきます。そのためには、どんな遊びでも徹底してのめり込むことです。その分野で本が一冊書けるぐらいの意気込みで取り組むことが大切です。麻雀も徹底してやれば、ツキを逃さないためにはどう動けばいいかといったことを学べます。また、人間には直感が与えられているということも知ることができるでしょう。


関根勤

番組のなかでは、僕らは一つの駒。香車として突っ込んでいかなきゃならないときもあれば、桂馬で地味に支えなきゃいけないときもある。


中山讓治(中山譲治)

組織が大きくなり、仕事がいくら分業化しても、我々の仕事の起点には患者さんにいい薬やいい医療を届けるという使命があります。この起点から考えていけば、すべての仕事はつながっているのです。そのことを常に意識して、忘れないようにしてほしい。複雑化した組織運営のルールに振り回されることなく、ややこしくなったら起点にみんなで戻っていこう。


渋谷守浩

私自身も当社も業界では「異端児」です。今の時代はそうでなければ生き残れません。今後も異端児であり続けます。


岩崎博之(経営者)

経営者として自分は何をしたいのか。業界や社会にどんな影響を与えたいのか。成功するベンチャーを目指すなら、起業前にこれらの点を突き詰めておくことがとても重要。


稲垣精二

ある経営学者の言葉ですが、「未来を予測する最善の方策は自ら未来をつくってしまうことだ」と。この時代だからこそ、我々がベストだと思うものをつくり、お客様に提供していく。変革の力で、圧倒的な未来をつくってしまえばいい。


新浪剛史

私が社長になる前まで、ローソンでは他と比べあまり特徴のない100円前後のおにぎりを販売していました。現場の人間は、他社よりおいしい商品は作れないと、最初から諦めていた。私は「厳」で臨みました。これまでの担当者をすべて外したうえで、新たに全社横断のプロジェクトを立ち上げました。「負け癖」のついた現場を、会社変革の主戦場に変えたのです。米、塩、海苔はすべて変更。具材も一新。2002年2月に売り出した第一弾「焼さけハラミ」では、フレークではなく大き強切り身の鮭を使いました。価格は160円。こうしてスタートした統一ブランド「おにぎり屋」は好評を博し、基幹商品になりました。


徳力基彦

ソーシャルメディアの普及で、さまざまな情報が可視化され、企業の本質が問われるようになっていると感じます。たとえば従業員の「バカな行為」がたびたび報じられるような企業は、管理体制や士気に根本的な問題を抱えている可能性が高いと考えることもできます。従業員の満足度が高い企業であれば、「会社に迷惑をかけてはいけない」と考えて、社会常識に反した投稿は自然と控えるはずだからです。


午堂登紀雄

サラリーマン時代は、雇われの身として生涯を終えるものと考えていました。でも『金持ち父さん貧乏父さん』と『社長失格』を読んで、自分とは違う価値観や、起業するという生き方を知ったんです。自分の価値観と同じ本を読んでばかりでは、人間は進化しません。違う価値観を知ることで考える力が強化され、進化していくんです。


加藤順彦

取引先だったグーグルのカンファレンスに毎年参加していたのですが、06年になってアジアのパートナー企業が急激に増えました。そこで話題にのぼっていたのは中国の検索エンジン大手バイドゥのロビン・リー社長や、アリババのジャック・マー社長です。二人は海外で成功して中国に帰るウミガメ族のシンボル的な存在でした。彼らの活躍を耳にして、ビジネスをやるなら国内より、外で成功して日本に貢献するやり方の方がいいし、自分も若い日本のウミガメを支援したいと考えるようになりました。