名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

鈴木真理子(人材コンサルタント)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

鈴木真理子(人材コンサルタント)のプロフィール

鈴木真理子、すずき・まりこ。日本の人材コンサルタント、ビジネストレーナー。「ヴィタミンM」社長。東京生まれ千葉県育ち。共立女子大学卒業後、三井海上火災保険株式会社に入社。その後、ビジネストレーナーとして独立。著書に『もう必要以上に仕事しない!時短シンプル仕事術』『ズルいほど幸せな女になる40のワザ』『絶対にミスをしない人の仕事のワザ』。

鈴木真理子(人材コンサルタント)の名言 一覧

ミスをなくすカギは情報を整理して見えるようにすること。


「ケアレスミス」「連絡ミスなどコミュニケーションに関わるミス」「段取りにまつわるミス」。この3つこそ、職場で起こる3大ミス。一見、たいしたミスではないように見えて、それを放置するとより大きなミスにつながる。


ノートを使った発想法は難しく考える必要はありません。思いついたことを忘れないうちに手近な紙に書き留めるだけで、貴重なアイデアメモになります。


頭をリセットして目の前の仕事に全力投球できるというのも、メモの大きな効用。営業マンなら、お客様からヒアリングで聞いたことをきちんと書き留めておけば、忘れてしまってもいい。むしろ忘れることで頭を切りかえ、次のお客様に100%集中して向き合える。


人は忘れる生き物だから、メモを取る。これがメモ・ノートの最大の意義です。逆に言えば、記録したことは覚えておく必要はありません。必要なときはノートを見返せばいいからです。


仕事のスピードを上げる秘訣は、ミスを徹底的に減らすこと。ミスをすれば、やり直したり、顧客に謝ったりするのに多くの時間を取られる。その結果、仕事が遅くなる。


自分の都合だけで書かず、受けとる側の立場でも考える。ダメメールからの脱却は、そこから始まります。


社内向けメールはとにかくコンパクトに、社外向けも失礼にならない範囲で極力簡潔に書くことを鉄則にしましょう。短いメールには短く返信すればいいので、多忙な相手からも返事をもらえる確率が上がるはずです。


記憶をたどる作業と、文章化する作業は別にしたほうがいいでしょう。紙でもパソコンの画面上でもかまいませんから、まず用件やキーワードを個条書きでメモ。本文を書くときは、書く作業に集中します。


メールの書き方研修などでいつも気になるのは、ほとんどの方が準備なしに、いきなり本文を書き始めることです。用件をあらかじめメモなどで整理せず、記憶に頼って書くことが習慣になっている。その結果、用件もれや添付ファイルの付け忘れが発生し、お詫びメールを送るはめになります。


残念なビジネスメールの筆頭は、タイトルを読んだだけでは内容がわからないメールです。受信者はタイトルと発信者の名前を見て、読むべきメールを選んでいます。つまり、読んでもらうためにはタイトルだけで内容がある程度伝わる工夫が必要です。


会議の議事録作りなどでありがちですが、PCを使うとつい一字一句正確に打とうとしてしまいがちになります。結果、会議中ずっと画面を見ているだけ、という人がときどきいます。言うまでもなく、会議で一番大事なのは、考えて発言すること。記録するだけで頭がいっぱいになってしまっては意味がありません。


鈴木真理子(人材コンサルタント)の経歴・略歴

鈴木真理子、すずき・まりこ。日本の人材コンサルタント、ビジネストレーナー。「ヴィタミンM」社長。東京生まれ千葉県育ち。共立女子大学卒業後、三井海上火災保険株式会社に入社。その後、ビジネストレーナーとして独立。著書に『もう必要以上に仕事しない!時短シンプル仕事術』『ズルいほど幸せな女になる40のワザ』『絶対にミスをしない人の仕事のワザ』。

他の記事も読んでみる

平井正修

執着を手放すことができれば、失敗を糧にすることができる。囚われの心がなくなれば、思った方向に自在に進んでいくことができる。


柳澤大輔

実店舗への誘導が目的の場合、クーポンの発見やイベントの告知など、モノを売るより販売促進がサイトの役割ですが、ウェブ上で売上を完結させる場合は、商品の安さなどネットショップとしての優位性を強調しないといけません。この2つの両立は難しく、どちらの方向を目指すかは事前にハッキリさせておくべきです。


永井浩二(経営者)

コア事業の位置づけによって、グループの形は変わるかもしれない。あらゆる可能性を排除せず、検討していく。


水野美紀

「勇気あるね」「よく独立したよね」と、いまだに言われます。でも、私には大きな決断をした実感はないんです。覚悟は必要でしたが、迷いや不安はなく、いまの道を選びましたから。私の転機は独立ではなく「舞台との出会いそのもの」ですから。それくらいに舞台との出会いは特別で、その後の流れは必然だったような気がします。


大崎洋(大﨑洋)

社長が「ええやん」言うたら、みんな仕方なく「いいですね」って言うやんか。そしたら「じゃあやって」って返せば、やらざるを得ない。そこで、俺が何もせんかったら、どうしたらできるか、社員も自分たちで考えるやろ? やったことのないイベントを手探りで実現させることを通して、自分で考えて行動できるようにしたいねん。俺がやりすぎたら、あかんのよ。そもそも社員が増えて、一人ひとりの名前と顔もよう覚えられへんから「どの部署の誰に何をやらすか」までは手が回らん。


逢沢明

あなたはビジネスや投資の確率が7~8割、と言われたらどう思いますか? 「これは結構イケる」と安心する人が多いのではないでしょうか。しかし本当に成功する人たちはじつは確率7~8割ではまだ危ないと思っているんですね。プロ野球や歌手を目指す才能溢れた人でも、なれる確率が9割以上超えている人ほど、ますます努力を続けます。これは投資の世界も同様。だからこそ成功確率7割を9割以上に上げる方法が必要になります。


小松俊明

大切なのは好奇心と行動力。たとえばいま、都内の高級ホテルに「朝活」を行う人が多く訪れています。そのことをニュースだとか他人事と思って聞き流すのと、「どんな人が集まっているのだろう」と実際に足を運んで、体験してみるのでは、大きな違いです。


高橋滋

カシータのスタッフは、喜びを体で覚えてしまっているんです。自分たちが頑張ると、お客様がこんなにも喜んでくれるということを。ものごとは、悪い方向へ行くとどんどん悪くなりますが、その逆でひとたび良い方向へ行くとどんどん良くなっていく。これがゲッティング・ベターの威力です。


田中靖浩

数字や会計に苦手意識を持っているビジネスマンは多くいます。いつまでも苦手のままでいるのは、会計を勉強するときのゴールが見えていないからです。一言で会計といっても、人それぞれ立場によって必要な知識は異なります。自分の仕事とつなげてゴールを考えることが大切です。


王貞治

時代はどんなに変わっても、何かを目指して、一本の道を、周りの人とは違うスピードで、違う感覚の世界に住んで、どんどん突き進んでいく人というのは、必ず出てくるんです。そういう人に共通しているのは、ストイックだし、マゾ的な要素を持っているところ。自分自身をいじめるところへ身を置くことで快感を得られる。他人がどう思っても、自分に必要なことなら、どんなことでもやらないかんということになる。僕だって、ありますよ。


倉富純男

福岡は大陸から近く、昔から多様な文化を受け入れてきた土地で、人が大らかで開放的。新しいものが入ってきてもノーとは言わず、やってみようじゃないかという雰囲気があります。要は新しもの好きなんですね。そうした風土が街づくりにも生きています。


大河原毅

父は、出来の悪い息子の落第を聞いても達観した様子でしたが「君は奥手だから」と、一言つぶやいたことを覚えています。若い時はつらいことばかりでしたが、父の言葉を信じて、私の人生は実るのが遅いだけだと思って生きてきたことで度胸もついたのでしょう。