名言DB

9490 人 / 112001 名言

金森政雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

金森政雄のプロフィール

金森政雄、かなもり・まさお。三菱重工業社長。九州大学卒業後、三菱重工業に入社。取締役、常務を経て社長

金森政雄の名言 一覧

粘って粘り抜く。そうすればいつかは曙光が見えてくるものと私は確信しています。


弱点を認識したうえで舵取りを誤らないのが現実の経営だ。絶対に世界一の効率で物を作るぞ、という執念を持ちそれを追求し続けるのが日本企業の神髄だと思う。【覚書き|上記は相談役になってからの発言。造船不況時に社長に就任したため、企業経営において基礎体質を健全に保つことの重要性を思い知った教訓を伝える言葉】


金森政雄の経歴・略歴

金森政雄、かなもり・まさお。三菱重工業社長。九州大学卒業後、三菱重工業に入社。取締役、常務を経て社長

他の記事も読んでみる

永守重信

「千切り経営」とは、物事を小さく切り刻むということです。大きな機械でも、小さく分解すれば運ぶことができるように、1億円の計画を実行したければ、1000万円、100万円単位にまで小さく切り刻んで考えていく。こうすることで、大きな目標を成し遂げられます。


佐藤富雄

ストレス状態というのは、脳が働かない状態です。そんな状態の中ではアイデアは出ませんし、仕事の効率も上がりません。反対に、脳が深くリラックスした状態では、脳には普段の6割増しの血液が流れます。脳はこの血液に乗せて、全身に多くの酸素と栄養を届けるようになります。こういった状態では、自然に集中力が高まり、最高の能力を発揮することができます。


妹尾八郎

中小の一企業が集められる情級には限りがあるから、寄り合う必要があると考えた。たとえば、ある飲食の企業が会員登録と引き換えに割引やおまけ、景品などをお客様に提供する。登録はNCネットワークを経由しないとできませんが、お客様には楽しみが生まれ、企業は一社では集められない大量の顧客を対象に安価でマーケティング調査ができる、という仕組みです。


宮原道夫

新人時代、粘り強く挑戦を重ねて困難な課題を克服していく先輩社員の信念の強さや、食づくりを担うことに対する真摯な姿勢に感銘を受けました。これらは「お客様のため」というゴールが見えているからこそ生まれるものだと思いますし、そのゴールが見えている人は縦割り主義に陥らず、部門間の引き継ぎも上手い。全社員があらためてそうした使命感を共有することが、現場力の強化やブランド力の向上につながっていくのだと思います。


福岡伸一

最近では、学生でも「自分探し」をしている人がたくさんいるけど、まず「どういう職に就くか、決めましょう」って言うんですよ。もちろん、将来変わってもいいんですけど、社会に出て仕事とか人間との関係性の中からしか、自分なんて見つからないんですから。細胞が前後左右、上下の関係性の中から自分を決めていくように。


嶋津良智

私は部下とお金のマネジメントはよく似ていると考えています。お金はそれを「守り、上手に使い、貯めて、増やす人」のところに集まるように、人も自分を「守り、上手に使い、実績を積ませ、能力を増やしてくれる人・組織」のところに自然と集まります。ついてこられないからといって簡単に諦めると、ほかの人も離れていきます。そこは十分なケアが必要です。


山口悟郎

生産能力も限られているのであらゆる部品を闇雲に供給するわけにはいきません。経営者の姿勢などを見て、「このメーカーはこれから伸びる」と見当をつけ、付き合っていく相手を絞り込むことも今後は必要になる。部品メーカーとしては、この「見極める力」が重要になるでしょう。


横山秀夫

組織にいる人間にとって組織なんて当たり前すぎてまともに考えたりしないんですよ。私も新聞社を辞めて名刺一枚持てずに世の中を泳いでいく中で、あらためて組織というものを見つめ、その功罪を考えるようになった。そこから私の小説の土台ができたのだと思います。


森下篤史

行動派は単純で馬鹿っぽく見えるし馬鹿が多い。行動しない君は頭が良くて失敗しない。トライしない人だから失敗するはずがない。トライして失敗した行動的な馬鹿に君はしたり顔で言う。「ほら、万事がうまくいくはずがないと言っただろう。」うまくいかないと予言した事が当たって自分は先見性がある頭の良い人だと嬉しがっている。


山口絵理子

私が現地でデザインしますが、先進国で売れ筋の材料もなければ、何もない。何度も試行錯誤して、現地の人たちと話し合いながら何度も試みる。そして、自分たちで何とか工夫して作っていくのです。初めて、コピーでないオリジナルのものを作る喜びを知るのです。先進国にはない自然というリソースを生かして。逆に私たちにはない感覚があって、いつも驚かされます。


鳥羽博道

私の好きな詩に「人生は夢を持って、それを全情熱で追い、決してごまかしたりへこたれたりせず、全精力をもってやり抜くことである」という詩がある。夢を抱いてコツコツと努力を積み重ねていきながら、その夢を実現していく。人生とはまさにその繰り返しではないかと思っている。


瀬戸雄三

いまのような変化の大きい時代には、舵取り次第で非常に面白い仕事ができる。