名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

鈴木秀則の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

鈴木秀則のプロフィール

鈴木秀則、すずき・ひでのり。日本の経営者。「リアルコミュニケーションズ」社長。新潟県出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、朝日新聞社に入社。朝日新聞記者を務めたのち独立し、リアルコミュニケーションズを設立。そのほか、Eコマース協議会事務局長などを務めた。著書に『いますぐはじめる ドロップシッピング』『めざせ月商1000万円! はじめてのドロップシッピング』ほか。

鈴木秀則の名言 一覧

変化の出来ない会社は必要とされません。ですから、会社の体質として社内から出た意見を吸い上げて改善していくという仕組みを徹底しています。


毎日進化し続けるウェブサービスの世界に身をおいていますから、革新していかない限りユーザーは見放します。


一度に完全なものを創るというより、毎日毎日試行錯誤して少しずつ完全に近づけていく。変化はつきものですから、日々の改善作業は一丸となって徹底しております。


私達は自分の状態をいつも一言で表現できるように心掛けています。自分の現在の仕事や状態を簡潔に述べられない時に限って、抱え込みすぎて身動きの取れない状態に追い込められていることが多い。こうなる前に何かできないかということです。一言で説明できれば、自分の今置かれている状態を明確に認識していることになります。私達がこれほどまでに言葉を大切にしているのは、困難に直面した時や判断に迷った時に、いつでもこの原点に戻れるように、言葉の本質を深く理解したいと思っているからです。


一見関係ないと思われることでもあらゆる事象は有機的に繋がっていて、ほんの些細な心掛けの積み重ねが良い方向に繋がっていきます。ですからお客様へのご返信の電話一本を一秒でも速く返せるように、また紙一枚でも気持ちが伝わるようにと、どんな小さなことでも意識を持って行動するようにしています。


鈴木秀則の経歴・略歴

鈴木秀則、すずき・ひでのり。日本の経営者。「リアルコミュニケーションズ」社長。新潟県出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、朝日新聞社に入社。朝日新聞記者を務めたのち独立し、リアルコミュニケーションズを設立。そのほか、Eコマース協議会事務局長などを務めた。著書に『いますぐはじめる ドロップシッピング』『めざせ月商1000万円! はじめてのドロップシッピング』ほか。

他の記事も読んでみる

枡野俊明

立場を変えて見れば相手の意見も正しいと思えるかもしれず、自身の論点とのズレも発見できるかもしれない。そうすれば、聞く耳を持ち、場を読む目も必要だと思えるはずです。


澤田秀雄

ビジネスでは数字を毎日見ることが大切です。数字は嘘をつきません。業績が上がったら上がった理由が、下がったら下がった理由が数字に表れます。もちろん、数字をつくっているのは人間ですから、間違えていることもありますし、ときには故意に操作することもあるかもしれません。でも、毎日数字を見ていれば、おかしなところは気がつくものです。


石田衣良

お金の流れなど、経済のことも勉強したほうがいいと思う。僕はフリーターのころ、相場や株式のことをかなり勉強しました。経済のことがわかって以降は、お金に関しては、あまり心配することがなくなりました。こうした勉強はフリーターに限らず、会社員もしておいた方がいい。辞めるにしても、続けるにしても、絶対に強みになるから。


上村光弼

私は企業で研修の講師を務めるとき、あなたの夢や志を書いてくださいという課題を出すことがよくあります。しかし、これをスラスラと書ける人は少数派で、多くの人は筆記具を手にしたまま、虚空をにらんで動かなくなります。そこで、お題を変えてもっと身近な人間関係の中で夢を考えてもらいます。職場の人間関係の中で、どんな存在になりたいかを考えるという課題に切り替えるのです。すると、皆さんスラスラ書きはじめます。


谷厚志

最近は「事実を確認する前にうかつに謝ると言質をとられるので、簡単に謝罪してはいけない」という理由から、お詫びが遅れることが多いようです。だから事態が余計に悪化してしまう。でも言質をとられるのはまずい。それなら、限定的な謝罪をすればいいのです。たとえばホテルの宿泊客から「部屋が汚れていた」というクレームがきたら、「せっかくご利用いただきましたのに、お部屋にご満足いただけなかったようで申し訳ございません」と謝る。本当に部屋が汚かったかどうかはさておき、お客様が部屋に満足しなかったのは事実なのですから。


森信親

日本の社会人はもったいないと思うんです。能力があるのに、組織人として20年くらいいるうちに丸くなってしまう。


川口直昭

近年は業態転換をする企業が多いと聞きますが、私たちは自分たちの歩むべき道をしっかり見据えて進んでいきます。「この会社は何のために存在しているのか?」「この仕事にはどんな社会的意義があるのか?」。そして、「何のためにこれからの自分の時間を使うのか?」人々の生活を守り、命を守るというミッションを胸に、一生をかけてやり続けていく覚悟です。


吉山勇樹

会社と意見が衝突して落としどころを見つけるときに大切なのは「一人ですべてをやろうとしないこと」です。あなたが会社と異なる意見をもったときは、現場レベルで、同じ考えをもった人がほかにもいるはずです。その人たちと意見や感情を共有したうえで、どんな折衷案を提案すべきかを考える。そして、その案を直接自分が上にぶつけるのではなく、社内の調整役を介して上に通してもらうといいでしょう。どんな会社にも上と下のハブになる立ち位置にいる人がいるはずです。その人の力を借りるわけです。


冨安徳久

満足していただくにはプラスアルファのサービスを、自分で考えないとダメ。


橘フクシマ咲江

大勢の人に自分の意見を理解してもらおうとすると、2~3回言っただけでは足りません。だから、優秀なCEOほど、社員の前で同じことを繰り返し話すのです。


塚越寛

「研究開発型」の経営体制をつくっていくことが不可欠です。既存の商品やサービスを提供し続けるだけでは、いいときもあるかもしれませんが、長期的には必ず先細りになっていきます。常に研究開発を怠らず、新しい商品やサービスを開発し続けることによって、新しいニーズを掘り起こしていくのです。正しい方向で研究開発を続ける姿勢を維持すれば、その会社は将来にわたって生き長らえていけるでしょう。


ながやす巧

どうせ描くならば、一本一本、一話一話、常に完璧に仕上げたい。