名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

金澤悦子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

金澤悦子のプロフィール

金澤悦子、かなざわ・えつこ。日本の経営者。女性限定お仕事コミュニティーサイト「はぴきゃり」などを運営する「はぴきゃり」の創業者。東京出身。東海大学文学部広報学科在学中、イベントコンパニオン派遣事業を立ち上げる。卒業後、リクルートに入社。同社でトップセールスとなる。その後、同社を退社し、キャリアデザインセンターの設立に携わる。広告営業局次長、広報室室長、20代~30代の働く女性のためのキャリア転職マガジン『ワーキングウーマンtype(のちのウーマンtype)』初代編集長などを務めた。その後独立し、フォーウーマン(のちの「はぴきゃり」)を設立し、働く女性を支援している。主な著書に『ハッピーキャリアのつくりかた』ほか。

金澤悦子の名言 一覧

お子さんのいる父親に、お勧めしたいのがPTA。近年、保護者の父親が有志で結成する「おやじの会」も増えているので、地元で開催していたらぜひ覗いてほしい。想像もしなかった職業や役職の人が一人の父親として参加していて、新しい世界が広がることうけあいである。


私には、これまで3回の成功体験があるからわかるのですが、8合目に差しかかる直前が、一番つらいんです。


40歳で新しい世界に飛び込むのは厳しい。会社で仕事をしているうちに、大学時代に抱いていた独立心も薄れていました。独立して失敗するかもしれないけれど、やりたい道を進んだほうが私らしいと思ったんです。
【覚書き|独立した当時を振り返っての発言】


仕事漬けの日々でしたから、友人も離れていきました。アウトプットのみを続けていたので、自分の引き出しは空っぽになっていく。身体が悲鳴をあげ、ようやく私は「頑張る」ことをやめることができたんです。


30歳まであと5年ありました。でも、そのときの仕事は、残り5年続けていきたい仕事ではありませんでした。転職先はベンチャーなので、給与の面などの不安はありましたが、迷いは不思議とありませんでしたね。
【覚書き|リクルートを辞めたときを振り返っての発言】


20代後半は、第2の思春期だとよくいっているんです。職場でキャリアのロールモデル(お手本)を見つけにくいので、3~5年後の自分の姿というのが想像つかないんです。働く女性が増えたといっても、いまはまだ点在している状態。女性の先輩の哀しい姿を見てがっかりしたという話もよく聞きます。仕事も人生もハッピーに生きている女性は意外といるのですが、みな存在を知らないんですね。
【覚書き|働く女性のコミュニティサイトをつくったきっかけについて語った言葉】


実は勉強会も、学習目的から派生して人脈が広がりやすい。数か月の間、同じ空間で勉学に励んでいると、同じ釜の飯を食べたという同志の感覚が湧いて、同級生として長くつきあえる。そうした勉強会の条件は、ある程度まとまった金額を支払い、ゴールの設定が明確で、本気度が高いこと。少ない金額で一度だけ開催されるようなセミナーは、ハードルが低い分、やはりハイエナの群れになりやすい。


もし駄目な会に参加してしまい、続けるかどうか迷ったときは、自分の体調や精神状態をバロメーターにするといい。その会に参加すると妙にぐったりしたり、なんとなく気持ちが荒んだりするのであれば、時間を浪費したり、内容に見合わないお金を搾取されている証拠だ。次回から参加しなければいいが、もし自分の興味あるテーマの会であれば、参加者とはどこかで再会する可能性もある。「仕事が忙しくて」「子供が最近情緒不安定で」「親の介護で」など、角の立たない言い訳をして、跡を濁さずにフェイドアウトするようにしよう。


はっきりした目的のある交流会なら、「参加してよかった」となる確率が高い。自分が興味あることについて楽しんだりする会は、仮に出会いがゼロだったとしても、当初の目的を達成できて時間のムダにはならない。実際のところ、読書会、ワインの会、マラソン同好会など、趣味を通じたつきあいのほうが転職や仕事の話につながることが多いようだ。おそらく仕事を離れ、重い鎧を脱いだ素の状態でつきあうので、人間性がよくわかるのだろう。


会によっては、「名刺だけは何十枚も集まったけれど、一人も顔を思い出せない」という結果に終わることもあるからだ。どんな会が「出るだけムダ」なのかといえば、「そこにいる全員が何かを求めている」ような会である。何かというのは、「仕事につながる話」や「転職のためのコネ」だ。全員が求めてばかりで与える人がいない集まりは、ハイエナの群れも同然。お互いが牽制しあって、参加した後には疲労感しか残らない。こうした会は、テーマが明確に設定されていないことが多い。門戸が広く、誰でも参加できる分、いいことを漠然と求めるハイエナが、鼻をきかせて集まってくるのである。


金澤悦子の経歴・略歴

金澤悦子、かなざわ・えつこ。日本の経営者。女性限定お仕事コミュニティーサイト「はぴきゃり」などを運営する「はぴきゃり」の創業者。東京出身。東海大学文学部広報学科在学中、イベントコンパニオン派遣事業を立ち上げる。卒業後、リクルートに入社。同社でトップセールスとなる。その後、同社を退社し、キャリアデザインセンターの設立に携わる。広告営業局次長、広報室室長、20代~30代の働く女性のためのキャリア転職マガジン『ワーキングウーマンtype(のちのウーマンtype)』初代編集長などを務めた。その後独立し、フォーウーマン(のちの「はぴきゃり」)を設立し、働く女性を支援している。主な著書に『ハッピーキャリアのつくりかた』ほか。

他の記事も読んでみる

渡瀬謙

私の経験からいえるのは、あがり症ですぐに赤面になったり、吃音で口下手な人は、ムリに克服しようとしないほうがいいということ。性格を変えるには相当な時間がかかるうえに、ある程度改善したとしても、ようやく人並みになれるだけだからです。あがり症の人はそれを公言したうえで、仕事をする。そのほうが効率的です。


小山田隆(銀行家)

お客様が厳しい時、大変な時に、我々がどうお役に立つことができるのかということを、常に念頭に置きながら仕事をしていかなければならない。


松本紹圭

奥底にある不安や恐れを、真のリーダーと呼ばれる人は必ず乗り越えています。


小嶋淳司

自分たちは何を打ち出しているかを明確に意識していくことが大事。


渡辺秀一(経営者)

当社はあくまで物を右から左に動かして売買差益を得るトレーディングカンパニー。それに関わる事業領域の中で投資してビジネスの芽を育てていこうと思っています。可能性を持っている会社でも、大きく発展するには資金がいる。それと流通。僕たちはそれを持っています。ならば自分たちで種をまいて商品を育て、発売された暁には、流通を優先的に担わせてもらって果実を得るわけです。


山城徹也

社外だけではなく、社内においても、仕事ができる環境を作ってくれている周囲の方々すべてに「ありがたい」という気持ちを持ち続けることを、社員教育の根本においています。顧客ありきは当然ですが、契約までの過程においては、社内スタッフの協力は不可欠であり、それを認識できないようでは、弊社の今後の成長もおぼつかない。


近藤史朗

新製品や新しい事業は自分でできたわけではなく、人から頂いたものだと思っていますが、これは真実です。


大野裕

気晴らしや睡眠薬がわりにお酒を飲むのはよくありません。アルコールはむしろ眠りを浅くしたり、気持ちを沈み込ませる作用があるので、かえって眠れ強くなってしまいます。依存症のリスクがあるほか、うつ病の再発リスクも高まります。


筒井道隆

いまのドラマづくりの現場では言うべきことがありながら言えない人が多い気がします。そうなると、ポジション的にも年齢的にも、少しずつ僕が言うべき立場になろうと変わってきました。嫌われるかもしれないので、損な役回りだなと思います。言わないのが楽だし、誰かが言ってくれると楽なんですけど、そうはいかない。


水野学

若いころは流行を追いかけることによってセンスが更新されていきますが、年を重ねると、それまでに培ってきたセンスをもとにものごとを判断するようになっていきます。その曲がり角はだいたい20代半ばなのではないでしょうか。ですから僕自身は、自分の着たいものではなく、いま流行っているものを意識して着るようにしています。食にしても、インテリアにしても同じです。自分が食べたいものよりも、話題になっているお店にいくことを優先するようにしています。


美輪明宏

どんな人でも、完全な人格者はこの世にはおりません。お互いの長所もあれば短所もあります。浅くさえ付きあっていれば長所の部分だけで付き合っていられるのです。嫌な部分はお互い見ない、見せないで平和に過ごせるのです。


元祖爆笑王

人と会う場合、最初は謙(へりくだ)ったほうがいい。勝手に自分が年上だと思って「上から」入ってはいけない。また、実際に相手が年下の場合は、説教調にならないように注意すべきです。