金子源の名言

金子源のプロフィール

金子源、かねこ・はじめ。日本の経営者。立ち飲み居酒屋「晩杯屋」を展開する「アクティブソース」社長。群馬県出身。高校卒業後、自衛隊、レインズインターナショナルなどを経て「晩杯屋」を開店。

金子源の名言 一覧

料理を1人分で提供することは客単価の引き上げにも繋がります。居酒屋で料理を頼むと一つの料理が2、3人前分あるので、例えば4人でも1つしか注文が入りません。ところが最初から1人分で提供していれは、4つの注文を取れます。安いなりにも客単価を上げる工夫が色々とあるのです。


26歳で自衛隊を退官し、焼き肉チェーン最大手の「牛角」を運営していたレインズインターナショナルに入りました。そこで店長職などをしながら徹底的に外食業におけるサービスの在り方について学びました。ただ、お店をやるとなれはこれだけではなく、仕入れの仕組みについても知る必要があると考え、続いて市場でアルバイトなどをしました。そこで仲買がどうやって、どのくらいの利益を得ているのかなどについて一から学び、低価格で料理を提供するための土台を作りました。飲食店をやるにあたり、ここまでやる経営者はそうはいないのではないでしょうか。


「晩杯屋」が単なる居酒屋ではなく「コンビニエンスストア」と捉えています。「晩杯屋」の客単価1300円と言うのは、一般的なサラリーマンが仕事帰りにコンビニに立ち寄って、ビールとつまみ類を買って家で食べるのと、大して変わらない金額です。「わざわざコンビニに行かなくても、コンビニ感覚でふらっと立ち寄って飲んで帰る」というのが「晩杯屋」であり、月に数回利用する居酒屋とは基本的なコンセプトが異なるのです。こういうお店であれば、それこそ駅ごとにあっても構わないと、私は考えています。


最初は直営店のみでの展開を考えていたのですが、順調に行き過ぎたことでかえって危機感を抱くようになりました。店舗が増えたとはいえ資金が潤沢にあるわけではありませんし、銀行融資を受けるにしても限界があります。我々の成功を見て、資本力のある会社がこの業態に乗り出してくれば、すぐに店舗を増やし、市場を押さえられてしまいます。そうならないためには店舗出店のスピードを速め、市場を先に押さえる必要があると考え、フランチャイズ化に踏み切りました。


メニューを見た方からは「安い」という声を多く頂きます。流通の仕組みを知っているため、他店よりも安く食材を仕入れることができているのは確かですが、それほど大きく値段が違うかと言えば、実はそうではありません。これは印象の問題でもあるのですが、他店では刺身は3人盛りとか5人盛りというふうにしか注文できないことが多いと思います。しかし当店に来られるお客様は一人客が中心ですので、食べ物はすべて1人前で提供するようにしています。だから刺身の値段だけを単純に比較すると安く感じるのです。ただ、そのまま1人分で提供すると少なく見えてしまうこともあるので、お得感を出すために量は1.5人前にしています。


1人で入りやすい店を作りたかった、というのが一番の理由です。私は高校卒業後、自衛隊に入隊したのですが、訓練が終わると特にすることもないため、よく飲み歩いていました。しかし、当時は総合居酒屋全盛の時代で、一人で気軽に入れるお店を探すのにいつも苦労していました。地元の個人店にしても、常連客で賑わっていて入り込む余地はほとんどありませんでした。こうした当時の体験から、一見さんでも入りやすい業態を追求した結果、「立ち呑み」という業態に行きついたというわけです。


金子源の経歴・略歴

金子源、かねこ・はじめ。日本の経営者。立ち飲み居酒屋「晩杯屋」を展開する「アクティブソース」社長。群馬県出身。高校卒業後、自衛隊、レインズインターナショナルなどを経て「晩杯屋」を開店。

他の記事も読んでみる

古森重隆

私は「学びて時にこれを習う」という言葉を精神の糧にしてきました。歴史書や哲学書、新聞、雑誌などを通して、思考や史実、現実を学ぶ。それをおさらいして実践し、実践を通して学んだことを蓄積していく。これができる人とできない人とでは幾何級数的に差が開くのではないでしょうか。


渋沢栄一

数字算出の確固たる見通しと、裏づけのない事業は必ず失敗する。


池田欣生

最近ではたくさん食べる人ほど早く亡くなることが分かってきて、小食の人ほど長生きすることが分かったんです。消化吸収することで、人の身体はものすごいエネルギーを使う。だから、よく食べる人は身体に負担がかかってしまうんです。1食250キロカロリーのダイエット弁当で必要な栄養をとりながらもカロリーは抑えていく。私も毎日ダイエット弁当を食べて実践しています。


バラク・オバマ

大統領の職を目指した人たちの中で、私は決して有力候補ではなかった。最初からたくさんの資金があったわけでもなければ、大勢の後援を受けていたわけでもありません。私たちの選挙戦はワシントンの広間で始まったわけではない。この選挙戦はデモインの裏庭で始まった。コンコードの居間で始まった。チャールストンの玄関ポーチで始まったのです。この選挙戦は働く人たちがなけなしの貯金をはたいて、5ドルや10ドル、20ドルを提供して、そうやって築き上げていったものです。
【覚書き:デイモン(アイオワ州)、コンコード(ニューハンプシャー州)、チャールストン(サウスカロライナ州)】


男鹿和雄

そのうちに美術監督としてスタッフを束ねるようになりました。現場を率いるには、あの人があれが得意だろうとか、これは無理そうとか、全体の舵取りが必要ですが、僕の場合はスタッフそれぞれの個性よりも、「こういう背景にしてほしい」という監督の要求のほうを優先させるべきだろうと思ってきました。それをマスターした上で「もっとこうしたい」ということがあれば、監督の要求を壊さない範囲でやれることはいろいろあるんです。これは上達して監督の要求をクリアしてはじめてできることですね。僕の仕事にしても、監督や作品にずいぶん引っぱりあげてもらった結果ですから。


平本清

当社は創業期から社員借り入れによる資金調達を継続しています。会社に出資しているということは、社員であると同時に、会社のオーナーでもあるということです。実際に株式も社員で持ち合っており、社員というよりも「共同出資者」と言ったほうが実態に合っています。オーナー経営者が自分の会社のために必死になって働くのと同じように、社員たちが会社をよくするために一所懸命に働くのは当然です。


西多昌規

趣味というとスポーツやものづくりをするイメージがありますが、それほど大上段に構えなくてもいいと思います。私もたいした趣味はありませんから。たとえば、コーヒーを飲みながら新聞を読むとか、おいしいものを食べにいくなど、楽しいことや気晴らしになることがあれば十分でしょう。


本田宗一郎

こころのなかに残っている不満をリストアップしてみると、ビジネスチャンスはいっぱいあることに気づく。すべての不満やクレームが新しいサービスのきっかけになる。


渡部肇史

原子力発電に取り組みながら、自由化に対応し、さらに温暖化対策もしないといけない。全ての課題に整合した判断ができるとは思っていません。雲が晴れるように視界がクリアになることもないでしょう。幸い、今後10年の取り組みを決めた中期経営計画を昨年作ることができました。これを支えに、頭を柔らかくして、環境変化に対応していくことが大切。


小暮真久

逆境のときは、自分が得意な領域に注力する発想も大事です。苦手分野は気持ちが乗らないし、気持ちが乗らないとパフォーマンスは上がりません。それならば、苦手な分野はそれを得意とする人に任せて、自分は得意分野に集中すべき。


竹島愼一郎

企画内容ができたら、それを実行するための具体的な計画を立てなければなりません。実行計画の中心にあるのが「目標」です。目標は、収支計画のような数値目標で表わされます。ですから、「誰が」「いつ(までに)」「どこで」「いくらで」実行するのかを総合的に判断したうえで、最終的には具体的な数字で指し示す必要があります。


佐瀬守男

何もないところで、何かを生み出すには、アイデアを出し行動しないと前に進まない。これを皆で経験したことが財産となった。


八木原保

若者のひたむきな姿を見ると、応援せずにはいられなくなる。


枡野俊明

人間関係につまずいたら、すぐに相手のせいにしてはいけません。自らを省みることが大切です。


高橋大輔(フィギュアスケート)

金メダルが欲しいという欲深さは大事ですが、欲深くなりすぎると余計なことを考えてしまい、不要な心配が生まれ、成長を邪魔することも。バランスが大事だと思います。


ページの先頭へ