鈴木幸生(経営者)の名言

鈴木幸生(経営者)のプロフィール

鈴木幸生、すずき・ゆきお。日本の経営者。「ユー・エス・エム」社長。東京職業訓練短期大学校環境科学科卒業後、化成ヘキストを経てスーパープランニングに入社。営業部長、常務、専務を経て独立。「横濱帆布鞄」を制作・販売した。

鈴木幸生(経営者)の名言 一覧

横浜本牧へ越して20年です。横浜はカッコいいな、ハイカラだなって、それだけの理由なんだけどね。会社員のうちはただ住んでるだけで、知らないところばっかり。横浜との縁が本当に深くなったのは、横浜のブランドを謳って起業してからかもしれません。地元の人と付き合いができて、最近は街づくりのお手伝いも始めている。やっと横浜に根をおろせたかな。こんな場所にしゃれた鞄屋があるよと言ってもらえると、横浜の価値の1コマ分になれた気がする。うれしいよね。


独立して最初はコンサルタントをやろうと思ったんだが、口だけで食えるほど甘くなかったね。自分の原点に帰ってものづくりをしよう、そういえばファッションにしても横浜ブランドは案外少ないな。というのが「横濱帆布鞄」の始まりです。


50歳まで勤めた雑貨の会社を辞めて起業したのは、魔が差したっていうのかな(笑)。会社の看板なしの丸裸になったら何ができるか試してみたくなったんです。


鈴木幸生(経営者)の経歴・略歴

鈴木幸生、すずき・ゆきお。日本の経営者。「ユー・エス・エム」社長。東京職業訓練短期大学校環境科学科卒業後、化成ヘキストを経てスーパープランニングに入社。営業部長、常務、専務を経て独立。「横濱帆布鞄」を制作・販売した。

他の記事も読んでみる

桐山一憲

僕はいろいろなリーダーを見てきましたが、彼らの共通点は、みんな情熱がすごいんです。成長したいとか、ビジネスで勝ちたいとか、ブランドをより強くしたいとかいう。


加藤俊徳

脳に伝わるメッセージは、その人が本当に得たいことが伝わってくる。良い情報を得る準備をしていなければ脳に伝わりにくい性質を持っている。


津坂純

グローバルな競争に勝つためには、従来の枠にとらわれない発想でものごとに取り組む必要があります。言い換えれば、既存の秩序を壊していかなければならないのです。


村上憲郎

リスクを声高に言いたてて、新しいことに挑戦する人の足を引っ張ることだけはやめましょう。そういう方々にアドバイスするとすれば、哲学者ウィトゲンシュタインの言葉を拝借して、私はこう言いたいと思います。「語り得ぬことは、沈黙しなければならない」と。


清水亮

自分にとって当たり前の概念や価値観が通じない相手をどう教育するのか。これを考えるのが、人工知能のプログラミングの醍醐味。


アントニオ猪木

人は歩みをとめたときに、そして挑戦をあきらめたときに年老いていくのだと思います。この道を行けばどうなるものか。あやぶむなかれ。歩まずば道は無し。踏み出せばそのひと足が道となり、そのひと足が道となる。迷わずいけよ、いけばわかるさ。


浅井浩一

一営業マンとして同じように汗をかく姿勢を見せることで、部下との距離が縮まった。


野島廣司

振り返ると、決して平坦な道のりだったとはいえない。失敗や挫折こそが成長の糧。個人にも組織にも当てはまる。


西川徹(経営者)

我々には守りたい領域があります。当社に近づく企業の中には、全部を囲い込みたいというケースもありますが、それでは協業は進みません。我々も会社を大きくしたい。トヨタの場合、我々の守りたい自由度を保ったまま、一緒にできるやり方を探してくれます。我々が成長したい領域は、最大限尊重してもらっています。


樫尾和雄

経営者にとって最も大切なことは、目先だけでなく数年先を見て動くことだ。携帯電話や液晶ディスプレー事業の外部への移管を決めた時も、社員の誰もが各事業を続けて拡大したいと願っていたのは分かっていた。しかし、これからグローバルでの競争環境は一層激しくなる。社長にしか判断できないと腹をくくり決断した。


上田準二

私の自由になる時間は朝の通勤の車の中だけです。1時間10分から20分ほどの時間ですが、この時間帯は絶対に携帯電話を使いません。集中して半期先、一年先のことを考えています。


中井政嗣

私は自分のことを「成功者」ではなく「成長者」だと思っている。前者は成功すれば終わってしまうが、後者は成長している限り永遠だ。


長岐隆弘

労働集約型とは簡単に言えば、「自分が労働することで稼ぐ方法」であり、多くの会社員が現在従事している仕事はこれに当たると思います。一方、資本集約型とは、資本つまりお金を投下することで、お金を稼ぎ続ける仕組みを作ることです。どちらがいい悪いではないのですが、会社員が副業として行なう場合、労働集約型の副業で稼ぐには圧倒的に時間が足りません。よく「会社員にはお金がない」と言われますが、実際にないのは「時間」なのです。あなたがもし労働集約型の仕事をしているならば、副業には資本集約型を選ぶべきです。


齋藤孝(教育学者)

とくに日本人の場合、意見の対立は「感情の悪化」に直結しやすい。いわゆる「ディベート」の文化が定着していない以上、勝敗を白黒はっきりさせるようなコミュニケーション自体が、そもそも無意味なのだ。これは、仕事上の会議や交渉についても言えることだろう。いくら対立点があったとしても、理論武装して相手を言い負かそうとか、ましてや相手の弱点を突いて黙らせようなどと考えてはいけない。その場の議論で勝ったとしても、相手の中に感情的な「しこり」を残すだけで、思い通りには動いてくれないだろう。それは結局、両者にとって不利益だ。


関正生

「中、高、大学と10年間英語をやっているのに全然できない」とよく言いますが、みなさん本当の英語をやっていません。音楽の授業を受けたからといって、弾ける楽器はありますか? そもそもやったうちに入らないので、「学生時代に勉強したのにできない」とコンプレックスを持たなくてもいい。


ページの先頭へ