金子雄二の名言

金子雄二のプロフィール

金子雄二、かねこ・ゆうじ。日本の経営者。工作機械メーカー「ソディック」社長。神奈川県出身。武蔵工業大学(のちの東京都市大学)工学部卒業後、ソディックに入社。取締役、専務などを経て社長に就任。

金子雄二の名言 一覧

特に放電加工機の場合は、機械としての構造は理解できても、放電回路を理解できなければ作ることができません。日本国内には長年蓄積してきたノウハウがある。だから日本国内なんです。このことは逆説的に、この分野は非常に参入障壁が高いということの証明にもなります。当社を脅かす企業は当面出てこないと考えています。


これまでお客様の「ものづくり」に貢献することを理念に、世界最高水準の研究開発に取り組んできました。その理念を支えているのは、世の中にないものは自分たちでつくるという開発精神です。


EVとスマートフォンはプロダクトとしての大きさは正反対ですが、いずれも高い精度が要求されます。当社が提供する工作機械も、ローエンドよりもハイエンドの製品を求められるケースが増えてきていて、販売台数に加えて単価も増額してきています。この2つの分野に関しては、数年間は今の好調なトレンドが持続すると見ています。


金子雄二の経歴・略歴

金子雄二、かねこ・ゆうじ。日本の経営者。工作機械メーカー「ソディック」社長。神奈川県出身。武蔵工業大学(のちの東京都市大学)工学部卒業後、ソディックに入社。取締役、専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

松井忠三

人生に無駄な経験などひとつもない。良品計画への出向は左遷で、私との付き合い方を変える人もいた。そこで世の中の見え方が変わった経験が、経営者になって役立った。挫折もプラスに転じられれば貴重な財産になる。


羽田圭介

最近、政治家とか芸能人に対するバッシングがすごいですけど、「自分は絶対にそうはならない」って自信に充ち溢れすぎてるような気がするんです。「もし自分が同じ立場に置かれたらそうならないか?」って仮定をみんな、しなさすぎじゃないかなって。


高田明(ジャパネットたかた)

若い時は、夢は漠然としていてもいい。何かをやると決めても、その通りいかないことが多いですから。チャレンジしてみたら徐々に関心が出て来て、そこから夢へと繋がっていく。


平強

古い秩序が崩壊し始めたことは、日本のビジネスマンにとって苦しみではありません。大企業にとらわれていた優秀な人材が世の中に出て自らの実力を問うチャンスの到来です。


石塚しのぶ

商品企画や調達、テクノロジー開発においても、その会社の独自性を際立たせるようなアイデアの創出を促すためには、個々の従業員が各自の創造性や率先力をフルに発揮できるような環境をつくることが必須です。


風間健

争う者の言い分には、それぞれに道理があるはず。それを法律や規則がこうだからといって、○と×で判断すれば、一方の道理を潰すことになります正しいと思うことを否定されれば、人は誇りを傷つけられます。まず、両方の道理を認めることから始めて、両者にとって受け容れやすい落としどころを見出すのが仲裁ではないでしょうか。


幸田真音

熾烈な国際競争の場で世界を相手に健康的な競争をしてきた企業は、企業買収への適切な危機感を持っています。逆に、株式の持ち合いで守られ、新規参入もほとんどない寡占業界にある企業の認識は低いですね。こっそり株を買い集め、競合他社に売ると脅してサヤ抜きするなんてことは容易。そのときになって慌てて買収防衛策に多額の経費を費やしても多くの効果は望めないでしょう。


假屋崎省吾

花の修行をしながらマクドナルドでアルバイトをする日々。けれども、将来の望みが見えていなかった一方で、「たとえお金にはならなくても、一生、花の仕事に携わっていこう」という気持ちに迷いはありませんでした。不安であっても、毎日が充実している。そんな不思議な精神状態だったことを覚えています。
【覚書き|修業時代を振り返っての発言】


ジョン・メッツラー

買収や提携を上手く進めるのには、言葉だけでなく、文化を理解することが大事です。実際にバイカルチュラルな人材の必要性が高まっています。


甲本ヒロト

みんなにとって、人生で一番楽しいと思うことがあるでしょ? それが僕らにとってのバンドなの。録音しているときが楽しさのピークだから、完成した今の感情は「凪」(笑)。でも、ツアーが始まると、またあらたな感情の波がやって来て、最高に楽しくなるんだ。


森川亮

私は朝スポーツジムに行きます。なぜ朝なのかというと、経験上、イヤなものほど「朝イチ」でやった方が達成率が高いから。平日の早いうちに、やらねばならないことを終えるようにしています。


村山富市

私のモットーは「常に大衆とともに、大衆に学ぶ」です。72年に衆院議員に当選して以来、週末に大分に帰れる時は毎日曜日、1時間の街頭演説を自分に課しました。


北尾吉孝

私はSBI証券を立ち上げるにあたって、ヘーゲルの「量質転化の法則」にヒントを得てビジネスモデルを考えました。それまでの証券会社は、高い手数料で少ない顧客を囲っていました。しかし私たちは、低い手数料でより多くの顧客を集めることにしたのです。量が質を高め、質が高まればさらに量が増える、と考えたのです。


山極寿一(山極壽一)

以前は、総長室という特別な部署があったのですが、私はそれを廃止しました。そして、執行部の7人の理事や部局長と対等に付き合い、割と距離を置いた体制をつくっています。大学のリーダーというのは、自分の理念を持ちながら、6千人以上の教職員の実力を発揮させなければなりません。私は、自分のことを「猛獣使い」と言っているのですが、猛獣である教職員に実力を発揮してもらうために、手綱をつくるのでもなく、餌を与えるのでもなく、みんながやりたいようにやれる環境をつくらねばならないのです。その時に、ある特定の部局なり、人を支援していたら、あいつはえこひいきすると思われてしまう。だから、そういう意味では、私は孤独なんです。でも、それをゴリラから学んだのです。背中で語らなきゃならないのです。


御手洗冨士夫

企業人も自らある程度のリスクをとりつつ、市場を切り拓いていく覚悟が求められている。


ページの先頭へ