名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

金子博人の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

金子博人のプロフィール

金子博人、かねこ・ひろひと。日本の弁護士。金子博人法律事務所代表。神奈川県出身。早稲田大学法学部卒業、同大学院修士課程修了。国際旅行法学会(IFTTA)理事、東京工業品取引所市場取引監視委員会委員などを務めた。

金子博人の名言 一覧

イノベーションは、既存組織では育たない。シーズが見つかれば、社内ベンチャーとして既存組織から独立させて育てる必要がある。社外にスピンアウトさせたほうが効果的なことも多い。


イノベーションは、失敗の山の中から生まれるので、失敗は次の成功の糧になればよいという文化が必須。


イノベーションはシナジーとは関係ない。イノベーションはシナジーを超えた新たな分野を開拓するものなので、シナジーが効くわけはない。


イノベーションのシーズが見つかったら、それを既存組織の外に出し、社内だけでなく外からも人材を集め、独立させて育てる必要がある。


GEのリーダーシップのトレーニングで注目すべきは、外部の実例だけでなく、自社の問題点も議論することだ。これをすれば、社員が常にCEOと同じ視点で会社のチャレンジに向き合うこととなる。


インダストリー4.0はドイツの用語だが、このトップランナーは、アメリカのGEであろう。トップランナーになる企業は、企業内にそれだけのものを持っている。「日本には日本のやり方がある」などと自惚れていないで、謙虚にGEを研究すべきではなかろうか。


「自前主義」は、自社内の人材と技術に頼ろうとするものであるが、どんなに頑張っても、既存組織内では、既存技術の改良すなわちインプルーブメントしかできず、イノベーションはできないのだ。


日本でチームワークといえば、「和」が最高の徳目である。しかし、コンフリクト(衝突・葛藤)は「和」の最大の敵である。となれば、日本式チームワークが効率よく機能するほど、顧客の欲しているものが見えなくなり、「いいものを作れば売れるはず」という、一人よがりの発想がはびこることとなる。高くて使い勝手の悪い製品を顧客に押しつけることとなる。


GEにおけるリーダー育成の特徴は、若いうちから様々なチャレンジを与えて、その成果を公正に評価し、見込みのある人材には次のチャレンジを与えて経験を積ませていく。困難な仕事に挑戦させ、失敗しても復活のチャンスが与えられる。優秀なら、40代から子会社の社長その一方で、リーダーシップのトレーニングを課すのだ。GEはチャレンジとトレーニングの双方が、リーダーの養成に必要と考えている。


将来の不採算部門を処分して、有望部門に経営資源を移動するような戦略が不可避である。ところが日本企業はこれができない。今の不採算部門はかつての稼ぎ頭だったところが多い。「俺たちの貢献を無視するのか。今あるのは俺たちおかげのはずだ」となる。日本のエレクトロニクス企業が、テレビやパソコンを切り離せなかった理由がここにある。東芝が原発でつまずいたのも同じ理由だ。


金子博人の経歴・略歴

金子博人、かねこ・ひろひと。日本の弁護士。金子博人法律事務所代表。神奈川県出身。早稲田大学法学部卒業、同大学院修士課程修了。国際旅行法学会(IFTTA)理事、東京工業品取引所市場取引監視委員会委員などを務めた。

他の記事も読んでみる

小池百合子

英語は世界で成功するための「パスポート」。国際会議に出席すると、英語が重要なコミュニケーションツールになっていることを実感します。公式・非公式を問わず、世界中の人々がやりとりに使うのは、やはり英語です。


坂本孝

私が実践して効果的だと感じているのは、ストーリーを語ることです。計画を実行することで、参画した人がどのように幸せになるのか、また世の中がどう変わるのか。「この指止まれ」と仲間を集めるなら、このビジネスを実現させた先にはみんなの幸せがあるというサクセスストーリーを示し、それを共有することが大切です。ストーリーを語らずして、自分より優秀な仲間を集めることは難しいでしょうね。


弘兼憲史

面倒なことをしてまで、年配者に取り入りたくないという人もいるでしょう。しかし、年配者は経験が豊富で、人脈もある。長年培ってきたその宝を自力で手に入れるのはやはり大変ですから、年配者たちが持っている宝を有効に使わせてもらわない手はない。


矢部輝夫

危険で汚い仕事だと思っている限り、何も変わらない。服装を変えることで、自分たちは「お掃除屋」ではないと思ってもらおうと考えた。人は着るもので変わりますから。同時に、整備係を「技術サービス係」に、東京クリーンセンターを「東京サービスセンター」に変え、名前からも意識の変革を促しました。


谷井昭雄

人間、逃げられない立場に置かれると、知恵が湧いてくる。


岡素之

私は製造会社の経営と商社の経営はかなり異なると考えています。製造分野に進出する場合はキリウ(買収したブレーキ部品メーカー)の経営陣のようにしっかりと製造の経験ができるパートナーの存在が重要な要素になると思います。


村田昭治

学ぶことを忘れるとき、人間は死んでいる。人間が死ぬのは学ぶこころを失ったときだ。


宇佐美進典

大事にしているのは誠実さです。人、事業、取引先、ユーザー、クルー、そして自分自身に対しても誠実さを持ち続けていくこと。


丹下大

ソフトウェアテストを誰もやりたがらないのは、一言で言うと、単純作業で知的に見えないのです。だからこそ、そこに自分の会社のエンジニアを使いたくないのです。以前、ある上場企業の社長から食事に誘われたのですが、この会社は当時株価がすごく低迷しており、当社からヒントをもらいたいということでお会いしました。ただその方が最後にこう言ったのです。「よくそんなつまんない仕事やっているよね」と。私はその言葉を聞いたときに、やっぱりこの仕事は当社しかできないと確信しましたし、同時にこの方はだからビジネスがうまくいっていないんだなと思いました。


保坂隆(精神科医)

理不尽な説教をされていると感じたときは、自分の意識を上へ上げて、自分と上司を天井のあたりから見下ろしていると考える。2人の寸劇を眺めているつもりになってみてください。そして「この上司は部下を怒鳴っているな。昨日、夫婦ゲンカでもしたのかな」など、自分が説教されている状況を客観的に分析。叱られていても、まるで他人事のような感覚になり、大きなダメージを受けずにすみます。


木村尚義

日本のメーカーが必死で市場調査をし、顧客の嗜好を分析しているとき、スティーブ・ジョブズは「自分だったらこういう携帯があったらいいな」とほとんど前提条件もないまま自由に発想しました。機能やデザインをなるべくシンプルに、よりシンプルにと絞り、「お客さんがやりたいことをすればいい。それぞれ自分の好みに応じてカスタマイズすべきだ」と考え、利用者があとからアプリケーションを入れていく方法にしたのです。


山崎将志

部下の時間を奪う上司の口癖があります。「じゃあ、みんなで話すか」です。みんなで話すこと自体はいいと思うんですけど、ノーアイデアで臨まれても困ります。10人集めたら、10人×1時間で10時間。10万円くらいの価値があるってことですよ。部下も部下でそれぞれみんな仕事があるし、巻き込んで仕事をしているふりをされるのは迷惑です。