名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

鈴木洋の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

鈴木洋のプロフィール

鈴木洋、すずき・ひろし。日本の経営者。レンズ技術を核とした情報通信・メガネコンタクト・医療内視鏡などのメーカーHOYAのCEO。東洋大学経営学部、米国メンロー大学卒業後、HOYAに入社。取締役、常務、専務を経てCEO。

鈴木洋の名言 一覧

社外の人がボード(会議、取締役会)に入って会社運営をすることに違和感はありません。会社はだれのものかという議論をすると、結局のところ株主さんのものであるというところに行きつく。私が株主だったらどういう仕組みが安心できるかを考えると、永続的にガバナンスが効いた運営の仕組みが必要だと思います。


実を言うと、ガバナンスはあまり意識していないんです。様々な局面で青臭い議論をしながら仕組みを作っていただけで、こういう形にしたかったという目標があったわけではないんです。ましてや、ガバナンスを中心に据えて旗を振って以降という意識はありませんでした。


93年くらいから94年くらいに、これからは日本国内での商売の機会が減っていくのだという危機感をかなり持ちました。要するに、日本の商売にこだわっていてはだめだぞと。もうグローバルだと。国内の売り上げナンバーワンに向けて努力をするなら、その労力を海外に向けて、海外から売上ナンバーワンを出さなければいけない。海外にビジネス機会を探さない限りは、会社の成長はないという意識を持ちました。


鈴木洋の経歴・略歴

鈴木洋、すずき・ひろし。日本の経営者。レンズ技術を核とした情報通信・メガネコンタクト・医療内視鏡などのメーカーHOYAのCEO。東洋大学経営学部、米国メンロー大学卒業後、HOYAに入社。取締役、常務、専務を経てCEO。

他の記事も読んでみる

永持孝之進

人生は会うべき人に、必ずしかるべき時に会える。
運は必ずしかるべき時にやってくる。


藤井義彦

コーチングとは、いろいろなスキルを駆使して、クライアントを操作することではありません。コーチはクライアントの成功と成長を心から願い、自分のすべての経験や技量を惜しみなく与えます。クライアントに対しては、裏切らない、批判しない、感情的にならない、コーチの意思とノウハウを押し付けない、そして常に秘密を守り、甘えることは許されない。このようなコーチであってはじめて信頼されるのです。


前川孝雄

雑談力の源となるのは相手への好奇心です。そして、その好奇心の奥にあるものは「素直さ」だと私は考えています。「若い人の考えることはわからない」「彼の考え方は偏っている」などと決めつける前に、素直な興味を持ってみる姿勢です。相手が何を考えているのか、なぜそう思うのかを考えること。この姿勢があってこそ、何気ない雑談は大きな意味を持ち、信頼関係を築く基礎となるでしょう。


小路明善

「こういうやり方をしろ」「このお客様を訪問しろ」「こういうことはやめろ」などとプロセスを押し付けるのは感心しません。仮に、そのとおりにやって成果が出たとしても、部下は「この成果は自分の力によるものではない」と感じてしまい、小さな達成感しか得られないからです。


中山讓治(中山譲治)

現代はものすごく環境の変化が早い時代です。昔のように変化のスピードの緩やかな時代だったら、ナンバーツー以下にいても、ナンバーワンの真似をしていればある程度上手くいきました。しかし、これだけ変化が速い時代になると、ナンバーワンの真似をしても上手くいかないのです。


伊東孝紳

既存の当り前のことが、当たり前でなくなっています。いま大切なのは、「顧客から見た当たり前」を実践することです。


東哲郎

日本メーカーは問題を解決するために製品を開発する点では強いですが、「価値を創造し提案していく」ことは弱い。海外メーカーを見ると、皆そういった思考で動いています。


椎名麟三

人間の苦しみや悲しみで、人間の戦い得ないものはない。


近藤太香巳

常に社長がどのように考えているのかを社員に言い続けることで、はじめて社員が同じ考えを抱くようになる。


冨安徳久

この世に人として生を受けて生きることは誰かのために行動を起こし、役立つということ。それが人生。


加藤夏希

実は、公開前は、あまり見ないようにしているんです。公開後にお客さんと一緒に映画館で楽しみたくて。初見は、どうしても「ひとり反省会」になっちゃいますね。「あそこはもっとできた」とか。でも、そうやって悔しがれるのは、お芝居への情熱が続いている証拠。


見城徹

かけた電話は絶対に先に切るな。