名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

金子英樹(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

金子英樹(経営者)のプロフィール

金子英樹、かねこ・ひでき。日本の経営者、SE。シンプレクス・テクノロジー創業者。一橋大学卒業後、アーサーアンダーセン(のちのアクセンチュア)、金融システムベンダーのキャッツ・ジャパンなどを経てソロモン・ブラザーズ・アジア証券に入社。同社システム部門で実績を残し、デリバティブ・アナリシス部門副社長に就任。その後独立し金融システム会社シンプレクス・リスクマネジメント(のちのシンプレクス・テクノロジー)を創業。同社を設立8年で東証一部に上場させた。

金子英樹(経営者)の名言 一覧

採用では金融知識や業界経験を解いません。それよりも論理的な思考力や柔軟性が重要です。当社には、それらの人材を短期間で鍛えるノウハウがあります。また、全社員に年俸制を導入し、大きな成果をあげています。


ものすごく負けず嫌いな一方で、他人の長所は素直にリスペクトできるというか。学生のときもロクに勉強をしていなかったような自分に、人より優れたところがあるとしたら、そうやって人を巻き込み、チームの力を最大限に発揮させることかもしれませんね。


目の前の仕事でベストを尽くし、実績を上げることが、ビジネスマンとしてのトラックレコードになり、その結果としてキャリアが形成される。若い人には、まずは目の前の仕事を楽しんで、と伝えたいですね。


仕事というのは、「これをやっても自分のキャリアのプラスにならないのではないか」と考え始めた途端、学べることがすべてストップしてしまう。これは本当にもったいないことです。


重要なのは考え方を身につけることです。プログラミングそのものは、誰でもやればできます。
【覚書き|アーサーアンダーセンのコンサルティング部門(のちのアクセンチュア)でシステム設計を学び始めたころを振り返っての発言】


人間、体が勝手にガッと動いてしまう瞬間というのがある。そのタイミングが訪れたときにしっかりチャンスをつかむには、仕事で自分なりに達成感を得ていなければならない。重要なのは「目の前の仕事にいかに全力で取り組んできたか」ということなんです。


僕よりたかだか2歳年上のオーナー社長が、ニューヨークやロンドン、東京に支店網を広げて数年後の上場を目指している。スケールが違う、と思いましたね。
【覚書き|シリコンバレーの起業家を見て】


僕、プライベートは大雑把なんですが、何というか仕事では絶対に譲りたくないものがあってね。自分でもエキセントリックだと思うくらいに。それにこだわって生きてきたら、結果的にサラリーマン生活は長く続けられなかった、というだけのことなんです。


金子英樹(経営者)の経歴・略歴

金子英樹、かねこ・ひでき。日本の経営者、SE。シンプレクス・テクノロジー創業者。一橋大学卒業後、アーサーアンダーセン(のちのアクセンチュア)、金融システムベンダーのキャッツ・ジャパンなどを経てソロモン・ブラザーズ・アジア証券に入社。同社システム部門で実績を残し、デリバティブ・アナリシス部門副社長に就任。その後独立し金融システム会社シンプレクス・リスクマネジメント(のちのシンプレクス・テクノロジー)を創業。同社を設立8年で東証一部に上場させた。

他の記事も読んでみる

星野佳路

失敗できる環境があるのは、自らが成長するうえでとても重要なこと。


近藤道生

なんと日本は情報というものについて無策・無防備であったかと痛感させられた。開戦・敗戦ともに、情報が帰趨を決しました。


熊本浩志

通常、大手メーカーの家電は大型量販店で売られていますが、「店頭に出た途端に値引き」というのが当たり前になっています。それでは、作り手のモチベーションは一向に上がらないし、業界も健全ではありません。その状況をなんとか変えたいと考えました。それで、ライフスタイルショップやセレクトショップなどを主要販路としたのです。


横山光昭

家計を改善するには、一人で頑張るだけではなかなか成功しません。家族みんなが協力して取り組むことも欠かせないポイントです。


小山昇

人づき合いは手間をかければかけるほどいい。私は社員や取引先の社長の記念日にハガキでメッセージを届けています。しかも一枚一枚、手書き。年間3千枚は書いているから、相当な手間だ。でも、面倒なことをやっているから相手に心が届くんです。大事なお客様のところには、毎年、お中元やお歳暮を贈っている。これも宅配便じゃなく、直接、持参して挨拶します。わざわざ新幹線に乗って届けることもある。それで喜んでくれないお客様はいない。手間をかける価値は十分にあります。


小泉信三

練習は不可能を可能にす。


清宮俊之

世界展開を進める力の源ホールディングスですが、実は「一風堂」での出店にこだわっているわけではありません。例えば先程例に出したニューヨークも、4店舗のうち「一風堂」は2店で、残りはフードコートタイプの「黒帯」です。これはニューヨークの一風堂で提供していた鶏ベースのラーメンが好評だったことを受けて、現地で立ち上げた新ブランドです。我々はあくまでラーメンという商品を軸にした店舗の展開を進めていて、特定のブランドや業態だけにこだわっていません。


岩瀬大輔

社会人になった途端に勉強をしなくなる人が多いのは、勉強しなくても脊椎反射で日々の仕事を乗り切れてしまうからでしょう。しかし、ビジネスパーソン、とくにプロフェッショナルであれば、常に勉強して知識を身につけておかなくてはなりません。たとえば、アスリートは試合に出るために毎日練習します。練習せずに試合だけ出場している選手はいません。プロとして仕事する以上、ビジネスパーソンも勉強にもっと時間を割くべきです。


鑄方貞了(鋳方貞了)

リーダーシップが発揮されるには、「この人の言うことなら間違いない」「この人についていこう」と部下に思わせるようでなければなりません。それには、幅広い見識と仕事の力量が必要になります。


作田久男

私はいまオムロンで社長を務めていますが、「何のために社長をしているのだ、業績をあげるためか」と問われたら、「そうではありません」と答えるでしょう。もちろん業績をあげなければ社長の座にはいられませんから、それは必要ですが、社長という仕事を自分自身が納得してやれることが大事だと思っています。


粟飯原理咲

インターネットの世界では、個人や仲間同士で、面白い情報を世界に向けて配信し、メディアをつくっていけます。地元の人向けにローカル情報を提供していたケーブルテレビの世界しか知らなかっただけに衝撃でした。


テリー伊藤

中間管理職的な立場にある人の共通の悩みのひとつは「叱り方がわからない」ということのようだが、そもそも「なぜ叱らなくちゃいけないのか」と問い直してみて欲しい。いったい、なんのために叱るのか? そこでその人を叱ることが本当にベストな指導法なのか?