鈴木治雄の名言

鈴木治雄のプロフィール

鈴木治雄、すずき・はるお。昭和電工会長。東大法学部卒業後、昭和電工に入社。多くの公職を歴任し、経済同友会幹事、経済団体連合会常任理事、東京商工会議所監事などを務める。DDRフンボルト大学経済学名誉博士号を持ち「化学産業論」などの専門書を執筆している

鈴木治雄の名言 一覧

汚れ役こそ、演じがいがある。会社が苦しかったときに、こういうときこそ、演じがいがある。二枚目は誰でもできますからね。


世の中、明るい方向に考えて、歩いて行かなければならない。


社長、会長はコンダクター(指揮者)ですよ。いろんな音色の楽器をまとめて、全体がいい音楽になればいいんですよ。


自然科学と宗教が対立するという考え方が、比較的多いですよね。でも、私はそう思わない。逆に、自然科学が進めば進むほど、宗教は必要だと思う。


最善の努力をしてみよう。その結果は、努力をしないよりもはるかに良い結果が得られるはずだ。


かつて生涯を昭和電工で仕事一筋に働いた方々を配慮する気持ちがなければ、結局、会社は衰退するだろう。会社は過去から現在、将来にわたって人間関係の中にあるわけだし、広い世間の一角を占めており、孤立しては存在できない。このことを忘れて独善に陥り、自己に誇ることは許されない。


迷ったときは、十年後にその決断がどう評価されるか、十年前ならどう受け入れられたかを考えてみればよい。【覚書き|第二次石油危機後、不採算部門だったアルミの国内精錬から撤退した時を振り返っての言葉。合理化案に社内全体から不満の声が上がったが、先行きを見て廃止を決断する。】


私は困難にぶつかるたびに、一つの言葉を自分に言い聞かせてきました。「絶えず努力する者は救われる」これはゲーテのファウストに出てくる言葉です。若いときに出会ったこの言葉が経営者としての私と、人間としての私の心の支えでした。「最善の努力をしてみよう。その結果は努力しないよりもはるかに良い結果が得られるはずだ」と。


大学を卒業する時、私は職業の選択に大いに迷いました。実業家の過程でしたから、運命的に私もそちらの方向へ行かざるを得ないとは思っていましたが、本心としては文学や哲学の方面に興味があったのです。そのころ私が考えていた実業家のイメージは、文化的な教養とは無関係な俗っぽい人間というものでした。しかし、ある有名な実業家から「そんなことはない。実業界に入ったからと言って、自分の心がけ次第ではいくらでも本も読めるし、教養を深めることもできる」と言われ、迷いから覚めました。


鈴木治雄の経歴・略歴

鈴木治雄、すずき・はるお。昭和電工会長。東大法学部卒業後、昭和電工に入社。多くの公職を歴任し、経済同友会幹事、経済団体連合会常任理事、東京商工会議所監事などを務める。DDRフンボルト大学経済学名誉博士号を持ち「化学産業論」などの専門書を執筆している

他の記事も読んでみる

イチロー(鈴木一朗)

まだまだ自分の可能性は感じていますし、この数字を超えられるだけの自分を作り上げる余地は感じています。だって、まだミスをしていますから。それを減らせば、もっとヒットが打てるということでしょう。


大島康朋

若い経営者あるいはビジネスパーソンの方々に対して「急ぐな、焦るな、慌てるな、見栄張るな」とだけは申し上げたい。誰だって背伸びしたくなるときがあるものです。でも、身の丈に合わない真似は慎むのが賢明です。


姜尚中

先の見えにくい時代ですが、どうか自分の生き方を大局的に見て欲しい。人生に、仕事に、会社に何を求めるのか。迷っている人が多いようです。仕事が第一の人でも、オフの部分をきっちり分けて、そのなかにもうひとつの自分をしっかり作ってほしい。オフを豊かにできれば、オンの部分も豊かにできるはずです。それができないと、自分を見失いかねません。真剣に考えて、悩むだけ悩んだらあとは腹をくくっていきましょう。


森川亮

どの企業でも、収益化を考え始めると、利用者は必ず変化に気がつきます。あ、何かスイッチが入ったなと(笑)。そこに全く収益化を考えない企業が登場すると、「この会社は純粋でいい」と利用者の支持を得ます。いったん利用者が新しいサービスに動き始めると、もうその流れを変えるのは難しい。過去に成長が止まったほとんどのネット企業が同じ道を歩んでいます。


似鳥昭雄

そもそも、売れる営業や、成績のいい販売員に着目することに、どれだけ意味があるのでしょう。それが企業にとって本質的なことかどうかを考えなければいけません。僕はナンセンスだと思います。なぜなら、その人の神業的な技術によって、1店や2店なら繁盛店にすることができるでしょう。しかし、その技術を標準化し、チェーン化することは不可能です。会社を伸ばすためには本質的なことではないのです。


海老一宏

中高年の転職は、今いる会社の肩書では戦えません。転職活動のいわば敵=企業・業務を絞り込み、リサーチすると同時に、自身のスペシャリティとは何か、すなわち自分の「武器」とは何かを突き詰めます。


三枝利行

「過去と他人は変えられないが、未来と自分は変えられる」が私のモットーです。


岸見一郎

問題を解決するには「何があったか」より、「これからどうするか」の方が大事です。変えられない過去ではなく、変えられる未来に目を向けて考えましょう。


水野学

ノートで最も大切なのは書かれている内容です。(ノートをデザインするとき)過度な主張は、使う側にとって親切なデザインとは言えません。


嶺脇育夫

(ネットショップには)確かに品揃えでは勝てません。でも、情報量はリアル店舗に分がある。パッケージを手に取ってもらえるから、ジャケットの細部のデザインや重み、CDによっては紙製など素材による手触りの違いを確認してもらえる。リアル店舗は感覚的な情報を提供できるわけです。お客さんの五感を刺激する売り場をどうやって作るか。これがリアル店舗の生き残るカギで、今後の課題です。


植木義晴

構造改革では、部門別採算制度をとるなど確実に利益を生み出せる仕組みに変えていきました。また、社員が変わったといわれるのは、意識改革に取り組んでいるからではないでしょうか。


渡文明

機会をとらえて積極的に勉強し、仕事を通じて得た知識・ノウハウを試したり改良したりしながら自分のものにしておけば、いつか役に立つ日が来ると思います。


宮根誠司

番組ではいろんなニュースを扱います。凄惨なニュースはきちんと伝えて、でも、情報が次に移ったら切り替える。どんな番組であれ、ベースとなるのは「元気で面白い」こと。それでいて、わかりやすかったらもっといい。


石井一久

僕は大した選手ではなかったけれど、日米で22年間続けられたのは、「チームの中で必要とされる存在になろう」と心がけてきたからだと思う。


森下一喜

発想やアイデアはすべて、自分の「原体験」から生まれます。子供から大人になるまでの様々な経験。些細な、つまらないと思えることも含めて、過去の経験の中にこそ「オリジナリティー」「クリエイティビティー」が存在する。


ページの先頭へ