名言DB

9419 人 / 110788 名言

鈴木忠雄(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

鈴木忠雄(経営者)のプロフィール

鈴木忠雄、すずき・ただお。日本の経営者。「メルシャン」会長兼CEO(最高経営責任者)。兵庫県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、味の素に入社。取締役、常務、専務、副社長などを経て「三楽(のちのメルシャン)」に入社。その後同社で社長・会長を務めワイン文化の定着に尽力した。そのほか、日本経営者団体連盟副会長、日本ワイナリー協会理事長、東京ロータリークラブ会長などを務めた。

鈴木忠雄(経営者)の名言 一覧

企業にはお客様のことを常に考える責任がある。


これまでの自分の生き方だけが正しいと頑固に思いこんでいては、時代の変化に取り残されます。世の中の流れには柔軟に対応しなければなりません。


これだけ変化の激しい時代なので、経営者にしても、個人にしても、「変えてはならないこと」をきちんと心の中に定めていなければ、利益優先という誘惑に乗ってしまいやすい。


何をやってはいけなくて、何をやってもいいかという見極めが経営者だけではなく中間管理職までできる。そういう体質を作っておかなければいけません。たとえ一万人に一人でも当社の商品で被害を受ける方がいたら、大変なことです。


私の座右の銘は、松尾芭蕉のいう「不易流行」です。これは、「世の中がどんなに変わっても、絶対に変えてはいけないことがある。一方、時代の変化には的確に対応しなければ、生きていくことはできない」という意味で、その両面を松尾芭蕉は説きました。これは本当に名言だと思います。


鈴木忠雄(経営者)の経歴・略歴

鈴木忠雄、すずき・ただお。日本の経営者。「メルシャン」会長兼CEO(最高経営責任者)。兵庫県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、味の素に入社。取締役、常務、専務、副社長などを経て「三楽(のちのメルシャン)」に入社。その後同社で社長・会長を務めワイン文化の定着に尽力した。そのほか、日本経営者団体連盟副会長、日本ワイナリー協会理事長、東京ロータリークラブ会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

木村浩一郎(経営者)

先日、米国でシリコンバレーの人たちと話した際、彼らは、テクノロジーが進化すればするほど、差異化のポイントは「人」になると主張していました。いかに相手の気持ちを理解し、それを汲み取ってビジネスを進めるか、ユーザーエクスペリエンスを向上させるか、それこそが重要になるというわけです。


村上太一

おそらく最も多く読んできた本のジャンルは、起業家の自伝です。小説のように読めて面白く、また実際に成功しているという事実は何よりも説得力があります。


ラルフ・ウォルド・エマーソン

小中学校で教えられることは教育ではない。教育の手段である。


鎌田浩毅

人間の能力なんてどんぐりの背比べで、大きな差は出にくい。結局、どんな仕事も、人間関係がきちんとしているかどうかで、長期的には大きな差がついてくるんです。


ジム・ロジャーズ

違う国を見て視野を広げることも大切。そして外国に行くなら、旅行者として観光名所を見るだけでなく、その国の人々がどういった歴史を背景に、どんな生活を送っているのかも学んでほしい。学ぶことはただの旅行よりもずっと楽しいものだ。


田代英治

ブログ成功の秘訣は、毎日更新すること。


新浪剛史

若い人にはファイナンスのほかに、歴史も勉強してほしい。「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」の言葉通りですよ。


永瀬昭幸

国内では教育産業の危機が叫ばれているが、振り返ると、この業界は技術革新の果実をまるで取り込めていなかった。携帯電話やパソコンなどデジタル業界の進化に比べると何も変わっていない。まるで明治時代のようだ。もっと、新しい技術を活用し、新しい教育のやり方を模索してもいいはずだ。AI(人工知能)などITを活用して教育でイノベーションを起こしていく必要があるだろう。


澤円

主語を相手にすることが大切。たとえば、顔認証について話すとき、「よくパスワードを忘れませんか?」と投げかける。確かに忘れる。でも顔認証なら顔でログインできるから安心と言えば、話は自分事になる。顔認証の説明から入ってはダメ。


古田新太

浅くていいから、引き出しをたくさん持っておくことが大切。