名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

鈴木弘治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

鈴木弘治のプロフィール

鈴木弘治、すずき・こうじ。日本の経営者。百貨店の「高島屋」社長。神奈川県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、高島屋に入社。取締役経営企画室長、社会貢献室長、常務、専務広域事業本部長、副社長百貨店事業本部長などを経て社長に就任。そのほか、日本経済団体連合会常任理事、横浜商工会議所副会頭などを務めた。

鈴木弘治の名言 一覧

バイヤーには「上司に逆らってでも自分の信念を曲げるな。失敗しても俺が骨を拾ってやる」と伝えています。一番ダメなのは失敗する人より挑戦しない人。


シンガポールで成功モデルをひとつ作ったから、それを大きな経営資源として活用して進めていこうと思っています。


シンガポールも黒字化を果たすまでに10年かかりました。海外店舗は長い目で見て育てる必要があります。


高島屋は京都の古着屋として創業して以来、一般大衆と向き合ってきました。そこがひとつの原点ですから、富裕層だけを相手にする商売だと思われたくない気持ちもあります。


我が社に男女の差別は一切ありません。あくまでも適材適所、その人が能力を発揮できるポストに就けています。中でも若手にチャレンジをさせること、外国人社員も登用していくことには力を入れています。


自己弁護みたいだけど、経営者は若けりゃいいとは限らない(笑)。若い社長が全員成功しているわけではありません。老人パワーを馬鹿にして欲しくない気もあります。お客様が高齢化している以上、彼らを理解できないいまの30~40代のトップは難しいでしょう。


目先のことだけ考えていても、うまくいきません。いま、シンガポールの店舗が好調ですが、僕が仕込んだ案件ではありません。古くは玉川高島屋だって、実際に花開くずっと前の経営者の英断があったわけです。


企業の立場で考えれば、成長が止まった人や能力が低い人を肩叩きするのは理にかないます。しかし、そんなふうに退社する人は社会の不安定要素になります。僕は日本社会の安定があってこその企業だと考えています。


今回の消費税増税の影響を、前回の消費増税時のデータを念頭に置いた最悪のシナリオを試算しています。増税分を値上げで転嫁できないという前提で考えました。こうした事態も想定しつつ、リスクを回避することが目的です。


契約社員に対して、正社員という「出口」を用意すれば、職場のモチベーション向上につながります。ただし登用について、具体的な目標の数値を掲げているわけではありません。あくまで個々の能力を見ながら判断していくつもりです。
【覚書き|契約社員から正社員に登用する試験の受験資格を勤続5年から3年に短縮した理由について語った言葉】


鈴木弘治の経歴・略歴

鈴木弘治、すずき・こうじ。日本の経営者。百貨店の「高島屋」社長。神奈川県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、高島屋に入社。取締役経営企画室長、社会貢献室長、常務、専務広域事業本部長、副社長百貨店事業本部長などを経て社長に就任。そのほか、日本経済団体連合会常任理事、横浜商工会議所副会頭などを務めた。

他の記事も読んでみる

カール・ルイス

誰かがやるはずだった。自分がその誰かになりたかった。


松田譲

研究者はテーマを決めて自分の研究に没頭していれば、周囲とのコミュニケーションに気を配らずにあまり会話をしなくても済むことがあります。しかし、実際に研究テーマを詰めていくには、研究者同士のディスカッションは極めて重要だし、研究の成果を商品化して世に問う際にはメッセージの伝え方で評価が違ってくることもあります。


ルパート・マードック

私の成功や失敗に、最終的に責任を持つのは私だ。


松本晃(経営者)

会社には本来、何の秘密もないはずです。ところが、偉い人はなぜか隠したがる。インサイダー情報を除いて、会社に秘密はないのです。情報は大抵、上に集まり、そこでとどまりがちですが、情報を上から流せば、社員はそれに応じて、様々なことを考えられる。すると組織が活性化する。


梶本修身

自律神経の疲労は、大脳の前頭葉にある眼窩(がんか)前頭野で感知され、「身体が疲れた」という信号に書き換えられて全身に送られます。これがいわゆる「疲労感」であり、これ以上自律神経を酷使するのを止めさせるための生体アラームなのです。しかし、人間は意欲や達成感をつかさどる前頭葉が発達しているため、「やりがい」や「達成感」、「意欲」などによって疲労感というアラームを隠してしまうことができます。疲れているのに、疲労を感じない。これはとても危険な状態です。


小笹芳央

私は新卒採用担当者として、文系や理系、体育会系など、さまざまな属性の学生を相手に話をしてきました。その過程で、同じメッセージを伝えるにしても、相手が関心を持っていることに置き換えたほうが伝わりやすいと気づいたのです。たとえば、サッカー部に所属する学生に内定を出すときなら、「最高のパスが回ってきたんだから、今すぐシュートすべきだよ!」と言う。「この機会を逃してはダメだ」というメッセージが相手の心にストレートに届くので、その場で入社を決めてくれるわけです。ゴルフ部の学生なら、「君にとってのフェアウェイは、この業界だと思うよ」といった口説き方をする。「ぜひわが社に来てほしい」という言い方だと10のうち1しか伝わらないという場面で、「では、どんな比喩を使えば、それを5や6にできるのか」を考えることが重要なのです。


オリバー・ストーン

いつの世も反道徳的リーダーは「でも、それ以上、やりようがなかった」「悪意はなかったが、ほかの人もやっていたから」などと言い訳をします。ですから、若い皆さんには「NOと言える賢さ」を身につけてもらいたい。金融・経済をもっと勉強しなければならないのです。


生月誠

まず、どんな小さなことでも決断を後伸ばしにしない訓練を積むことが大切です。とにかく迷わないクセをつける。注文を聞かれたら即座に答える。買い物でも、「買う、買わない」を迷わず決める。日々これを心がけるだけで、「自分には決断力がない」という思い込みが解消されていき、決断の技術も向上していきます。


高松信彦

雰囲気の良い職場を作るために私が大切にしてきたのが、「声を掛ける、話を聞く、相手に期待をする、感謝をする」の「4K」です。雰囲気の良い職場では、企業が育つだけでなく事故が起こりにくくなります。


藤田志穂

自分のことを話すよりも、質問することが多いですね。自分がよく聞かれる内容を、相手にも聞いてみるんです。会話をスムーズに続けるには相手に興味を持つことが大切だと思いますが、初対面の場合はそもそもどういう人かわからないし、「こんなこと聞いたら失礼かな」と、いろんなことに気を遣わなくちゃいけませんよね。でも、自分が聞かれて大丈夫な質問なら、相手の方に聞いても問題ない場合が多いでしょうから。


陰山英男

英語学習はきっちり継続することができれば一番いいんですが、とりあえず緩く長く続けるというのも効果があると思います。これは多忙なビジネスパーソンの方にもいえますが、緩く続けられえる状態というのは、逆にいえば、「英語ができなければ仕事にならない」というような切羽詰まった状況ではないということですよね。そういう状況で根を詰めたら、挫折のもとです。ダラダラと続けるのも努力のうち。いざ本当に必要になったときには、それにふさわしい短期間での学習方法というものもあるでしょう。


羽生善治

もうこれ以上はやれないというところまでやれば、本番ではいい意味で開き直れる。