名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

金子太郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

金子太郎のプロフィール

金子太郎、かねこ・たろう。日本の経営者、官僚。丸三証券会長。旧制第一高校を経て東京大学卒業後、旧大蔵省、旧環境庁で要職を歴任し事務次官まで務めた。その後退官し、丸三証券のCEO(最高経営責任者)に就任。同社退社後は経済評論家として活躍した人物。

金子太郎の名言 一覧

とくに若い人には、いろいろな人や書物などから経験や知識を吸収し、できる限り健全な常識を身につけてほしいと思います。


このところ、製品の欠陥の隠ぺいや不良品発生の原因の秘匿といった企業の不祥事が相次いでいます。しかし「隠ぺい工作や嘘が発覚したら取り返しのつかないダメージを被る」との常識を経営者が持っていたら、存亡の危機は避けられたはずです。


「常識を疑え」との警句が存在するように、健全な常識と陳腐な通念との判別が難しい場合もありますが、マーケットに関しては、専門家による極論の裏側に健全な常識があるというのが正解のようです。


日本の地価の総額は米国の推定4倍。国土面積は25分の1なので単価は実に100倍です。また、皇居の地価総額は米国カリフォルニア州とほぼ同じ。いくら日本の景気が良いからといっても、こんな異常な格差がいつまでも続くとは考えられません。しかも日本の人口は減少する。従って住宅購入はいま控えるべきです。
【覚書き|バブル経済のピークに社員全員に送った手紙での発言】


メンツや保身、あるいは先輩への配慮といった感情は常識を覆い隠してしまいがちです。それに、丸三証券に移る前、大蔵省に勤務していたときに、日本でも関係者による内部告発が増えたことを目の当たりにし、隠し事はできない時代になったと感じました。ならば、隠したくなる事態の発生を、性悪説に立ってでも事前に回避すべきだと考え、81年に証券会社に転じた際には、自分自身も含め、役員は疑いのもとになるような宴席には出席しないなどガラス張りの経営に努めました。


バブル期に不動産を担保とした抵当証券は一切扱わなかったし、系列のファイナンス会社にも土地がらみの融資は禁止させました。銀行から坪1億円で持ちかけられた新社屋用地の購入も断りました。結果としてバブルの傷は浅くて済みました。おかしいことをおかしいと思う、健全な常識のおかげです。


金子太郎の経歴・略歴

金子太郎、かねこ・たろう。日本の経営者、官僚。丸三証券会長。旧制第一高校を経て東京大学卒業後、旧大蔵省、旧環境庁で要職を歴任し事務次官まで務めた。その後退官し、丸三証券のCEO(最高経営責任者)に就任。同社退社後は経済評論家として活躍した人物。

他の記事も読んでみる

横須賀てるひさ(横須賀輝尚)

資格をビジネスにするなら、例えば、営業するにも講師になるにも、「話す力」「聞く力」は必須なので、コミュニケーションに関する資格は取っておくといい。


赤塚保正

よく働く社員たちがいるのは、先代たちがよく働いたからです。だから私も社員の模範にならなくてはいけない。私は先代たちに比べるとまだまだですが、よく働く従業員に恵まれている。大変ありがたいことだと思っています。


原丈人

株主を豊かにすることだけが目的では中長期的視点を持った経営なんてできません。ROE(自己資本利益率)の向上を目標にするのではなく、働く人たちをどれだけ幸せにできたかを指標にするような考え方に変えるべきです。そうしたら企業は中長期に繁栄できると思います。


岩本隆

私は普段は温厚なほうですが、納得がいかないことがあれば、相手が誰であろうとキレる傾向にあります。上司には何度も文句をいったし、外部の方と激しい口論になったこともありました。そのせいか、社内には「岩本を怒らせると危ない」という空気が漂っています。このおかげできつく叱らなくても部下は重く受け止めてくれるようになりました。いつも刀を振り回さずに、ここぞというときだけ切りつける。そうすれば普段は、抜かずの名刀で部下をコントロールできるのです。


出口治明

実はライフネット生命を設立する8年前頃にも、ネットで生命保険を販売するアイデアをかたちにしようと動いていたのですが、その時は時期尚早と判断し、断念しました。風がなければ、凧は揚げられませんからね。


小山昇

失敗したときに見切る早さも大切です。我が社はシニアケア事業にチャレンジしたことがあります。エース級の幹部4人を投入して6000万円かけたものの、結果は大赤字。多少の苦戦は覚悟していましたが、私が考えている以上に市場がニッチでした。これ以上やっても傷口を広げるだけだと判断して、1年で撤退しました。シニアケア事業の社員は、当時伸びていた経営サポート事業に異動させました。その結果、利益が増えて、シニアケア事業の赤字はすぐ取り返せた。見切りが遅かったら、赤字が増えていただけでなく別事業の成長のチャンスも逃していたでしょう。


千玄室(15代目)

日本人の場合は、茶道文化が手近なところにありすぎて、そのよさに気づいていない。しかし外国人の場合は、身近にありません。私たちが差し上げる一服のお茶が、まさに一期一会なのです。ですから、「この人が持っている茶の心を少しでも感じたい」という気持ちでのぞまれます。もちろん、私も同じ気持ちでのぞみ、茶の心を外国の方々に伝えようと努めてきました。


森下篤史

セールスが上手いと言われる先輩に同行して、なぜかレジを売りに行った店で、半日ずっと「どうか買ってください」って先輩と一緒に土下座したりしました。最後に相手が根負けして買ってくれるのを見て、「こんなやり方もあるのか」と驚いたものです。たぶん、こういう技というか、いけるパターンみたいなものは、それぞれが見つけるものでしょう。


三木清

習慣を自由になし得る者は人生において多くのことをなし得る。習慣は技術的なものである故に自由にすることができる。


高城幸司

稼げる力があるビジネスパーソンというのは、まず例外なく「むちゃぶり」がうまい。新しい仕事に次々取り組みながら、ビジネスを軌道に乗せ、「稼ぎ」を大きくしていくには、人の手をどれだけ借りられるかがカギ。時にはむちゃぶりだって厭わない「任せる力」を身につけなければ、自分や組織の「稼ぐ力」も伸びません。


男鹿和雄

自分の意志でタブローを描くのとはぜんぜんちがいますのでね。要求されていることに少しでも近づいて描こうと思えば、自分の描き方だけではなかなかオーケーをもらえないところもあります。


久水宏之

思い切ってチャンスを生かすために必要なこと。それはこれまで経営者を束縛していた様々な前提を、「何のための経営か」という原点から見直し、本来の目標にすべてのエネルギーを集中して、新たな活力を生み出すことである。