名言DB

9490 人 / 112001 名言

鈴木清一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

鈴木清一のプロフィール

鈴木清一、すずき・せいいち。ダスキンの創業者。高校卒業後、老舗の蝋問屋に入社しワックスの開発を行う。その後、ユシロ航空油剤製造株式会社を設立。社名をケントク産業に変更。ビルメンテナンスや清掃用品販売分野に進出し、ダスキンへとつながっていく。

鈴木清一の名言 一覧

相手が喜んでくれるのなら、損の道をゆこう。


自分に対しては、損と得とあれば損の道をゆくこと。他人に対しては、喜びの種まきをすること。


何が正しいか正しくないか、いったい誰が判断するのでしょうか。世界中の戦争や争いごとはすべて自分は正しいと思い込むところから起きています。正しいか正しくないかは神さましかわかりません。


加盟店と本部は車の両輪。本部は商品やシステムを開発するが、最終的に販売・接客するのは加盟店なのだから、どちらが良くても、どちらが悪くても、車はまっすぐ走らない。だから開発する本部と販売する加盟店は運命共同体だ。


加盟店と本部の関係は、契約書ではなく夫婦間のように婚姻届みたいなかたちで、もちろんたまには議論もしくは喧嘩もするだろう、でも一緒に助けあって将来的には良き家庭を築いていこう、良きダスキンブランド、良きミスタードーナツブランドを築いていこうという目指すところは一緒なんだ。


鈴木清一の経歴・略歴

鈴木清一、すずき・せいいち。ダスキンの創業者。高校卒業後、老舗の蝋問屋に入社しワックスの開発を行う。その後、ユシロ航空油剤製造株式会社を設立。社名をケントク産業に変更。ビルメンテナンスや清掃用品販売分野に進出し、ダスキンへとつながっていく。

他の記事も読んでみる

押井守

「番組が放送される30分しか生きている気がしません」という手紙をいくつももらった。その子らにとっては、アニメーションだけが生の実態を得られる瞬間だったわけだ。僕はそんな子供たちに、カタルシスを与えることがこの仕事の社会的使命だと教わった。だが、それだけで本当にいいのだろうか、という思いも同時に抱えていた。


花光雅丸

僕は大手居酒屋チェーンの店長を経て、24歳で独立しました。当時はめちゃくちゃ自己中心的な男でした。いい店を出して、利益を挙げて、車や家が欲しかった。でも、自分の欲しか考えられない男になって、人生楽しいのかという疑問が店を出すごとに湧いてきました。人に喜んでもらうことが、僕にとっての満足だと思うようになったとき、サブライムの経営理念であるオールウィンが生まれました。


加賀見俊夫

アンケートの中でも1日で数十件くらい寄せられるゲストの自由記述欄はとくに意識しています。例えば、「すごい人なので、待ち時間が寒くてつらかった。でも、ダッフィーに会えて感動した」というメッセージが寄せられたとします。ここで注目すべきは後半の「感動した」ではなく、前半の待ち時間であり、寒さ対策です。施設の投資計画に反映するほか、部門ごとに各キャスト(スタッフ)から改善提案を出してもらうなど、すぐに対応します。


藤原弘治

現場の声をフィードバックして、そこで意見交換をさせていただくことが大事です。今、日銀総裁も副総裁もオープンマインドですし、積極的に対話をしていこうという姿勢をお持ちなので、現場に近い我々、特に私は頭取としての全銀協会長になりますが、現場で何が起きているか、実態をしっかり話して意見発信につなげていきたいと思っています。


ジェームズ・ダイソン

私の経営が唯一の正しい方法だとは言いません。しかし、私自身はこのやり方が素晴らしい製品を生むものだと信じています。


フランソワ・ノーカット

すべてはお客様の目線から見てシンプルにすることです。決してものごとが複雑になってはいけません。


澤上篤人

投資なんて皆が売っている安いときに買っておけば楽なもの。ちょっと株価が戻るだけで、すぐ利益が出る。


高橋フミアキ

実際に実験したことがありますが、いくら素晴らしいタイトル・内容でも、多くの人に同じメールを一斉送信するより、一人ひとりに合わせて少しずつ変えた文面にして少数の人に送る方が、反応は圧倒的に大きい。


北井博

信用第一に、ひとつひとつの仕事を着実にやってきたからこそ今がある。


村田沙耶香

ほぼ全部が弱点ですね。幼少期から弱点をどう反転させていくかみたいなことがいっぱいあったので、弱点のようなものは強さの源だと思っているところがあります。


井上直美(経営者)

要は、外の目が必要だったんです。会社の中の人だと、あまり気が付かないことを外から来た人間には違う感覚がありますから、こういうのを置いたらいいじゃないかと言えます。ですから、社員には「君たちももっと顧客目線で、どんどん発想し、やってみたらいいじゃないか」と言っていたら、いろいろなことが動き始めることになったのです。


辻庸介

未来をよりよくしていくには、まず過去と現在を知らなくてはいけない。