鈴木永二の名言

鈴木永二のプロフィール

鈴木永二、すずき・えいじ。三菱化成会長。東京商大卒業後、三菱化成の前身 日本化成に入社。取締役経理部長、専務、副社長を経て社長。ライフサイエンス関連事業などを起こす。日経連副会長、経団連常任理事、経団連ライフサイエンス委員長なども務める。

鈴木永二の名言 一覧

毎日の生活を、与えられたものではなく、みずから創り出していくものと考えたい。


同じ悩みにとらわれず、こだわらず、新しい時代に新しい気持ちで対応していくことで、自分の生きがいを見つけていかなくてはなりません。世の中の変化に対応していけないところに悩みが生まれます。この世の中は生々流転の世であり、常に自分も変化しているのだということをはっきり認識することが大事である。


鈴木永二の経歴・略歴

鈴木永二、すずき・えいじ。三菱化成会長。東京商大卒業後、三菱化成の前身 日本化成に入社。取締役経理部長、専務、副社長を経て社長。ライフサイエンス関連事業などを起こす。日経連副会長、経団連常任理事、経団連ライフサイエンス委員長なども務める。

他の記事も読んでみる

上野和典

異なる意見に対して「一理ある」と思えないという人は、周囲から敬遠されているようなちょっと変わった人と積極的に話してみるといいのではないでしょうか。個性的な考え方の持ち主と付き合うことで、自分の考えにもだんだん柔軟性が出てくる。そうすることで、より多くのタイプと会話が続けられるようになるはずです。


諸井貫一

貧しい場合にも、その人の才能を伸ばすことを妨げる要素はたくさんあるはずだし、どんなに豊かな家にだってその人の伸びることを妨げる要素がたくさんある。結局、環境にとらわれてはいけない。境遇というものから抜け出してこそはじめて自分の人生があるのだ。


丸山康幸

チームが一番大事な仕事に専念できるよう、環境を整えることです。それが経営者の最も大切な仕事ではないかと思っています。


鳥羽博道

相手がデザインのプロだからといって、何もすべてデザイナーの意見を受け入れる必要はない。こちらが店舗デザインに確固たるポリシー、こだわりを持っていれば、お互いのプロ意識が衝突しあって、さらに精度の高い結果を導き出すことができる。逆に言えば、こちらがこだわりを持っていなければ、常に相手の意見を鵜呑みにすることになり、中途半端な仕事でも妥協せざるを得なくなってしまう。


澤田秀雄

自分が楽しいと思うものはお客さんも楽しい。創造力を生かす仕事って楽しいじゃないですか。


桑原豊(経営者)

人間性を疑われるようなことを慎む。そんな心がけを日々続けることで、いくつになっても、自分の心は変えることができ、信頼される人になれると信じています。


三浦惺

過去に痛い目にあったから、国際事業は関心がない、消極的になるというわけではありません。日本企業はほとんど海外に進出し、新しい市場を開拓しています。私どもも日本企業のグローバル化に対応する必要があると思っています。


芳地一也

「ダメな会議」は、単なるコメントの交換に95%の時間を費やしている。


新浪剛史

現場の力を引き出すには、生身のコミュニケーションが欠かせません。テレビ会議のような「ハイテック」は便利ですが、成功の喜びを分かち合う「ハイタッチ」には敵いません。理屈だけで人は動きません。多忙を理由に社長室に閉じこもっているようでは、組織は動かせないでしょう。


澤田貴司

やってみなきゃわからないことってあるじゃないですか。やってみてお客さんが答えをくれるんです。事業計画は綿密に立てますが、実際はその都度その都度考えながらやるわけです。初めからわかっているならみんな成功します。


秋本英樹

転機となったのは、労働組合の委員長になったこと。経営者と対峙する機会が多くなり、他社の事例も勉強することができました。09年には業績悪化の責任を取り、子会社で4年間過ごしました。本社に戻ってくるとは思っていませんでしたが、この間は自分なりに子会社を成長させるために様々なことに取り組み、いい経験をさせてもらいました。


菊間ひろみ

英語学習を始めるとき、単語帳を買って単語のみを覚えようとする人がいますが、単語だけを覚えても、その使い方がわからなければ実際には使えません。単語を単独で覚えるのはナンセンス。「英語はセンテンス(文)単位で覚えて初めて使えるようになる」ということを肝に銘じておきましょう。


菊原智明

営業における数字には、商談や会話の説得力を高めるメリットがありますが、ただ数字を出せばいいかというとそうではありません。「相手にとって意味があり、理解できる数字」であることが重要です。


後田良輔

忙しい現場でミスをされたら、ついカッとなって怒ることもあるでしょう。ただ、10回のうち2~3回は「相手のため」を意識した声かけをするべきです。それだけで、印象が大きく変わるものです。


田中良和(GREE)

ほかの会社は、何か問題があっても「とりあえず、来週ミーティングして決めよう」が普通でした。ところが楽天の場合は、疲れていようが時間が遅かろうが、今日やった方がいいことは、当たり前のように「今日やろう」なんです。これって、とてもまともなことですが、実践するのは簡単ではありません。楽天はそういうまともなことを、きちんと実践する会社だったんです。
【覚書き|楽天勤務時代を振り返っての発言】


ページの先頭へ