名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

鈴木永二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

鈴木永二のプロフィール

鈴木永二、すずき・えいじ。三菱化成会長。東京商大卒業後、三菱化成の前身 日本化成に入社。取締役経理部長、専務、副社長を経て社長。ライフサイエンス関連事業などを起こす。日経連副会長、経団連常任理事、経団連ライフサイエンス委員長なども務める。

鈴木永二の名言 一覧

毎日の生活を、与えられたものではなく、みずから創り出していくものと考えたい。


同じ悩みにとらわれず、こだわらず、新しい時代に新しい気持ちで対応していくことで、自分の生きがいを見つけていかなくてはなりません。世の中の変化に対応していけないところに悩みが生まれます。この世の中は生々流転の世であり、常に自分も変化しているのだということをはっきり認識することが大事である。


鈴木永二の経歴・略歴

鈴木永二、すずき・えいじ。三菱化成会長。東京商大卒業後、三菱化成の前身 日本化成に入社。取締役経理部長、専務、副社長を経て社長。ライフサイエンス関連事業などを起こす。日経連副会長、経団連常任理事、経団連ライフサイエンス委員長なども務める。

他の記事も読んでみる

原田純子(経営者)

サンドイッチというたった10センチ四方の世界ですが、いくら仕上げても終わりがありません。だからこそ、召し上がった人々が感動するような美しく目にもおいしいサンドイッチを作っていきたい。


佐藤可士和

クリエーティブかどうかは、つまるところマインドの問題。能動的に何かをやろうと思っているか受け身なのか。クリエーティブの仕事は価値の転換そのものだからだ。一般の人が普段踏み込まない「感覚の領域」をフィールドにする。そこで誰もが見過ごしている物事に気づくかどうかだ。


河合薫

上司からのいじめ問題では、いじめている上司が部下をいじめていることに気がつかないケースが多い。無意識のいじめのほとんどは「自分も昔、上司から厳しくされたことが自分の成長につながったから」という上司の心理状態が背後にあり、「部下のため」にとった行動が、いじめの元凶になっている。


高橋俊介

相手の期待値を確認して、期待値プラスアルファを相手が期待するより早く提供し続けることができれば、間違いなく信頼関係は生まれる。しかもそれを続けているから、何かのときに周囲から協力が得られるのである。


高橋温

読み手の心に響く文章が書ければ、組織にエネルギーをもたらすことができます。そのためにも、ワープロで打ちっぱなしにせず、一次原稿を俯瞰しながら手書きで修正するプロセスが何より必要です。一度プリントアウトすると、手書きから読み手へと視点が変わります。手書きのときは言葉を並べることに意識を奪われ、木を見て森を見ずになりがちです。そこで読み手の視点から森を俯瞰することで余分な木を排除し、木と木のつながり方を正し、簡潔明瞭で論旨明快な文章に仕上げていくことができます。


堀之内九一郎

浜松でホームレス生活を始めたときも楽しかった。客観的に見れば、どん底だったのでしょうが、私自身はすごく楽しかった。ホームレスの当時は、実際にお金がなかった。ご飯に味噌汁をかけて食べるのがご馳走だったし、銭湯に入るのもままならないときがあった。けれども苦にはならなかった。ホームレスをお金のないどん底生活としてとらえるのではなく、次への準備を兼ねた短期のキャンプ生活としてとらえたことで、私はホームレス生活を楽しく過ごし、起業へつなげることができた。


コシノジュンコ

人と同じことをやることには恐怖・反発を感じます。常に進化に進化・挑戦を続けています。同じことは繰り返しません。


岡野博一

私は今後、日本が国家戦略として、文化大国というポジションを取りに行くのが良いと思っています。日本は王朝が一度も変わらずに続いている世界最古の特殊な国です。そして、文化とはどのように醸成されるかと言えば、風土や気候、暮らしの中の連続性が影響します。その暮らしの常みの中で生まれた道具が伝統工芸です。したがって、日本の伝統工芸は、世界で最も古い歴史を持っている。私たちは伝統工芸の巨大なグループを作りながら、文化大国への一助となるべく頑張っていきたいと思います。


中村信仁

初対面の会話では、自分だけでなく相手も緊張しているものです。そのままでは緊張と緊張のぶつかり合いが起きて、心を開けないまま時間が過ぎてしまう。ですから、自分の方からその緊張を解くことが必要なのです。そうして自分から、第一声を切り出したほうが、その後の会話もイニシアチブをとることができます。


植木義晴

JALフィロソフィは40項目あるのですが、難しいことは書いていないんです。「それ違うよ」なんて思う言葉はないですね。だけど、実践することは難しい。シンプルなだけに難しいんですね。


テリー伊藤

いままで使えた金が使えなくなると、自然とアイデアが出てくるんですよ。制作費がバンバン削られているテレビの世界でいうと、照明代の3万円、4万円を減らすために、屋内撮影が減っていく。じゃあ、それが悪いことかっていうと、そうでもないんだ。インタビューひとつにしろ、外でやったら風で髪の毛が撮れるでしょう。そこに女性が触れる。その動きはちょっとセクシーなんだよね。屋内なら撮れない画が撮れるわけ。向上心って大げさなことじゃなくて、そういう違いを生かせる知恵が持てるかどうかなんですよ。がんばって工夫していきましょうよ。


茂木友三郎

しょうゆの味を覚えてもらい、レシピ開発を通じて、しょうゆの使い方を知ってもらう。この2つの戦術がうまく融合して相乗効果を発揮。米国でのしょうゆの認知度は高まりました。