名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

金子太郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

金子太郎のプロフィール

金子太郎、かねこ・たろう。日本の経営者、官僚。丸三証券会長。旧制第一高校を経て東京大学卒業後、旧大蔵省、旧環境庁で要職を歴任し事務次官まで務めた。その後退官し、丸三証券のCEO(最高経営責任者)に就任。同社退社後は経済評論家として活躍した人物。

金子太郎の名言 一覧

とくに若い人には、いろいろな人や書物などから経験や知識を吸収し、できる限り健全な常識を身につけてほしいと思います。


このところ、製品の欠陥の隠ぺいや不良品発生の原因の秘匿といった企業の不祥事が相次いでいます。しかし「隠ぺい工作や嘘が発覚したら取り返しのつかないダメージを被る」との常識を経営者が持っていたら、存亡の危機は避けられたはずです。


「常識を疑え」との警句が存在するように、健全な常識と陳腐な通念との判別が難しい場合もありますが、マーケットに関しては、専門家による極論の裏側に健全な常識があるというのが正解のようです。


日本の地価の総額は米国の推定4倍。国土面積は25分の1なので単価は実に100倍です。また、皇居の地価総額は米国カリフォルニア州とほぼ同じ。いくら日本の景気が良いからといっても、こんな異常な格差がいつまでも続くとは考えられません。しかも日本の人口は減少する。従って住宅購入はいま控えるべきです。
【覚書き|バブル経済のピークに社員全員に送った手紙での発言】


メンツや保身、あるいは先輩への配慮といった感情は常識を覆い隠してしまいがちです。それに、丸三証券に移る前、大蔵省に勤務していたときに、日本でも関係者による内部告発が増えたことを目の当たりにし、隠し事はできない時代になったと感じました。ならば、隠したくなる事態の発生を、性悪説に立ってでも事前に回避すべきだと考え、81年に証券会社に転じた際には、自分自身も含め、役員は疑いのもとになるような宴席には出席しないなどガラス張りの経営に努めました。


バブル期に不動産を担保とした抵当証券は一切扱わなかったし、系列のファイナンス会社にも土地がらみの融資は禁止させました。銀行から坪1億円で持ちかけられた新社屋用地の購入も断りました。結果としてバブルの傷は浅くて済みました。おかしいことをおかしいと思う、健全な常識のおかげです。


金子太郎の経歴・略歴

金子太郎、かねこ・たろう。日本の経営者、官僚。丸三証券会長。旧制第一高校を経て東京大学卒業後、旧大蔵省、旧環境庁で要職を歴任し事務次官まで務めた。その後退官し、丸三証券のCEO(最高経営責任者)に就任。同社退社後は経済評論家として活躍した人物。

他の記事も読んでみる

ロバート・キヨサキ

いまは私の時代より簡単にビジネスが興せる。通信コストが安くなり、携帯電話ひとつで世界を相手に渡り合えるようになった。若い人にはチャンスだ。ただし、その際は、他よりも素早くて賢くないと勝てないことも自覚しておくべきだ。


渡邊剛

心臓手術は、メスで体を開く前に勝負が決まっています。一回はじめれば戻れないし、血が止まるまでやめられない。手順が狂えばうまくいかないから、それぞれの作業工程もいかにすばやくまちがえないでやるのかという組みたてを、身体にしみつかせる必要があるんですね。


林高生

トップが目標を掲げて「頑張ろう」と言えば、大半が同じ方向を向いてくれるものですが、必ず何人か、ブレーキをかける人が出てくるのです。「あんなふうに言っているけど無理だよ」とか、「あの人のやり方は間違っている」とか。そういうネガティブな人たちのやる気をどうするかというのは、経営者である自分にとって大きな課題でした。


本庄八郎

取引先とは共存共栄で一緒に大きくなっていく。一方で、苦しいときは苦しいときで互いに応援し合う。


大場満郎

世間体を気にしたり、常識に縛られたりしてはいけない。自分に正直な道を迷わず進め。好きなことをしないと、笑って死ねないぞ。


加藤俊徳

小学校の国語の授業でも5分もしないうちに柱時計に目が行き、カウントダウンが始まっていました。授業を聞くことに集中できない私は、国語が苦手なのだ、と間違って自覚していきました。しかし今、書籍を50冊以上、英語論文など、多くの文章を残しています。私は、国語が苦手だったのではなく、脳の聞く力、聞いて脳に情報を残しておくことが弱かったのです。授業中、先生の話し言葉を聞く力があれば、脳に聞いたことが残ります。脳の聞く力が弱ければ、授業後に何も残っていません。あるのは、授業参加という事実だけです。確かに、参加することには意義があります。ところが、初めて聞くことでも5割頭に残る人と1割しか残らない人では、4割の差が付きます。家で自習して、5割まで理解して初めて、脳の聞く力がある人と肩を並べられます。実際に、高校時代、それほどガツガツ勉強していない友人が高得点を取れるのが不思議でした。授業を1回聞いて頭に残る人と残らない人の差は、脳の聞く力の差だったのです。


中山幸市

商売の基本は、まず大衆に喜ばれるもの、時代の要求を反映したものは何かと考えることである。次に商品がかさばらないで、重くないこと、すなわちカタログ販売できることである。次にできる限り大勢の人の協力を得ること。自分一人でやっても、それはひとつの力にはならないことを知っておくべきである。この際、自分だけいい目を見ようとせずに、協力者と共存共栄をはからねばならない。この原則を守れば、必ず仕事は成功する。


小山昇

社長と社員との価値観を共有させ、社長のコピーを何人つくれるかが、人材教育のミッションです。社長のコピーがいればいるほど組織は堅牢になっていきます。中小企業の場合はとくにそうです。こういう考え方は、価値観の多様化を良しとする昨今の風潮の中にあっては、かなり奇異に受け止められるかもしれません。しかし考えてもみてください。社員各自の価値観を尊重し、それぞれの方針で動くことを認める企業。それは健全なのでしょうか。経営方針を示すのは社長の仕事であり、経営責任をとれるのは社長だけなのです。皆が同じ方向を向くからこそシナジー効果も生まれます。


荒木美也子

観客に媚びる必要はありません。でも、映画は観客に観てもらうためにあるんです。


赤羽雄二

仕事のスピードアップを図るうえで非常に役立つのに、多くの人が十分活用できていない思考法があります。「仮説思考」です。仮説思考をすれば、膨大な時間をかけて完璧な結論を出すのを待たずに動き出せます。もちろん仮説は外れることもありますが、動き出すのが早ければ修正も速やかにでき、目的の達成にかかる時間を大きく短縮できます。


さいとうたかを

普遍的な「人間の根源」みたいなものからドラマを考えないといけない。善悪の解釈にしたって何にしたって、その時代その時代全部変わっていくわけだから。


天坊昭彦

出光では、失敗を激しく責めるということはありません。ただし、失敗して「すみません」と頭を下げればいいかといえば、そうではないのです。失敗をいかに次への教訓として活かすか、失敗を糧にしていかに自分の肥やしにしていくか、そこが大切です。出光では、失敗をした人がいったい何を得たのかということを重視します。