名言DB

9412 人 / 110637 名言

鈴木和夫(ライト工業)の名言

twitter Facebook はてブ

鈴木和夫(ライト工業)のプロフィール

鈴木和夫、すずき・かずお。日本の経営者。「ライト工業」社長。東京都出身。法政大学大学院工学研究科修了後、ライト工業に入社。技術本部SI事業推進部長、執行役員技術本部技術部長、建設事業部長、取締役、建設事業本部長、常務などを経て社長に就任。

鈴木和夫(ライト工業)の名言 一覧

土は1+1=2のように教科書通りにはならない。資格よりアイデア。頭と同時に手足を動かすことが大切。


我々は規模を求めず、身の丈に合った事業を展開している。地盤や山の傾斜など、土に関する工事であれば、どんなニーズにも対応できる。


鈴木和夫(ライト工業)の経歴・略歴

鈴木和夫、すずき・かずお。日本の経営者。「ライト工業」社長。東京都出身。法政大学大学院工学研究科修了後、ライト工業に入社。技術本部SI事業推進部長、執行役員技術本部技術部長、建設事業部長、取締役、建設事業本部長、常務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

佐藤優

自分の力を知っておくことも大切。仕事なら「ちょっと自分には難しいかな」くらいの負荷がかかる作業をこなすことで自分の限界を把握しておく。自分の力が客観的にわかるだけでも、仕事を頼まれたときの不安は少なくなり、ビビらずにすむはずです。結局は他人と自分、つまり人間に対する知識がないからビビるんです。


中村獅童(二代目)

人間だから不安な気持ちもあるけど、弱い自分を乗り越えるには、思い込みとか強い気持ちって大切ですよね。撮影後の取材で「僕はこれから大きくなるから、見ていてよ」と言っていたと、ある記者の方からいまだに言われます。自分でも覚えていますよ、それほどの思い込みだった(笑)。


石川康晴

どうしても人間は成功事例や失敗事例に思考が引っ張られるという癖があります。パソコンひとつでデータが全部出てきますので、過去データと新規出店数を見て発注することは簡単です。しかし、将来的なマーケットの動きやトレンド性、競合の動きなどは、すべて創造的な概念で議論しなければなりません。論理的な過去のデータと創造的なデータをプラスしながら意思決定しないと、誤った方に引っ張られていくというケースが見受けられます。これは、私がバイヤーのときからずっと大事にしている概念です。


江見朗

根底には正しい人間観がなくてはならないですが、そのうえにテクニックを重ねることでビジネスはさらに加速します。


青山文平

受け売りは禁物。その限りで、判断停止しているからです。現実と正面から向かって考える。とにかく、自分で考え続ける。そうしてのみ、自分ならではの「価値観」が見出されてきます。


三森裕

弊社がなぜ死亡保障に力を入れるのか。「自分に万が一のことがあっても、家族に変わらない暮らしをさせてあげたい」という愛情こそが、保険の本来の意味だと思うのです。まず、死亡保障をしっかり押さえたうえで、長生きや入院保障などを手当てしていく。このように保険の原点を愚直に追求する姿勢を、お客様に評価していただいていると考えています。


サム・ウォルトン

他社から学ぶことこそ成功への近道。私がやったことの大半は、他人の模倣である。


姜尚中

会社において、定年までつつがなく、大過なく勤め上げようという人ほど、妬み、そねみの気持ちを持つことが少ないのではないでしょうか。逆にやる気がある、上昇志向の人ほど、そういう気持ちを抱くのだと思います。だから、そんな気持ちを持っていると認めたうえで、自分にはまだやる気があるのだと、肯定的に考えた方がいいと僕は思います。


村上春樹

傲慢に聞こえるかもしれないけれど、いま、それなりの年齢になってみて、学ぶべきものはだいたい学んだなという印象があるんです。あとはもう、自分の手で自分の方法を拓いていくしかないんですよ。道のないところに何とか道をつくっていくしかない。


田中将大

僕はもともと野球エリートじゃない。中一のときはレギュラー入りすらできなかった。プロに入っても最初は試行錯誤だった。結果、なにがあっても「しょうがない」と思えるようになった。打たれても「しょうがない」。次の打者に気持ちを集中する。負けても「しょうがない」。次の試合に全力を尽くす。


岩崎弥太郎

酒樽の栓が抜けたときに、誰しも慌てふためいて閉め直す。しかし底が緩んで少しずつ漏れ出すのには、多くの者が気づかないでいたり、気がついても余り大騒ぎしない。しかし、樽の中の酒を保とうとするには、栓よりも底漏れの方を大事と見なければならない。


鈴木修

社長といっても、その会社の最高決定権を誰が持っているか、ということも大事ですよね。むしろ相談役とか、名誉会長とかが実権を握っているというようなこともありますから。それを考えないといけない。名誉会長なのに代表取締役って人もいるでしょう。あれは(名誉会長という肩書が)偽物(笑)。


大山健太郎

経営者の仕事は、魚のいる場所に船を出すことです。ただ、豊富に魚がいたとしても、そこに大型漁船が何隻も押し寄せれば、過当競争になります。それなのに同じ場所に船を出し続けても魚が取れるわけがない。当然、利益も出ませんよね。選択と集中は、いわば取る魚の種類を限定してしまうようなもの。大事なのはどこに魚がいて、ライバルの漁船がどれだけいるのか。魚の数が減った場合に、どの魚をどの船で取るか。その嗅覚と舵取りではないでしょうか。


梅田望夫

ネットというのは静的なデータの集まりで、検索エンジンに単語を入れると答えが返ってくるだけ、という考え方もありますが、僕の実感としては、ネットの向こうに生身の人間がたくさんいるという感じなんです。ただ、ネット上の情報は無限に近いですが、本当に必要な情報はまだ足りていないんです。


藤屋伸二

私は独立時、下請けの仕事と公的機関からの仕事はしないと覚悟を決めました。下請け仕事ばかりだと、顧客がなかなか増えません。また、公的機関の仕事は責任の所在が不明になりがちで、ムダな業務が多くなるからです。劣後順位(やらないこと)の選択は難しいのですが、効果は絶大。