名言DB

9412 人 / 110637 名言

金美花の名言

twitter Facebook はてブ

金美花のプロフィール

金美花、きん・みか(キム・ミファ)。韓国人経営者。「堂島ロール」で知られる洋菓子店「モンシェール」社長。福岡県出身。朝鮮大学師範科卒業後、筑豊朝鮮小中級学校小学校教師を経て、モンシェールを設立。

金美花の名言 一覧

社員が幸せな会社は、誰かが運んでくるものではなくて、ここにいる全員でつくらなきゃいけない。


考えるのは朝から晩までケーキのことだけ。営業時間が終わってからも北新地のクラブの女性たちに試食してもらいました。そこでおいしいと思っていただければ、彼女たちがお客さんにも広めてくれるからです。そうやって仕事に向き合っていると、社員やアルバイトも認めてくれるようになります。それからは、チームとして機能するようになりました。


どこにでも出店するというわけではありません。ルールはキッチンから近い場所にしか出店しない。常にできたてのケーキを食べていただきたいからです。


お店を開くにあたり、まずこだわったのはクリームです。実は私自身、クリームが苦手だったんです。そこで、自分がおいしいと思うクリームをつくろうと試行錯誤を続け、搾りたての牛乳のような味わいのクリームができあがりました。


開店直後のセールでは多くのお客さまで賑わいましたが、終わるとピタッと止まりました。そこで知り合いの繁盛店のシェフに教えを請うたのですが、逆に喝を入れられてしまって。私が何も知らな過ぎたのが原因です。開業したとはいっても素人のままで、仕事に対する真剣さも今から思えばありませんでした。そこを叱責されたのです。このひと言をきっかけに心を入れ替えました。人の10年分の苦労を1年で積み重ねようと。


お菓子づくりは好きでしたが、あくまで趣味でした。自分は一生、教師でいると思っていました。ケーキ屋さんを開こうと思ったきっかけは2001年に友人4人と行ったヨーロッパ旅行です。高級ブランド店に行けば、いいなと思う商品がたくさんあります。でも値段が値段ですから買うことはできません。そこで、カフェに入り、ケーキを食べて、贅沢な気分に浸る。こんなことを繰り返しているうちに、スイーツが贅沢な気分を運んでくれる。こんな幸せな時間を多くの人に味わってもらえたら、と思ったのです。この想いが起業につながりました。


金美花の経歴・略歴

金美花、きん・みか(キム・ミファ)。韓国人経営者。「堂島ロール」で知られる洋菓子店「モンシェール」社長。福岡県出身。朝鮮大学師範科卒業後、筑豊朝鮮小中級学校小学校教師を経て、モンシェールを設立。

他の記事も読んでみる

小倉昌男

やりたいことが見つからないと言う若者は、どこかに必ず自分にぴったりあった仕事があって、いつかそれに出会えるはずだと言う錯覚を持っているような気がしてならない。それは順番が逆だ。どこかに好きな仕事があるのではなく、目の前にある仕事を好きになれるかどうかが大事なのではないだろうか。


藤井孝一

予定は隙間なしに詰め込まず、必ず余白を残しておくことも重要です。そうしないと緊急な仕事が発生したときに対応ができず、予定そのものが破たんしてしまいかねないからです。


吉田修一(小説家)

性格なんですよねえ。基本が「前へ前へ、上へ上へ」なんです(笑)。何かつらいことがあっても、気持ちが下へは行かないんですよ。


小池淳義

最適な解と最適なビジネスモデルをつくることが一番大事。枠にとらわれずに新しい方向に向けて新しいモデルを構築することが大切。


養老孟司

自力で試行錯誤しないと、身につきません。人に教わるのは一見効率的ですが、大きな弊害がある。教わったことを真似すれば、物事はできてしまうことが多い。すると、なぜできたのか考えなくなってしまいます。いちいち「なぜ?」と考えることこそ、重要なのです。


安藤忠雄

人間、極限まで追い込まれてはじめてたどり着く境地があります。ひとたびその境地を経験した人は、些末な事柄にとらわれない、大局的な視野を持つことができ、どんなときでも平常心を保つことができるようになるのだと思います。


植木義晴

航空大学校は二次試験まで通過したのですが、最終的には不合格でした。自信満々だったのが落ちてしまったんです。その後、大学1年生の夏休みに実家に帰ると、私の机の上に航大の入学願書が置いてあったんです。これは何だろうと思って母に聞いてみると、母が勝手に取り寄せていたんです。母からは「向こうから来ないでいいと言われたからって、そのまま諦めるの? 男としてもう1回挑戦しなくていいの」と言われました。もう一度挑戦して合格し、嫌だったら行かなければいいと。だけどこのまま負け犬で終わってはだめよと。そう言われてお尻を叩かれるような感じになりましたね。それでもう一度挑戦しようと思ったんです。


安田隆夫

私は、小学校4年生のときに目をケガしまして、今もう左目がまったく見えないんです。まさに独眼竜。そのころはどうしようもないガキ大将で、本なんかまったく読まなかったんですが、何回か入院をしまして、病院でじっとしていなきゃいけなくて、これが辛くてですね(笑)。で、しょうがなく本を読み始めたんです。そうしたら、はまりましたね。『十五少年漂流記』とか、夢中になって読みました。ですからもう、私は本に救われましたね。ケガをしたからよかった。何が幸いするかわかりません。


ムーター・ケント

世界は振り子のように、常に揺れ動いています。今向かっている方向が最終的に全ての人々にとっていい結果をもたらすのかどうかは分かりません。それは歴史が答えを出すことです。しかし、私たち企業は今、そのサイクルの真っただ中にいて、何とかしてこの状況を乗り切らなければなりません。


和田秀樹

パワースポットに行ったからといって、劇的に仕事の成果が上がったり、人生が好転したりすることはないでしょう。大事なのは、そこに行くことによって気持ちがポジティブになれるかどうかということです。


高殿円

たまたまここに辿り着いた、ということなのだと思います。私にとって、それはすごく幸せなこと。そういう意味で「流されてそこにいる」ということを否定したくないんです。


舞の海秀平

生きているからこそやりたいことができる。挑戦できることは素晴らしいこと。


前川あゆ

笑顔を絶やさないように意識するだけでもずいぶん変わりますが、表情筋をトレーニングするとより効果的。ポイントは口角にあります。日本人の多くは口角が下がっているといわれていて、その口角を上げるだけで、顔がにこやかに見えるようになります。そこで毎朝、鏡を見ながら「イー」とくり返してみましょう。続けていれば、表情筋が強化され、口角が自然に上がっていくはずです。


林要(経営者)

人間いろんな欲がありますが、長期的、継続的に飽きない快感というのは、ひらめきのスパークだったり、理解できたという達成感だったり、アイディアを出し合っているグルーヴ感だったりするんだと思うんです。他の快感って飽きるのに対して、これらの「新しいこと」への好奇心を満足させる事が、もっとも飽きない快感だと思うんです。そんな好奇心というのは、これまたかなり本能的な欲求だと思うので、ちゃんと満足させる事が心の健康にも大事ですよね。


漆紫穂子

道が渋滞しているときに、前のクルマのあとをついていっても、前のクルマより前に出ることはできません。それよりも、思い切って山道を進んだ方が、リスクはあるかもしれませんが、前に進める可能性はあります。人生でも同じで、どうしてもやり遂げたいことがあるなら、安全策をとって人と同じやり方をするのではなく、自分の道を切り拓いていこうと言っています。