鈴木宗男の名言

鈴木宗男のプロフィール

鈴木宗男、すずき・むねお。日本の政治家。北海道出身。拓殖大学政経学部在学中から衆議院議員中川一郎の秘書として活動する。その後、衆議院議員選挙に当選。国務大臣北海道開発庁長官、沖縄開発庁長官、内閣官房副長官、衆議院議院運営委員長、衆議院外務委員長などを務めた。新党大地代表。

鈴木宗男の名言 一覧

大出世を目指すなら、下の面倒を見ることだ。小さな出世で良ければ、上にお世辞を使えばいい。


人生は思い通りにはいかない。挫折や失望は誰しも味わうし、どこにでもある。そこで諦めてはいけない。生きていればいいこともあるし、逆転もある。


努力に勝る天才なし。人並みなことをしていたら人並みで終わる。人より一生懸命汗を流すことで信頼が増し、可愛い奴だと思われるようになる。


努力しなければ人の上には立てないし、大切な人からは可愛がられない。


頑張って人一倍努力することが重要。言われたことだけをこなしていては、所詮「人並み」止まり。周りも可愛い奴とまでは思ってくれない。


秘書時代、「出る杭は打たれる」から、妬みや僻みを持たれることもあった。秘書仲間にとって「お前らも鈴木を見習え」と比較され、日曜日も働いたりと余計なことをする私は迷惑な存在だっただろう。でも、そう言われてこそ一丁前。働きの悪い連中の声に気を遣う必要はない。


普通は言われたことを言われた通りにハイハイとこなせば可愛がられると考えがちだが、それではレベルが低い。言われたことは誰でもやるが、言われた以上のことをやってこそ価値がある。私自身もそれを実践してきたし、そばで見ていた後輩の秘書たちも、いまや代議士や北海道議会議員、市議会議員として活躍中だ。


やる気のない者は言われた通りにしか動かない。うちの秘書を見ても、私が指示したことをちゃんとやる人はいるが、それ以上のことをするかどうかは、その人の将来を大きく左右すると思う。


人の上に立つ人は、豊富な経験を持つ自分と比べてどれだけ努力しているかを判断する。ちょっと軽いなと思えば切り捨てるし、なかなかのものだと判断すれば登用したいと思うものだ。


大切なことは、与えられた立場で頑張って努力すること。秘書になって結婚するまで3年半、私は365日休まず働いた。「今までの秘書とは違う」と、中川(一郎)先生からの信用は深まっていった。


上司や周囲に可愛げがあると思われるには、まずいつもニコニコして我を抑える必要がある。ただし、いい人だと思われるだけではだめだ。政治の世界では、「いい奴だ」は「間抜け」と同義である。


努力をすれば必ず人は認めてくれるはずだが、いくら頑張っても報われないときがあるのも事実です。そのときには、手柄は人に渡しましょうと思っていれば人を恨む気持ちもおさまるものです。


いうまでもなく政治家・鈴木宗男の生みの親は中川一郎先生であり、育ての親は金丸信先生です。中川先生と金丸先生に共通しているのは、人間関係を大事にする情の政治です。中川先生には「人間関係が細いか、太いかで政治家の将来が決まるぞ」とよく言われたものです。


自分の手柄を人のために回すだけの腹が据わっていれば、政治家の中で存在感が増し、子分も増え、政治基盤の強化にもつながってきます。私は竹下登先生のこの生き様から、権力をとるためには並々ならぬ奥深さや忍耐をもって臨まなければならないという厳しさを学びました。


当時ニューリーダーと言われていた竹下登、安倍晋太郎、宮沢喜一、中川一郎の各先生の中で、竹下先生は最年少で官房長官になるほど出世が早いこともあって、「あいつはずるい」「やりすぎだ」といった批判を受けないよう気を遣っていたと思います。竹下先生は政治の妬み、僻み、やっかみが渦巻く世界で生き抜くためには、手柄を人に渡すことで、少しでもこのリスクを下げようとしたのでしょう。そのため日ごろから一生懸命汗を流し、人のために頑張っている姿を見せることで、いずれは必ず自分に返ってくるはずだと考えていたのでしょう。


竹下登先生は「汗は自分でかきましょう。手柄は人に渡しましょう」とよく話し、それを実践した政治家でした。しかし、そこには政治家としての計算があり、「俺は将来、内閣総理大臣になる」という先を見据えた戦略によるもので、ある意味では竹下流の男の美学でもあったのでしょう。


中川(一郎)先生は、北海道が生んだ大政治家でした。非常に人情家で、「政治は弱い人のためにある、政治は恵まれない地方のためにある」と訴えていました。お元気だったら、もっと別の展開があったと思いますけれどね。自ら命を断つくらい厳しい政治の現実があるということを私は身に染みて分かったし、厳しい権力闘争が時にはあるということも。


鈴木宗男バッシングの時、よく使われた言葉が「利益誘導の政治家・鈴木宗男」でした。私はね、利益誘導で良いと思っているんです。なぜかというと、政治家はそれぞれ選挙区を抱えている。選挙区を抱えている政治家が、自分の選挙区に愛着を持たずして、どうして日本の国に愛着を持てますか。私は誰よりも北海道にこだわりを持って、北海道が良くなれば日本が良くなると思ってやってきました。


私は中学1年の作文で、将来の夢を書かされ、そこで「政治家になる」と書きました。小学校6年まで私はランプ生活だったんです。親父やお袋が一生懸命働いているのに生活が良くならん。やっぱり、これは政治じゃないかなと、こう思って、子供ながらに政治の必要性というものを感じましたね。


鈴木宗男の経歴・略歴

鈴木宗男、すずき・むねお。日本の政治家。北海道出身。拓殖大学政経学部在学中から衆議院議員中川一郎の秘書として活動する。その後、衆議院議員選挙に当選。国務大臣北海道開発庁長官、沖縄開発庁長官、内閣官房副長官、衆議院議院運営委員長、衆議院外務委員長などを務めた。新党大地代表。

他の記事も読んでみる

大串亜由美

プレゼンの目的は、聴き手に聞いてもらうことではなく、聴き手を動かすことです。そのためには、プレゼンのオープニングで聴き手に参加してもらうことがポイントになります。「若輩者で恐縮ですが」「話が下手で申し訳ないのですが」といったマイナスのエクスキューズから入ってしまうのは禁物。最初に「話を聞かなくていい理由」を与えてはいけません。そうではなく、「来週の役員会でお役立ていただけるよう、ぜひとも聞いていただきたいお話をおもちしました」というように、「話を聞く理由」を渡しましょう。


木股昌俊

先進国以外の「フロンティア」をどう開拓していくかについて議論をしています。たとえば私も一昨年、アフリカを訪問しました。当社はODA(政府開発援助)に関連して耕運機を供給してきたのですが、メンテナンスをおろそかにすると運転が止まってしまいます。そうしたことでは長続きしないなと考えていましたが、徐々に食料生産に対する社会の要請が高まってきました。そこで当社も遅ればせながら一昨年、ケニアにアフリカを統括する販売拠点を設置しました。元々母数が小さいので、まだ収益貢献という段階ではありませんが、伸び率は高いですね。製品はタイで生産したものの他、日本から輸出する場合もあります。


出口治明

僕がかつて、同期で最初に部長になったとき、山ほど祝電が届きました。でも子会社に行くことになったときは10通も来なかった。「人の気持ちは変わる」という事実を知らなければ、ショックを受けたでしょう。でも、変わるのが当たり前だと知っていれば平静でいられます。


似鳥昭雄

同じ家具であれば、3割以上の品質機能が上がること。商品の価格と品質機能、この差があればあるほどいいんです。英語でいえば、バリューがあるということになります。


中山幸市

米兵に日の丸の旗を売ることについては、私は私なりの考え方があった。これが侮辱的に扱われるならともかく、聞けば、兵隊たちはこれを記念品として大切に我が家に飾り、そして武勲談を語るというのである。いわばアメリカ人の愛嬌のある演出効果を狙ったものだ。私はMPの将校とともに、その間の事情を警察署長に理解してもらった。
【覚書き|終戦直後の動乱期、進駐してきた米兵の願いでお土産として日の丸国旗を販売していたとき、警察から「けしからん」と言われたことについて語った言葉】


犬丸徹三

前後9年間にわたるこの通学が、ある意味では、その後の私の心身に大きな影響を与えたことは確かである。私の早起きの習慣はそのころ養われた。私は現在も一年を通じて毎日必ず日の出とともに起き出で、午前7時過ぎには田園調布の自宅を出て帝国ホテルへ向かうのを常としている。
【覚書き|旧制小学校中学校9年間について語った言葉。犬丸氏は往復16キロの道のりを徒歩通学し、無遅刻無欠席で卒業した】


サン=テグジュペリ

あるのはただ、前進してゆく力だけだ。その力を創造しなければならない。解決なぞそのあとで見つかる。


佐藤智恵(コンサルタント)

ハーバードの面接試験では、受験者が専門知識を誰でも分かる簡単な言葉で説明できるかどうかをチェックします。ビジネスの現場では、社外、分野外の人と仕事をすることがあるので、あらゆる人が理解できる言葉でコミュニケーションを取れなければいけないからです。


藤原和博

会社員が30代後半から40代に差しかかると、会社はその社員に対して棚卸しを行います。その人が持つ知識や経験、技術をチェックし、「使えるかどうか」を判断するのです。そして、「いまの部署では力を活かせないから、こっちに飛ばしておこうか」などと考え出します。会社に自分の人生を振り回されないためには、会社に棚卸しされる前に自分で棚卸しをし、会社の棚卸しに自分の考えを加えてもらうように動くべきです。


秋元康

アイデアは料理でいう食材みたいなもの。並べただけでは料理になりません。調理して初めて料理、つまり使える企画になるのです。その一方、食材が揃わなければ、おいしい料理はやはりできない。食材と調理、どちらも大切です。


鎌田實

18歳の夏。その日は家が貧しいことを理由に僕の大学進学に大反対だった父が、最後の最後に折れ、許してくれた日のことです。この時に思ったのです、夢を叶えるには今のままじゃダメだ、生き方を変えようと。その日から毎朝4時半に起きて受験勉強をしたのです。生活習慣を変えてから、短気でむらっ気が多かった僕の性格が気長になっていったと思います。行動を変えることで性格まで変えることができるのです。


齋藤孝(教育学者)

杓子定規に話すだけでは、嫌われはしないが好かれもしない。むしろ話に中身がなくても、とりあえず「うれしい」「楽しい」「悔しい」といった感情を前面に出す方が、親近感や共感を呼びやすい。


中鉢良治

僕は手帳に、直接見聞きしたできごとに加え、雑誌や新聞を読んで気になったネタや、ふと思いついたアイデアスケッチなど何でも書きます。自分で勉強した心理学についての覚書や一時期凝った仏像の鑑賞法なども書き留めています。そうしたものは、多くの人はただの雑学とか趣味というのだけれども、これも立派な勉強なのです。自分から外へ、どのようにリンクを張っていくかの発展性、拡張性は、何より地道なネタ集めが肝心です。何と何がつながるかは、はじめはわからない。ジャンルを問わず、ありとあらゆるものに関心を持っているから、発展性がある。


三宅雪嶺

できるかできないかわからぬときは、できると思って努力せよ。


渋谷昌三

初対面での第一印象にこだわるあまり、無理して普段の自分を隠してしまうと、むしろあとからつらくなります。無理に自分を変えようとするより、普段の自分を活かすためにスキルを使っていくのがいいのではないでしょうか。


ページの先頭へ