名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

鈴木保良の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

鈴木保良のプロフィール

鈴木保良、すずき・やすら。日本の商学者。専門はマーケティング。慶應義塾大学教授。慶應義塾大学商学部教授、商学部長などを務めた。

鈴木保良の名言 一覧

商売の基本は中小企業、零細企業にその考え方がある。


鈴木保良の経歴・略歴

鈴木保良、すずき・やすら。日本の商学者。専門はマーケティング。慶應義塾大学教授。慶應義塾大学商学部教授、商学部長などを務めた。

他の記事も読んでみる

上阪徹

インタビュー対象者の話をメモに取るのは当然ですが、取材をしながら思いついた別の本のアイデアなど、なんでもメモしています。普段でも、思いついたこと、頼まれた用事、不意に思い出したことなどを、すぐにiPhoneでメールの「下書き」にメモしています。昔からメモ魔でしたが、今はiPhoneのおかげでメモの整理がしやすくなりましたね。


岩崎裕美子

お客様の声は、商品の改善に役立ちます。たとえば、ホットクレンジングゲルに対して「最後までクリームを使えない」というご指摘が多くありました。そこで、容器の口を指が入る大きさに広げ、指でクリームをすくい取って最後まで残さず使えるように改善しました。今ではお客様のご指摘には速やかに対応する姿勢を社員全員が身に付けています。その上、私たちは小さな会社なので改善スピードが早い。それが弊社の自慢です。


立石一真

人間は誰でも幸福になる権利があります。しかし、人を押しのけたり、足を引っ張ったりして自分だけ幸福になろうとしても、決して幸福にはなれない。親は子を、子は親を幸福にする。夫は妻を、妻は夫を幸福にする。兄弟姉妹を幸福にする。それから友人を、同僚を幸福にしていくと、いつのまにか幸福な人たちの中にいる自分も幸福になっているのです。


北条早雲

古語に、「子の刻(午前0時)に寝て寅の刻(午前4時)には起きよ」と言っているが、そのようなことは、人によって当てはまるのである。つねに寅の刻に起きるのがよろしく、辰巳(八時から十時まで)の刻までも寝ていたのでは、主人への出仕も叶わず、御奉公にも事欠くことになるのみならず、また、自分の用事をもすることができず、全くつまらない次第であって、毎日暮らしているのも無駄なことである。


大江英樹

感情の赴くまますぐに行動するのではなく、冷静に計算する余裕を持ちましょう。


鈴木与平(8代目)

特に、私がやってきたこの何十年というのは、地域の中で生かさせてもらっている、仕事をさせてもらっているということで強くなってきた。ですから、この地域を除いてうちの会社の存在ってあり得ないと思いますし、その分だけ我々は地域に対して還元もしていかなきゃいけない。これは、経営のロジックじゃないんです。


出口汪

日本人のコミュニケーションは「察してもらえる」が大前提。言葉は得てして感覚的に放たれ、説明は省かれがちになります。ビジネスでさえ感覚的なやり取りが多用され、理解不足や解釈の違いによるトラブルも起こります。今後グローバル化がさらに進めば、その弊害はますます深刻化するでしょう。これからのビジネスマンは「論理」という世界共通の規則を使う力を身につけなくてはなりません。それは、日本語を使うビジネスにおいても同じです。


ジム・ステンゲル

創造性を育むためには、時間の過ごし方を変える必要がある。じっくり考える時間、自省する時間がなければ、アイデアは生まれはしない。


楊元慶(ヤン・ユアンチン)

買収は一歩一歩の戦略であって、その後、消化することが最も大事です。今後のM&Aについては、これまで買収してきたものが全て完全に今のレノボに融合できたときに、次は何が必要なのか考えていきます。


河瀬誠(コンサルタント)

論点とは議論の単位のことで、議論全体を論点ごとに整理していくと、問題の全体像が見えてくる。ここから解決すべき優先度の高い論点を見つけ出そう。


石坂典子

つらいなと思ったことは、父親を説得するときですかね。本当は父親を助けるために入った仕事、父親が望むところを手伝いたいと思って来たのに、仕事を通して意見が合わなくなることがある。言い合いになると寂しいですよね。親子喧嘩をするために入ったのではないと思いながら、でも説得したいという自分の思いと、頑と聞かない父親と。父は一代で事業をやってきた人なので、自分の道というのがあるじゃないですか。ところが親子であれど、やはり道標が違うところがあるわけです。そこをどう話していくかということで、やはり父が興した会社だから父が言うようにやろうと自分に言い聞かせてきたこともたくさんあります。まあ時間軸の中で、上手くやっていく方法を互いに見つけて、父は口を出さなかったりして任せていこうと覚悟を決める。だから継ぐよりも、継がせる方が大変だと思いました。


米沢宏

ストレスチェックの結果を分析すれば、組織のストレスの負荷が分かり、組織上の課題解決のヒントが発見できます。産業医の立場から言えば、高ストレスの社員の面接を通して、これまでは産業医に相談に来なかった早期の不適応段階の人が把握でき、上手に運用すれば、休職者を減らせる可能性もあります。