鈴木健二(アナウンサー)の名言

鈴木健二(アナウンサー)のプロフィール

鈴木健二、すずき・けんじ。日本のアナウンサー、作家。東京都出身。東北大学文学部美学美術史学科卒業後、NHKに入局。数々の番組でアナウンサーや司会を務めた。話し方や人間関係、そのほか幅広い内容の書籍を執筆。『気くばりのすすめ』は400万部を超える大ベストセラーになった。そのほか、熊本県立劇場所長、青森県立図書館館長などを務めた。

鈴木健二(アナウンサー)の名言 一覧

1 / 11

挨拶とは何か、それは「心を開いて相手に迫る」ということです。

鈴木健二の名言|挨拶とは心を開くこと


「適材適所」の材は、材木のことなんです。大木から柱をつくる場合、大木の南面からとった木は、家の南側の柱として使わないといけないんです。北面の木は北側へです。今の法隆寺の柱がそうで、なぜあの寺がこれだけの歳月を経てもビクともしないのかというと、あの柱の固さが、生の大木で立っていた時の固さと全く同じだからなんです。

鈴木健二の名言|適材適所の語源


あなたが豊かな才能に恵まれたエリートだとして、より先へ進むために絶対に必要な三人の友を紹介しましょう。勇気と判断と洞察の3つです。

鈴木健二の名言格言|成功するために必要な3人の友とは


鈴木健二(アナウンサー)の経歴・略歴

鈴木健二、すずき・けんじ。日本のアナウンサー、作家。東京都出身。東北大学文学部美学美術史学科卒業後、NHKに入局。数々の番組でアナウンサーや司会を務めた。話し方や人間関係、そのほか幅広い内容の書籍を執筆。『気くばりのすすめ』は400万部を超える大ベストセラーになった。そのほか、熊本県立劇場所長、青森県立図書館館長などを務めた。


1 / 11

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ