金子勝(経済学者)の名言

金子勝(経済学者)のプロフィール

金子勝、かねこ・まさる。日本の経済学者。「慶應義塾大学経済学部」教授。東京都出身。東京大学経済学部卒業、東京大学大学院経済学研究科単位取得満期修了。東京大学社会科学研究所助手、茨城大学人文学部講師、法政大学経済学部助教授・教授などを経て慶應義塾大学経済学部教授。

金子勝(経済学者)の名言 一覧

いま自分のことを簡単に「負け組だ」と言う人が増えている。それじゃダメ。やりたいことをやるためには、失敗や挫折を怖れず、根拠がなくてもいいから自信を持つべきだ。


周囲の目を気にせず、自分の中の蓄積で勝負するしかない。


難しいことを難しく表現するのは意味がない。本質的な理論をいかにシンプルに、突き抜けた表現をできるか、というのが理想。


「物事の要因は複数ある」ということを知るべきだ。あらゆる情報の奥にどんな問題が含まれているのか、本質を複合的に考え抜く。そんな視点を、若いビジネスマンも持ってほしい。


まずは「みんなが同じ方向を向いていたら疑ってみる」こと。テレビや新聞の8割が同じことを言い始めたら信じない方がいい。海外の報道を照らし合わせてダブルチェックすべき。


オレは学者だけど基本的によどみなく言いきるタイプ。だから「辛口ですね」なんて言われる。でも実際は、政権や体制にこびるのではなく、国際的な情勢を踏まえて発言しているだけだよ。


オレはね、自慢じゃないけど中高一貫の国立進学校も、東大でも、大学院の試験も、助手の試験も、人生において試験はすべて一発でパスしてきた。当時は頭でっかちの、本当にイヤなヤツだったね。自分の先輩や先生たちが信望する考え方をみんな批判し、言い負かすような若造だった。そして気がつけば、助手の任期を終えると東大から追い出されていた。要するに「ほされた」んだよね。その後はしばらく、池袋の職安に通いながら、家計は妻に頼る日々。そんな状態だから、妻と娘が実家に帰ってしまうこともあった。しょうがないからオレも彼女の実家に行くとね、うちの食卓には決してあがらないマツタケごはんなんかが出ているわけだ。娘なんて、「おばあちゃん、またマツタケごはん?」なんて言うわけだよ。その時の屈辱感ときたらなくてね。30歳にして味わった最初の挫折だったけど、そこでなにかがふっきれた。ただ相手を負かすために声を張り上げるんじゃない、自分の知識を信じて、自信を持って自分にとっての「正論」を説いていこうと決めた。


金子勝(経済学者)の経歴・略歴

金子勝、かねこ・まさる。日本の経済学者。「慶應義塾大学経済学部」教授。東京都出身。東京大学経済学部卒業、東京大学大学院経済学研究科単位取得満期修了。東京大学社会科学研究所助手、茨城大学人文学部講師、法政大学経済学部助教授・教授などを経て慶應義塾大学経済学部教授。

他の記事も読んでみる

飯島英胤

人事部長たるもの、社内のどこにどんな人材がいるのか、その性格、能力、特性、実績について常につぶさに把握し、いつでも経営トップに「その事業ならこの人物に任せるしかありません」と提案できるよう、人事部を戦略的な組織に育成しておく必要があります。


山谷親平

お互い黙っていてはわからない。自分の話し方に磨きをかけるしかないだろう。


榊原英資

出世でも何でも、人生は思う方向へは進まないもの。僕も東大に入ったときだって、最初はフランス文学をやるつもりでしたからね。


田中仁(経営者)

誰かが何かを実現すれば、それに呼応する人が少なからずいるはず。


檀れい

宝塚は伝統的に上下関係や礼儀作法に厳しいですね。でも、そこで生み出される団結力があるからこそ、個性的なタカラジェンヌが、結集してひとつの夢の世界を創り上げられるのだと感じます。


安東邦彦

大切なのは「売る物」ではなく「価値を提供する売り方」。これが、いまの時代に求められる営業力。


丸谷智保

今後は、顧客の来店回数を増やすことに力を注ぎます。クラブカード会員の来店回数は平均で年42回ですが、これを365回(毎日)に増やすことが目標です。既に、朝・昼・晩と3食をホットシェフで済ませる顧客もいます。そのような地域密着のサービスを提供できるのも、全国チェーンでは気が付かないニーズに応えられる地元のコンビニだからでしょう。


松井道夫

これからは「個」の時代です。組織を構成する一人一人が主体性を持って行動できなければなりません。明治維新などの過去の「革命」の例を見ても、「個」が組織を利用して改革を成し遂げたのであり、今まさにそうした発想ができる人間が求められています。


石井裕(工学者)

MITの学生は女子が半分以上を占めます。教授にしても、できるだけ多様な人種に対して広く門戸を開こうと努力しており、同じ実力であれば積極的に女性や黒人全く異なる世界から来た人などマイノリティーを採用する。それは価値観の異なる人々がぶつかることで、知の創造性が活性化されるという信念を持っているからです。


俣野成敏

リストラ候補になったとき、社内ベンチャーに応募したんです。すぐに起業する自信はない。でも、いずれは会社に頼らなくてもいいくらいの力をつけたい。その妥協策として、まず会社の中で、起業家のつもりで働いてみようと考えたのです。僕が提案したのは「メーカー直営のアウトレット流通チェーン店」というビジネスモデルです。おかげでこの事業は成功し、僕は最年少で会社役員に昇格。でも、出世だけでは計り知れないほど、得たものは大きかったですね。


森辺一樹

先進国であれば、「品質がよければ当然価格も高い」が通用するが、新興国はそうはいかない。新興国では新興国に合った価格戦略が必要。


小林栄三

人は皆それぞれにいいところと悪いところを持っています。悪いところは組織で補えるわけですから、いいところを伸ばせばいい。しかし逆に言うと4000人いれば4000人のいいところがあるということは、一人一人が勉強して、それなりのプロにならなくてはならないということです。


宮﨑大輔(宮崎大輔)

ラグビーはあんなに体格のいい選手からタックルされても、小柄な選手が倒れず走り抜けたりするじゃないですか。あれは足の運びにヒントがあるんです。ハンド(ボール)では相手を抜くとき、自分の肩を相手の裏に入れます。肩さえ入ればシュートが打てますから。でも肩を入れるには、どちらかの足を前に出さなきゃいけない。すると足の並びが一直線になってしまう。この体勢は綱渡りと同じ。すごくアンバランスなんです。でもラグビーはそうじゃない。足は必ず縦に平行になるよう出してました。肩よりも足を先に入れちゃうんです。これならぶつかってきても踏ん張れる。スペースに入るための一歩目の出し方の練習とか。参考になりました。


アンリ・ドゥ・キャストゥル

アクサは非常に規模の大きいグローバル企業ですから、リスクを分散できます。少ない資本でも同じ規模のビジネスが、あるいは同じ資本であればより幅広くビジネスが可能になる。


本田直之

幸せな生き方に変わる3か条。

  1. 本当に大切なものを選ぶ。いまの仕事、人脈、給料……、自分にとって本当に大切なものは何か棚卸ししてみる。
  2. 自分のルールをつくる。世間一般でいわれている常識も、誰かが勝手に決めたことに他ならない。他人のルールにとらわれず、自分のルールをつくるべし。
  3. 稼ぐ力をつける。現状に不満があっても変えられないのは、自分に自信がないから。稼ぐ力を身につければ、我慢して雇われている必要もなくなる。

ページの先頭へ