釜本邦茂の名言

釜本邦茂のプロフィール

釜本邦茂、かまもと・くにしげ。日本のサッカー選手。早稲田大学在学中、東京五輪に出場。次のメキシコ五輪で日本代表のエースストライカーとして銅メダル獲得に貢献。日本サッカーの第一次黄金期を築いた。ヤンマーディーゼルでは選手兼監督として活躍。Jリーグ設立前の最も知名度のある選手のひとり。引退後はガンバ大阪などで監督として活躍した。

釜本邦茂の名言 一覧

創意工夫し、自分だけのものを作れ。


教えられる姿勢よりも、学ぶ心構えの方がずっと効果がある。


釜本邦茂の経歴・略歴

釜本邦茂、かまもと・くにしげ。日本のサッカー選手。早稲田大学在学中、東京五輪に出場。次のメキシコ五輪で日本代表のエースストライカーとして銅メダル獲得に貢献。日本サッカーの第一次黄金期を築いた。ヤンマーディーゼルでは選手兼監督として活躍。Jリーグ設立前の最も知名度のある選手のひとり。引退後はガンバ大阪などで監督として活躍した。

他の記事も読んでみる

久保田豊

いまさらながら過去のことを記すのはあまり気が進まない。私にはまだまだこれからすることがたくさんあるからである。
【覚書き|76歳のときの発言】


鈴木慶

「本気で趣味を追究している人」に評価してもらうには高い専門性が必要。


小倉広

やることには、やらなければならない受動的なニーズと、将来の目標に基づく能動的なウォンツがあります。人から言われたニーズだけをメモにした「やることリスト」は単なる備忘録にすぎません。夢の実現を目指すなら、ウォンツをよりリストアップしていくべきです。


メンタリストDaiGo

定時退社を前提に夜に予定を入れたら、それまでに仕事を終わらせなくてはいけなくなります。朝、寝坊をして、起きてから10分で家を出ないとまずいというときには、いつも30分かかっている準備を10分で終わらせられますよね。仕事も、「あとがない」となれば、終業時間までに片づけられます。その意味で、最も強力な残業防止法は、夜にデートの約束を入れること。死ぬ気で仕事を終わらせるでしょう(笑)。


小室淑恵

部下にとって頼りになる上司は、本当に困ったときにアイデアや人脈や情報で助けてくれる人です。たとえば、企画で行き詰っているときにひと言ヒントをくれたりとか、人脈がなくて悩んでいるときに、キーパーソンを紹介してくれたりとか。それができる上司になるためには、誰よりも早く会社を出て、最新情報の収集にデパートをのぞいたり、学生時代の友達と会って情報交換や人脈づくりをしてみたりといった努力が不可欠です。


松本紹圭

リーダーシップは社員間の競争の中で開発されるものではなく、根本的な人格形成や広い視野、長い時間軸でものを見る力を鍛錬していかねばなりません。


藤井隆太

父(先代社長)と仕事の話をきちんとしたのは父が亡くなる前の2年間ほど。ガンになってしまったのですが、これは相当悪いなというのは見ていて分かりました。ご縁のあった横浜サトウクリニックの免疫療法のお陰で、抗がん剤も打たず痛みもなく、何のわだかまりもなく話せましたね。お互い腹を割って飲み明かせたことは幸運でした。


川本信彦

高度成長とバブルを経て、我々は確かに物質的に豊かになった。しかし現在の閉そくというか、一種の虚無感を考えるとき、欲を追求して満たされたところに実は何もなかった、という失望感があるように思えて仕方がないんです。


武宮正樹

どんなに実力があってもチャンスを逃す人はプロの世界でトップになれない。


山崎将志

書記を若手社員の雑用と思っている人もいますが、それは議事録を軽視している証拠です。そういう人にかぎって、会議が終わると、決定事項をすっかり忘れてしまうのです。書記役は、そうした人がいることを計算に入れて、会議後速やかに、なるべくその日のうちに作成した議事録をメールなどで参加者に送付しましょう。こうしておけば、たとえ会議で決まったアクションプランを忘れる人が出てきても、最初から説明する必要はありません。


小杉俊哉

考えてみたが達成困難だと判断したときには、「このままでは難しいので、こうしてみてはどうでしょうか」と別の案を用意します。「できない」で終わらせない姿勢が、上司からの評価を高めます。


小倉広

標準化とは、発生する事象ごとに対応策の定型を考える、いわゆる「マニュアル化」です。しかし、作り上げるのはマニュアルだけとは限りません。たとえば営業なら、セールストーク集やケーススタディ、ヒアリングシートなどのひな型を作っておくこと。これも標準化の一種であり効率化、時間短縮が図れます。また、標準化でうまくいったら、それを横展開することも忘れてはなりません。他のチームにも展開するよう促すのは、チーム横断で目配りできる唯一の存在であるリーダーの重要な仕事です。


杉本隆一郎

自分の意見は一旦はじに置き、まずは相手がどう考えているかを優先して聞くようにする、「複眼思考」を意識してきた。


吉川浩伸

現場に立てば色々な変化にも気付くことができるので、問題を速やかに見つけ出し、改善することができます。だから私は、今でも現場に出ているんです。


齋藤孝(教育学者)

20代とか30代の前半ぐらいまでは、鬱屈した時間を過ごすのも悪くないと思います。仕事がうまくいかない、恋愛も思うようにならない、それもブレークする前の燃料になっていると考えて。「くすぶる」という言葉も、出口を探してエネルギーがたまっている状態のことですから。


ページの先頭へ