名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

金森政雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

金森政雄のプロフィール

金森政雄、かなもり・まさお。三菱重工業社長。九州大学卒業後、三菱重工業に入社。取締役、常務を経て社長

金森政雄の名言 一覧

粘って粘り抜く。そうすればいつかは曙光が見えてくるものと私は確信しています。


弱点を認識したうえで舵取りを誤らないのが現実の経営だ。絶対に世界一の効率で物を作るぞ、という執念を持ちそれを追求し続けるのが日本企業の神髄だと思う。【覚書き|上記は相談役になってからの発言。造船不況時に社長に就任したため、企業経営において基礎体質を健全に保つことの重要性を思い知った教訓を伝える言葉】


金森政雄の経歴・略歴

金森政雄、かなもり・まさお。三菱重工業社長。九州大学卒業後、三菱重工業に入社。取締役、常務を経て社長

他の記事も読んでみる

マーティ・フリードマン

僕も最初は日本語を使う機会も必要もないから、なかなか伸びませんでした。ところがある日、日本の音楽雑誌から「日本語でコラムを書いてほしい」と依頼されたのです。そうなると片言レベルでは済まされない。だから必死で頑張った。「やらなきゃいけない」状況を経験できたのは、とてもラッキーでした。


横山光昭

具体的にいつまでにいくら貯めるか、目標を決めたほうが、計画も立てやすく、モチベーションも維持できるでしょう。最初は「3か月で10万円」のような短期間で低めの目標を設定すること。まずは早い段階で達成感を得て、自信を深めることが大切。


三谷宏幸

社内で仕事をする時も、「自分が組織の中でどれだけ貢献できるのか」を考える。組織のパーツだという意識ではなく、全体最適の意識を持つべき。


西水美恵子

いまの金融を駄目にしているのは、お金の動きだけを見て、お金が何をつくっているのか、何を育てているかまで吟味しないことです。ファイナンスと実経済のリアル、この裏と表をしっかり見ておかないと、いい仕事はできません。


遠藤功

若い人は、接待なんて古くさい、意味のないものだと思っているかもしれません。しかしそれは大きな勘違いです。どんなビジネスでも決め手となるのは信頼関係。頭の善し悪しで仕事が決まるわけではありません。信頼関係を築くには、自分を知ってもらい、自分を売り込まねばなりません。接待の場はその最大のチャンス。つまり接待とは、会議室では築けない深い人間関係を構築する場なのです。会社のお金で飲食する場だと思っていたら大間違いです。一方で、だからこそ厳しい場でもあります。その人の人間性やセンスがさらけ出されてしまいます。中途半端な接待なら、やらないほうがマシです。


澤田秀雄

私は、基本にのっとってチャレンジし、失敗するのであれば、それは許せる失敗だと思っています。そこから学んで次に活かせば、長い目で見た時に成功につながるからです。


山本梁介

身だしなみ、接客、清潔感、朝食の4つをキーワードにしてお客様にアンケートを実施しています。月に1万通弱集まるのを10日ごとに集計し、全社で共有して各店舗に点数をつけています。105店のうち下位20位に2カ月間とどまっていると、ゴールド作戦チームというのが派遣されて研修します。それでもダメなら本社の研修センターで問題点の洗い出しをします。


齊藤征志

営業マンだけが営業をするのではなく、技術者がお客様の現場に入っていって、いろいろ提案したり話を聞いたりして人間関係をつくっていく、というのが私の考えです。それが一番の営業ですよ。私自身、そうして築いてきた信頼関係が最大の財産だと自負しています。技術者たちと昼食をとりながら会話をし、私のDNAを盛んに植えつけているところです。


午堂登紀雄

貯蓄も大切ですが、収入を増やしていくことの方が価値があります。お金を貯めるよりも収入を増やす方が難しいものです。でも、収入を増やさない限り、自分の選択肢は広がりません。月収30万円では、いくら節約しても使える上限は30万円ですが、月収40万円になれば、できることの範囲は広がっていきます。


ベンジャミン・グレアム

銘柄選択に関してわれわれが強調してきたアドバイスは「除外すること」だ。つまり、そうとわかるほど質の劣った銘柄を「除外」し、また優良銘柄であっても株価が高く投機色が強いものは「除外」せよということである。


平井政光

これからの時代、自身のライフプランを実現するために資産運用は欠かせません。それは、保有している資産の多寡とは関係ないでしょう。そこで私たちは、誰もが安全かつ公正に投資を行える場の構築を目指し、事業を展開しています。


小宮一慶

クヨクヨする自分を責めてはいけない。人間ですから悲しいときは涙が出るし、腹が立てば怒鳴りたくなるのが当たり前。人間は心が揺れるから面白いのであって、それを否定するのは無理がある。大切なのは、感情をいつまでも引きずらないでいること。