名言DB

9412 人 / 110637 名言

金指潔の名言

twitter Facebook はてブ

金指潔のプロフィール

金指潔、かなざし・きよし。日本の経営者。「東急不動産」社長・会長。東京出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、東急不動産に入社。東急ホーム取締役、常務、専務、東急不動産取締役、常務、専務、東急ホーム社長、東急不動産副社長などを経て社長に就任。

金指潔の名言 一覧

個人の「思い」がなければ、新しいものは生み出せない。


持っている資産を、軸を少し変えてみると、新しい価値が出てくる。


やりよう、やりがい、やり方を変えよう。


その場所にいかに相応しいものをつくり、地域にどう貢献できるかが重要。


一緒に仕事をしている人たちは立場を越えて、お互いの理解を深めることが最も大事。


経営計画を策定しても、それをきちんと推進していくためには企業の風土が大事。


表の目線または社会の目線を変えて新しい価値の目線で見ると違った価値を見つけ出すことができる。


世の中は激しく動いており、新しい価値が求められています。組織で仕事をしていても、個人のやりたいことをぶつけられるかどうか。それを実現するために、一生懸命考えて行動できるかどうか。


入社当時、新規事業を担う部署の上司が、最初に出会った師匠と呼べる存在でした。「思い」を具体化するためには、頭の中が血だらけになるまで考え抜け――。当時の上司の教えを、いまでも大切にしています。


世の中を俯瞰的にとらえて、会社や仕事の意味を考え直す力を強く持って欲しい。そうでないと、与えられた目標が揺らいだとき自分で目標をつくり出せないことがあるからです。


自分たちの若いころを考えると、権威に反発し、拒否反応があるのが当たり前でした。話を全部受け止めてしまうのではなく、僕ならこう考えるという学生の方が、健全だと感じます。


企業経営で大事なのは双方向。経営としてものを決めるときには「トップダウン」です。これだけスピードを要求され、世の中が変革する時期では、上の立場に立った人が物事を決めて引っ張っていくことが大事だと思います。ただし、そのときに下からの意見に対して聞く耳を持つ風土をつくっておかないといけません。それはある意味では「ボトムアップ」の要素ですね。


社員を1チーム約10人に分けて、私と直接話をしたいと思う社員と会社について話し合いの場を設けました。ここでは私が話すのではなくて、社員に会社の風土や体質について、どう感じているかを話してもらったんです。50歳代後半のベテランから一昨年に入社した若手まで、世代は限定しません。若い社員からは耳の痛いことを言われました(笑)。


金指潔の経歴・略歴

金指潔、かなざし・きよし。日本の経営者。「東急不動産」社長・会長。東京出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、東急不動産に入社。東急ホーム取締役、常務、専務、東急不動産取締役、常務、専務、東急ホーム社長、東急不動産副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

廣田尚子

プロダクト・デザインの一番の魅力は、生活の中に新しさ、楽しさを提供できることでしょう。自分好みの魅力的なモノに囲まれて快適な生活を送る。老若男女を問わず、それは幸せなことだし、生きていくうえでも大切なことではないでしょうか。


森正文(経営者)

高級ホテルに絞らないと売れっこなというのは、ホテルマンにも教わりました。安いホテルと一緒に売られるのはブランドが傷つくので嫌だとも言われました。実際、安いホテルがいっぱい並ぶ宿泊予約サイトでは、高級ホテルの予約は不思議なほど入らないんです。


トニー・レオン

一流になるためには、第一に、現実に対処する包容力を身につけることです。最悪な状況でも、「これは自分に課せられた試練なんだ」と思い込みましょう。


松尾均

工夫せざるを得ない縛りがあったことも良かったんでしょう。「はとバス」は、東京都の出資を約40%受けた半官半民の企業であり、東京観光を担うという使命がある、我々の軸足は常に東京にあります。そのため定期観光ツアーは基本的に「あくまで東京近郊」で完結させる必要があるのです。それは、ある種の縛りです。東京とはいえ、次々と観光スポットが生まれるわけではありません。すると企画で勝負するしかなくなるわけです。もう50年もたっている「東京タワー」、江戸時代からの観光地である「浅草」などをどうみせるのか、という厳しい戦い。だからこそ企画の人間だけじゃなく、力をあわせて魅力的なツアーを作り出す必要があるんです。


ロバート・キヨサキ

私にも恐怖心はあり、それと毎日闘っている。いまもある取引の売り込みをロサンゼルスのテレビ局に行ってやっているけど、それだってうまくいかないかもしれない。だが、この話は失敗したくないと思っている。負けるかもしれないと思うと行きたくなくなる。でも行かなければ勝つこともできないし、社員だって守れないからね。


河森正治

「マクロスΔ(デルタ)」のTVシリーズが最終回を向かえた後、劇場版が検討されていたんですが、なかなか決まらずにいたんですね。そのときにワルキューレの横浜アリーナのライブが行われて、それを見に行ったんです。そうしたら、5人の歌があまりにも素晴らしくて。ライブ終演後に「絶対に劇場版をやりますから!」と口走ってしまったんです。まだ、何も決まっていないのに(笑)。でも、まわりのスタッフも同じ気持ちなっていて。結果的に劇場版を作ることになったんです。このときのライブから受けた印象から「情熱やテンションの高さ」を今回の劇場版のモチーフにしようと考えました。


渡瀬謙

初対面の場合、私がやっているのは名刺交換で先方のフルネームを読み上げることです。そこで間違えてしまっても、緊張がほぐれますし、たとえ読み間違えたとしても「珍しい苗字で……、どちらのご出身なのですか」などと、そこから会話が生まれます。


芳川裕誠

大事なのは、しっかり手順を踏むこと。必要な手順を検討し、それを確実に進めていく中で、目指すべき形ができてくる。


徳重徹

起業を考えている人は、一歩を踏み出して下さい。たとえ失敗してもあきらめずに前に進んで欲しい。


川畑のぶこ

以前、ある文献について尋ねられて、保存していた学術雑誌のバックナンバーを調べたことがあります。ところが、どこに載っているか思い出せず、雑誌の山のなかで大変な思いをしました。いまはそれらを全部捨て、必要なときだけ文献のデータサイトで検索し、ダウンロードしています。その都度、必要な部分だけ取り寄せるほうが、はるかにスピーディなんです。


マイケル・デル

新しいデータを受け入れるのに時間がかかればかかるほど、その人は自分の感情に左右されているのである。


和田秀樹

結果が出なければ、検証して、すぐにやめ、新しいやり方を模索すべきです。愚直に努力を続ければいいと思い込むのは、いつまでも時間と労力を浪費するだけ。その意識を豹変しなければ、決して新しいスタートは切れませんよ。


亀井勝一郎

徒党というものは一面からいえば孤独に耐え得ざる精神の休憩所だ。


進藤晶弘

メガチップスは2013年、川崎マイクロエレクトロニクスと合併しました。このとき、メガチップスの経営理念を川崎マイクロの社員に押しつけることはしませんでした。メガチップスと川崎マイクロからそれぞれ30代の若手社員を4人ずつ選び、「経営コンセプト創造委員会」を結成し、経営理念をすべて見直すことにしたのです。驚いたのは、川崎マイクロの社員。「経営理念を一緒になってつくるなんて」と感動していました。そもそもメガチップスでは、「買収」とか「M&A」という言葉を使いません。二つの会社の「融合」、そして「新生メガチップス」が生まれたということです。一緒に理念を考えるのは当然のことです。


家次恒

不具合が発生してお客様が電話をしたら、単なるオペレーターではなくてすぐに専門知識を持つ担当者が出ます。そして即座にコールセンターからサービスマンに指示する。サービスマン全員が、どこにいるか把握していますから、一番近いやつが行けと。このサービスが非常に強い。お客様に安心を与えているわけです。うちは世界各地で代理店ではなく直販のネットワークを構築しているので、海外でも同様のサービスを提供できているのが大きな強みです。