名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

金子雄二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

金子雄二のプロフィール

金子雄二、かねこ・ゆうじ。日本の経営者。工作機械メーカー「ソディック」社長。神奈川県出身。武蔵工業大学(のちの東京都市大学)工学部卒業後、ソディックに入社。取締役、専務などを経て社長に就任。

金子雄二の名言 一覧

特に放電加工機の場合は、機械としての構造は理解できても、放電回路を理解できなければ作ることができません。日本国内には長年蓄積してきたノウハウがある。だから日本国内なんです。このことは逆説的に、この分野は非常に参入障壁が高いということの証明にもなります。当社を脅かす企業は当面出てこないと考えています。


これまでお客様の「ものづくり」に貢献することを理念に、世界最高水準の研究開発に取り組んできました。その理念を支えているのは、世の中にないものは自分たちでつくるという開発精神です。


EVとスマートフォンはプロダクトとしての大きさは正反対ですが、いずれも高い精度が要求されます。当社が提供する工作機械も、ローエンドよりもハイエンドの製品を求められるケースが増えてきていて、販売台数に加えて単価も増額してきています。この2つの分野に関しては、数年間は今の好調なトレンドが持続すると見ています。


金子雄二の経歴・略歴

金子雄二、かねこ・ゆうじ。日本の経営者。工作機械メーカー「ソディック」社長。神奈川県出身。武蔵工業大学(のちの東京都市大学)工学部卒業後、ソディックに入社。取締役、専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

最上悠

仕事を始める前は丁寧に確認するのはもちろん、作業がスタートしたら途中経過をマメに報告するといいでしょう。途中で方向性の違いがわかれば、早めに軌道修正ができ無駄な作業が少なくなります。上司が忙しいときに何度も声をかければ、面倒な顔をされるかもしれませんが、たいていはそんなに嫌がられないと思います。


今野敏

一番重要なのは、とにかく量をたくさん書くことです。作家にとっては、本を出すことが一番のプロモーションですから。量を書けば質も上がっていきます。これは、親戚の石ノ森章太郎さんからも言われたことで、座右の銘です。


塚越寛

私は企業経営では性悪説より性善説で全ての物事を考えるべきだと思います。経営者が社員を思いやり、信頼すれば、社員は応えてくれるものなのです。


イザベラ・ブラックモーア

最上のものは過去にあるのではなく、将来にあります。旅路の最後まで、希望と理想を持ち続けて進んでいく者でありますように。


ヘスス・ベガ

フェラーリに乗ろうと何に乗ろうと、車であれば早く移動できます。高いお金を払ってまでどうしてフェラーリに乗るかというと、そこにはフェラーリに乗っているという気持ちが入ってきます。


滝野一征

国力を上げるためには、まず起業を増やしてどんどん外に出て行かねばなりません。企業家が多い国は成長しますからね。日本はリスクを取る文化を思い出さなければならない。そのために必要なのは教育でしょう。日本には優秀な人がたくさんいます。あとは世界で勝負するのだというマインドを持てるかどうかなのです。若いうちは大きなことを言って欲しい。そして腰を据えて、高い目標に向かって挑戦して欲しいと思います。


貞末良雄

「今日は5万円売ってよ」と頼むより、「いらっしゃるお客様に親切にして、全員リピーターにしてほしい」とお願いするほうが、長い目でみれば効果的。


安藤正弘

ナンバーワンの不動産会社を作ろうと起業したのですが、業界の問題点や課題点が目に付きました。そこで不動産業界を自分が変える気持ちで事業に邁進し、それならば日本一のチェーン網を構築しよう、それには株式上場するべきだと思い立ったのです。


井上直美(経営者)

こんなものも商売になるよ、あんなものも商売になるよと。ある種の岡目八目ですよね(笑)。そういった試行錯誤を繰り返して、これまでは何とか凌いできた。お金がない中でも知恵を出して新しいことに取り組んできた結果だと思います。


筒井義信

生保という事業の使命は何かといえば、やはり長期的にしっかりとお客様を守り続ける、支え続けるということ。


中嶋章義

5・6人1チームになって生産性や歩留まりを向上させるプロジェクトを行っています。全従業員が収益について真剣に考えるきっかけになればと考えています。


山田昭男

どこの会社でも「報・連・相」、つまり報告、連絡、相談をするよう指導されている。私の会社ではこれを禁止した。なぜなら、儲かっていない会社が必ずやっていることは、ウチではやめなければいけないからだ。もちろん、役所や大企業なら、組織を束ねるために「報・連・相」を行わなければならないだろう。しかし我々のような中小企業でそんなことをする必要はない。むしろ時間や労力や経費のムダになる。いちいち上司や社長に報告などしなくても、現場を一番知っている社員に判断を任せればいい。そのおかげで、ウチでは社員が自主的に考えて動くようになった。