名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

金川顕教の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

金川顕教のプロフィール

金川顕教、かながわ・あきのり。日本の公認会計士、コンサルタント。三重県出身。「Social River」代表。立命館大学産業社会学部卒業。在学中に公認会計士試験に合格。卒業後、監査法人トーマツを経て独立。

金川顕教の名言 一覧

無駄を省くと、選択肢が減る。選択肢が減ると、やることがシンプルになるので時間のムダをなくすことができる。


今まで当たり前のように続けてきた自分の生活習慣を見直すと、いかに時間とお金と労力を無駄にしているかがわかる。


理想が高すぎるのはよくない。いい加減でも適当でもいいから、まずはやってみる。「やるか、やらないか」ではなく、「やるか、すぐやるか」の違いで差がつく。


僕は今も毎日書店に行って新刊をチェックしますし、気になる本には必ず目を通しています。なぜなら、まだまだ現状に満足していなくて、より高見を目指したいという目標達成意欲が高いからです。


大学時代は周りから、あいつはいつも勉強しかしてないという目線で見られていましたけど、全然気になりませんでした。祖父に言われたんですよ。「出る杭は打たれるけど、出過ぎた杭は打たれない」って(笑)。だったら、勉強で突き抜けてやろうと思ったんです。自分にとって一番大事なことのために優先順位を崩さない姿勢は昔から一貫していますね。


誰でもすぐにできるのは本を読むこと。朝と夜に30分ずつ情報収集の時間をとって、「本を見る」習慣を身につけてください。自分が興味あることや、やりたいことの分野で成功している人が書いた本がいいでしょう。そして気になったポイントをパソコンやスマホに1行メモで記録していく。そして、できることはどんどん実行していく。


僕の行動と目標達成が早い理由はCAPD(検証・改善・計画・実行)だと思います。何かやりたいことがあっても計画倒れか三日坊主で終わっちゃってる人って多いですよね。それは計画を立てるところからはじめているからなんです。僕も起業するとき、計画から立てようとしたら厳しかったと思います。起業したこともないのに、どんな事業をやればいいのか、何からやればいいのかわからないですよね。計画って自分主体になるので、目標を立てても方法がわからないとか不安があるとか、そういうところで止まってしまいがちなんです。それなら成功している人を探して、どんなことをどういう風にやっているのか評価・検証してから、自分流に実行していくほうが断然早く進みます。


僕は気合い型で、大学受験も公認会計士試験も気合いで突破してきたんですね。でも社会人になって、気合いだけでは仕事はどうにもならないことに気がついたんです。外資系だったので、仕事に拘束される時間が長すぎるのもきつかった。そのとき、早く会社を辞めてもっと自由に働きたいと一念発起して、会社の仕事を続けながら起業準備をはじめることにしたのです。どちらとも並行して進めるためには、かなり自分を追い込む必要があったので、必然的に効率化をはかる習慣が身につきました。


金川顕教の経歴・略歴

金川顕教、かながわ・あきのり。日本の公認会計士、コンサルタント。三重県出身。「Social River」代表。立命館大学産業社会学部卒業。在学中に公認会計士試験に合格。卒業後、監査法人トーマツを経て独立。

他の記事も読んでみる

中島茂

無条件に謝罪をしてしまうと罪を認めたものと受け取られてしまうのではないかという懸念は、わからなくはない。しかし、訴訟社会の米国でさえ、多くの州法が謝罪しただけでは罪を認めたことにはならないと規定している(アイムソーリー法)。特に犠牲者が存在する場合は、弁明よりも心からの哀悼の意を優先させるべきである。


ゲーテ

平和は、人類最高の理想なり。


日覺昭廣

川下までサプライチェーンを伸ばすことで、川上に安住していた社員がマーケティングの発想を持つようになりました。川下のメーカーに新素材の使い方はなかなか分かりません。営業の社員は百貨店など販売の現場を回って消費者目線を持つことで、次々と新しい素材の使い方を提案できるようになったのです。


田中良和(GREE)

楽天の社是のひとつが「スピード・スピード・スピード」です。社長の三木谷さんも「ほかの人が3年でやることを1年でやれ」というのが口癖だったし、実際あの会社は、みんなそういうペースで仕事をしていましたね。
【覚書き|楽天勤務時代を振り返っての発言】


安河内哲也

英会話の練習で不可欠なのが、「音読」です。基本的な文章を何度も音読し、頭に刷り込ませることで、英会話をするときにも、無意識にその文章が出てくるようになります。黙読ではなく、声に出すことによって、動的記憶として残るのです。ピアノの楽曲を繰り返し練習することで勝手に手が動くようになりますが、それと同じ原理ですね。このトレーニングを習慣づけることで、無意識に話せる言葉が増えていきます。基本的な文法に加えて、単語集も音読することで、語彙も増やせます。


松岡修造

最高のパフォーマンスは必ずしも全力投球からは生まれません。


小久保裕紀

過去の自分に戻らないことで超前向き人間になれた。今、何をすべきかに集中できるようになった。


北尾吉孝

何を実現するにも最後は行動力が必要。どんなに優れた企画があっても、それを実現するために行動力がなければすべては絵に描いた餅でしかない。


石原明彦(経営者)

小学生の頃から起業したいと思っていたので、小さな会社を経験するために、当時社員が5人程度のモバイル広告関連企業に就職しました。ベンチャー企業の立ち上げから、経営ノウハウを学びました。


御手洗瑞子

何はやるべきで、何はやるべきでないのか。そうした判断と決断の集積で、その会社の性格が育ってくるのではないかと思います。


鳥飼茜

単純な今の自分の感覚としては、いろんな人たちがいる社会、というほうが好き。いい加減な甘えが通用しない、いい意味での緊張感がある気がして。


徳岡邦夫

だしの味を決める「煮方」という役割はとても重要で、ベテランが担当するのがこの世界の常識ですが、うちでは若い料理人にもどんどん任せるようにしています。昔の職人は「技術は盗んで身につけろ」といって教えませんでしたが、それは先輩が自分の存在価値を維持するための方便だったのではないかと思います。若い料理人だって丁寧に教えればきちんとできるようになるし、その経験が人を成長させるんです。