鈴木三郎助(三代目)の名言

鈴木三郎助(三代目)のプロフィール

鈴木三郎助、すずき・さぶろうすけ。「味の素」三代目社長。味の素の創業者は父である二代目三郎助。二代目の死後に三代目襲名。本名は三郎

鈴木三郎助(三代目)の名言 一覧

人よりほんの少し多くの苦労、人よりほんの少し多くの努力で、その結果は大きく違ってくる。


「アンテナは高く、頭は低く」世の中の変化や技術革新に乗り遅れないために、政治家でもなく、評論家でもなく、常に商人のセンスで情報をできるだけ収集せよ。


人生は血と汗と涙でつづるもの。血はファイト、汗は努力、涙はこころ。この三つがバランスよく発揮できる人生は幸せだし、それは仕事も同じである。


うんと学び続け、お客様にその報告にうかがうことは、実に楽しいことだった。私にとっては、そのことで心豊かになり、充実感に充たされる焔の時だった。


鈴木三郎助(三代目)の経歴・略歴

鈴木三郎助、すずき・さぶろうすけ。「味の素」三代目社長。味の素の創業者は父である二代目三郎助。二代目の死後に三代目襲名。本名は三郎

他の記事も読んでみる

桑原豊(経営者)

欲を実現するには健康でいたいと考えますから、身体に気を使うようにもなります。70歳になっても80歳になっても元気な経営者がいますが、それは欲を持っているからだと思います。


山崎照幸

どんなに苦しくても、努力を怠らなかったからこそ、世界中のニーズを集め、他のメーカーが真似できない機械を開発してこられたのです。そして他社ができないようなきめ細かいアフターサービスを提供してきた結果、欧米の有力メーカーにも勝てるようになりました。


朝倉千恵子

成長への道。それは、負荷をかけて「伸びしろ」をいっぱいまで伸ばすことでしょう。「最近の若い人は厳しくすると辞めちゃうから」と言ってゆとりの部下指導をする人もいますが、それでは絶対に部下の成長にはつながらないと思うのです。


吉田沙保里

4歳の時、試合で同い年の男の子に負けたことがあったんです。そのまま勝ち進んで優勝した彼が首からぶら下げている金メダルを見て、私は欲しくてたまらなくなった。そして父に、「メダルが欲しい!」と泣きながら駄々をこれました。すると父は「あれはスーパーで売ってないし、勝った選手しかもらえない。そんなに欲しいなら帰って練習しなさい。次の試合で勝ったらもらえるから」と私に言い聞かせた。「金メダルが欲しい」。私はその一心で練習し、1年後の同じ大会で優勝しました。私がレスリングに真剣に取り組んだきっかけは、4歳の頃の「金メダルが欲しい」という思いが始まりであり、その動機はずっと変わっていません。「誰にも負けたくない」「金メダルが欲しい」という強い思いが根底にあったからこそ、必死になってこられた。


中原淳

職場に生き生きと働いている人、尊敬できる人が一人もいない、ということであれば、他部署、他社の気の置けない友人たちと会って「自分の仕事がこんなにつまらない」と話してみてはどうでしょう。「いや、君の仕事にはこんな意味があるよ」「俺の仕事はもっとひどいよ」などと、組織の外の人と話すことで、自分の仕事の意味を見直したり、「意外と悪くないかも」と思い直したりするものです。


清宮克幸

どんなに努力しても、必要最低限のレベルに達しないこともあります。その場合は、たとえそれが土台や基礎にあたることであったとしても、思い切ってその能力に見切りをつけることも必要です。その代わり、今度はその能力を使うシチュエーションはつらくならないような努力をするのです。


船ヶ山哲

未知の分野に挑む場合は、注意が一つあります。それは、「過去やってきたことの枝葉で考える」ということです。このような観点を持つことができれば、今までの知識や経験を生かしつつ、ゼロからではないスタートを切ることができます。そして、いち早くキャッシュを得ることができるのです。


前川孝雄

上司がやるべきなのは、「仕事のやり方」を具体的に指導すること。たとえば1週間のスケジュールを提出させて、「月曜に2時間かけている会議の議事録作りはやめていいよ」と「やらなくていい仕事」を洗い出したうえで、「代わりに客先への訪問時間を2時間増やして」などと仕事に優先順位をつけてください。


星野佳路

今のビジネスは、「顧客にものを聞きすぎる」と思います。顧客の声に耳を傾けることは大切です。けれど、「顧客が答えを持っている」と考えて商品やサービスを作ると、結果として似たようなものになってしまう。顧客の声を聞くことは、誰にでもできます。ビジネスで勝ち抜いていくには、顧客の声をしっかり聞いたうえで、顧客がまだ気づいていない「潜在的なニーズ」を、提供する必要があります。


稲盛和夫

もっと手を打っておくべきだったという人もたくさんおられますけれども、そのときには一生懸命考えてやっていたわけですから、想定外というのはあり得る。問題は、その想定外のことが起こった後、どういう手を打つのかという問題だと思う。


中山哲也

(販売)数は少なくても世の中の人に必要とされている商品は、必ず販売機会が訪れます。それが積み重なっていくと、売れないと思っていたものが、少しずつ売れるようになっていった。それが評判を呼び、トラスコ中山に聞けば在庫があるはず……ということになり、少しずつ仕事ができる環境が整ってきた。


大前研一

日本にいて膝を抱えてじっとしていたら、何が正しくて何が間違っているかは絶対にわかるようにはならない。


野副州旦

課題にぶつかったとき、これは不可能だなと思ったとたんに、明日という現実は潰されてしまいます。


米山公啓

フィンランドの調査によると、他者への不信感が強い「シニカル」な高齢者は、認知症のリスクが3倍高いとしている。ポジティブな思考がボケにくい脳を作ると考えられているが、こういった今回の報告もそれを裏付けるものかもしれない。やはりボケ予防には、考え方をよりポジティブな方向に変えることが必要である。


平井一夫

ほとんど出来上がっていた「プレイステーションVITA」のデザインを、もう一度やり直してほしいと言ってひっくり返したことがあります。私がいいと思っていたデザインが間違っていたことがわかったので、自分から詫びて変えて欲しいと頼みました。


ページの先頭へ