名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

鈴木あや(IBM)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

鈴木あや(IBM)のプロフィール

鈴木あや、すずき・あや。日本のビジネスウーマン。日本IBM理事。同志社大学卒業後、IBMアジア・パシフィックに入社。その後、日本IBM購買部門などを経て、同社理事に就任。

鈴木あや(IBM)の名言 一覧

目先の契約だけでなく、地に足のついた長期的なパートナーシップを望んでいることなども好印象を与えます。それにプラスして、取引先から見た顧客の最近の動向に目を配り、ニーズを先読みした提案が盛り込まれていれば、なお一層、積極性を伝えることができます。


クロージングに必要なのは、フォローになる面談後のメールです。上手な文章より、まずマメに書き、コミュニケーションを取り合うことが、より強い関係を築くための一番の秘訣だと思います。


面談前の挨拶だけでなく、のちのフォローもしっかりすることが重要です。面談まで辿りついたものの、その後にフォローがないケースを時々見かけますが、仕事はそこからが本番です。面談のあとに、その日の打ち合わせ内容を要約し、お互いの宿題を明記したメモをメールしていただけると、非常に効果的なフォローになります。


冗長なメールの書面に目を通すのは大変です。二次的な内容は添付ファイルやリンクを活用し、容姿は一画面で見渡せるよう、コンパクトにまとめてあると好感が持てます。


挨拶メールの目的は、企業同士のお付き合いですから、個人的な事項や時候の挨拶は簡略で構いません。メールの目的や、次回のアクションに触れることの方が重要です。


購買という仕事柄、ご挨拶をメールで受けることはよくあります。その中で、この人なら会ってみたい、話が聞きたいと思うのは、当社とビジネスをしたい、前向きな関係を築きたいという積極性と誠意が感じられる文面です。


挨拶状などの書面だけで大きな取引がまとまることは、まずないでしょう。しかし、営業のきっかけをつかむ役目は十分に果たせます。


私はどんなに忙しくても、話しかけにくいオーラを出さないように心がけています。感情の波が激しく、部下に「今日は機嫌が悪そうだから報告はやめておこう」と顔色を窺わせる上司などは論外です。


いちいち指示しないと部下が行動を起こさず困っているなら、まずは自分の行動を振り返ってみる方がいいかもしれません。すべて自分の思い通りに事が運ばないと気が済まない、部下から提案に耳を貸さない上司の下では、部下は受動的にならざるを得ません。懸命に考え、先回りして仕事を進めても、最後に上司の一存で何もかもひっくり返ってしまうなら、無駄な努力はしない方が賢明だと部下は考えるからです。


自分と異なる考え方を持つ部下がいたほうがいいのです。違いを受け止め、上手に生かしていくことが、上司の度量を広げるのです。


以前、弊社に赴任してきて、部下の尊敬を集めたアメリカ人男性のエグゼクティブはこう言いました。「人間に口がひとつしかないのに、耳がふたつあるのは、他人の意見をもっと聞かなくてはいけないという神様からのメッセージだ」と。まさにその通りだと思います。


思い通りに動いてくれる、いわば自分のコピーのような部下を求めてしまうのは人としての性でしょう。しかし、マネジメントの能力は、自分に欠けている能力や苦手な分野を補ってくれる人を、いかに味方につけるかにあるといっても過言ではありません。


上司が苛立ちを感じるのは、自分が想定していた期限を過ぎても部下が仕事を終わらせていなかったり、報告をあげてこないときでしょう。このタイプには仕事を割り振る段階で、期限がいつなのかをはっきり伝えておくことです。部下から「そんなに早くですか」と言われることもありますが、そのときはそこで話し合い、期限を決め直すなりすればよいことです。


報告や進行のタイミングの勘所がよくわかっている部下には、「失敗したら一緒に謝りに行ってあげるから、思い切ってやってごらん」と任せます。一方で、「何かあったら手遅れになる前に知らせて欲しい」と念を押します。誰しも自分の失敗は言い出しにくいものですが、報告が遅れると状況はどんどん悪くなっていきます。それは未然に防がなくてはいけません。


私は部下によく「何か迷うことがあったら言ってね」と声をかけます。他部門との折衝などでは「私が出て行った方が話が早いと思うならいつでも呼んでください」と伝えています。執務中も部下に「ちょっといいですか」と話しかけられたら、「もちろん!」と答えるようにしています。


以前、弊社に赴任してきていたアメリカ人男性のエグゼクティブで、部下の尊敬を一身に集めていた人物がいました。彼は、部下の意見をとにかくよく聞いてくれたのです。個室を持っていましたが、ドアは開いたままでいつでも入れるようにしていました。アメリカ人上司というと私たちも少々構えるものですが、その壁を取り払おうという配慮です。


部下が指示をしないと動かない状況を変えたいなら、「自分で動けばそれが評価される」ということを、部下に伝える機会をつくるべきです。


部下に上手く使われることも、上司たる自分の役目であると私は思っています。


鈴木あや(IBM)の経歴・略歴

鈴木あや、すずき・あや。日本のビジネスウーマン。日本IBM理事。同志社大学卒業後、IBMアジア・パシフィックに入社。その後、日本IBM購買部門などを経て、同社理事に就任。

他の記事も読んでみる

二村俊一郎

(一時引退生活を送っていた)軽井沢では、朝早くからゴルフに出かけて、帰ってからはパソコンをのぞいたり庭いじりをしたり、夜になると地元の仲間と居酒屋でお酒を飲むという生活でした。4社ほど社外重役を頼まれていましたが、あとは好きなことをやっていればいい楽しい暮らしでした。でも、飽きるんですよね。
【覚書き|引退したものの2年後にインド系ITベンチャーの社長として現役復帰した理由についての言葉】


金子靖代

知ったかぶりをせず、不得意な部分はできる人に任せればいい。


井口尊仁

人間って、相手の態度によって自分の態度も変わる。相手がしかめっ面でいると、自分もオープンに話そうと思わない。


末田真

海外進出で大切なのは「志」です。採用するとき「2年以内にモンゴルでトップの会社になろう」「モンゴルから世界に発信しよう」と呼びかけて人を集めました。明確なビジョンを同じ仲間として共有し、気概を持って仕事に望めば国は違えど熱意に応え、協力者も集まってくれます。海外進出だからといって、現地の人の幸せを願う視点を疎かにしてはいけません。


曽根原久司

出発点として地産地消は大切ですが、こだわりすぎるとその先が広がりにくい。産業ベースに載せるには外との連携も重要になってくる。


田中孝司(経営者)

ドコモには安心・安全と高い顧客満足度という軸があって、ソフトバンクには孫正義社長の強いリーダーシップと、革新的な企業イメージがあります。ライバルの間で埋没しないためには、ユーザーの信頼を獲得する努力を怠ることはできません。


大橋徹二

建設機械を使って道路工事をするのに、お客様はどんな手続きを踏んでどういうふうに進めているのか。夜間の工事もあるだろうし、いろいろな仕事がある。建設機械で掘るというところだけに焦点を当ててやっていればいいという時代ではない。


平井伯昌

準備はしすぎて困るということはありません。想定外のトラブルが起きるかもしれないということまで考え、備える。楽観的な気持ちで計画を立てると、詰めの甘さが出てきます。


保木将夫

商売がうまくいかない原因とは何か。その根本の原理を突き詰めたいと思うようになりました。理由は三つ。「経営者の公私混同」「主力製品が陳腐化している」「経営に計画性がない」。この反省理論を踏まえて、私は「経営の安全」を実現する事業家になると決めたのです。


アラン(哲学者)

期待を抱くこと、それはつまり幸福であるということなのだ。


福井康夫

会社が大きくなると、独りよがりになるものなのです。そうならないためには、自分が愚かな経営者になっていないか自問自答し、謙虚に反省する習慣をつけることが重要で、志を高く持ち、堅実に経営していかなくてはなりません。


堀江徹

最大の課題は、世界のどの地域にも適用できるようなリーダー選抜の基準を準備することと、どのような人材をその企業のリーダーにするかというリーダー像を明確にすることだ。