名言DB

9412 人 / 110637 名言

金子兜太の名言

twitter Facebook はてブ

金子兜太のプロフィール

金子兜太、かねこ・とうた。日本の俳人。埼玉県出身。幼少期から俳句に接する。東京帝国大学経済学部卒業後、日本銀行に入行。海軍主計中尉として太平洋戦争従軍を経て日本銀行に復職。日銀に勤めながら俳句を制作。数多くの賞を受賞した。

金子兜太の名言 一覧

人に認められる能力を磨き、目をかけてもらう人がいれば、自分の目指す道を貫ける。


太平洋戦争で私は南方のトラック島に配属されました。餓死していく者たちなど、そこでいやというほど人の死に接してきました。そんな経験をしたからでしょうか、殺戮(さつりく)死でなく自然死なら平穏に受け止められるのです。妻を亡くした時も、10年間の闘病生活があったこともあり、平静でした。


私は朝の時間に、立ったまま集中する立禅をします。その際に雑念を払うため、私は亡くなった人たちの名前を唱えています。するとその人たちとつながりを感じられるようになり、心に安らぎがもたらされます。95歳になった今でも元気でいられるのは、立禅によって心の平穏を保てることも影響しているかもしれません。


日銀マンから写真や絵画の道に転じるような人たちがいました。日銀人生に見切りをつけていく人を見て、「自分も」と考えたのですが、ある時、それが滑稽に思えるようになったのです。どんなに高邁な目標を掲げようとも、お金がなくて女房や子供を路頭に迷わすようなことになってしまえば、何の意味も持たないからです。受賞したとはいえ、俳句で家族を養えるという確信は持てませんでした。仮に月に10句、新聞に掲載されたとしても、日銀の給与の10分の1にも届かない。当時、私は幼稚園児の長男を抱えた身。だから家族を守るためには日銀に勤め続ける。しかし、俳句や俳論を窮めるためには、日銀での出世を追うことは決してしない。その決心が「俳句のために日銀を食い物にする」だったのです。


私は日銀在職中に「俳句のために日銀を食い物にする」と宣言していました。友人から「そんなふうに言うのはよした方がいいよ」と、たしなめられることがありました。でもこれは俳人として歩むためには、たとえ同期や後輩に差をつけられようが日銀マンを貫くという決心を示した表現だったのです。


金子兜太の経歴・略歴

金子兜太、かねこ・とうた。日本の俳人。埼玉県出身。幼少期から俳句に接する。東京帝国大学経済学部卒業後、日本銀行に入行。海軍主計中尉として太平洋戦争従軍を経て日本銀行に復職。日銀に勤めながら俳句を制作。数多くの賞を受賞した。

他の記事も読んでみる

成毛眞

一言でいうと、クリエイティブ・クラス(各分野を動かすコアとなる人たち)は社交性のあるオタクです。一人で引きこもって何かに熱中するから、人より秀でることができます。かといって、自分だけの世界に閉じこもってはいないから社会に影響力を持てるのです。またある種の子供っぽさも持ち合わせており、心から楽しいと思える仕事に集中します。


米山公啓

仕事で高いパフォーマンスを発揮するために大切なのは、脳のリズムに合わせて、仕事のリズムを作ることです。


木皿泉(妻鹿年季子)

若い時は日常なんて退屈で大嫌いでした。


秋元義彦

パンづくりの修行後、栃木に戻り父と始めたパンの移動販売は、とても好評でした。しかしパン業界はその後、苦戦を強いられます。かつてパン屋の競合はパン屋でしたが、それが変わり始めたのです。まず、パンよりもスナック菓子でお腹を満たす人が増えた。また、若い人の食事が一日三回から二回に減少。さらに、ファストフード店が台頭しました。そして、今のパン屋の最大の競合はコンビニです。店舗の近くにコンビニができると、経営はきわめて厳しくなる。そのため、まちのパン屋さんには、「プラスアルファの発想」が必要です。


山本ケイイチ

運動そのものによる心身の健康がスポーツの効果です。運動を一人ではなく、友人やチーム仲間と行う場合は、別の効果があります。約束事や計画に沿って運動することで、継続性という二次的な効果につながるのです。また、皆で楽しむという行為が、相乗効果も生みます。


黒鉄ヒロシ

笑いは、ハッピーのバケモノ。生の爆弾。ひたひたと笑いがこみ上げるときのエロティックな満腹感。人間、笑いがあるから生きていられるのかもしれない。だから、僕の漫画の軸もずっと笑い。そこはブレずに描いている。


すはらひろこ

衣類はかさばるし、季節モノがある。そのため、何をどれだけ持っているか把握しにくく、同じようなものを複数買ってしまいがち。持っている点数が多いと、1点ごとの損傷が少なく「もったいない」と感じ、なかなか捨てられない……。衣類は最も整理の難易度が高い対象と言えます。衣類が片づけば、家の中は8割片づいたと考えてもいいでしょう。


C・W・ニコル

これから、様々な壁との戦いがあると思います。でも、もう何も怖くありません。神様がニコルにあと何年くれるか分かりませんが、勝つ自信はあるんです。


ヘンリー・フォード

汽車のように早く、そして馬のようにどこへでも走れる乗り物が欲しい。


吉田直人(経営者)

ゲーム会社を経営していた1995年に喉頭がんになり、声が出ない、食べられない状況で85キロあった体重が60キロまで落ちました。病気のことは社員に黙っていましたが、今考えると社員は薄々感づいていたと思います。結婚もしていなかったですし、子供もいなかったので、とにかく「作品を残して死のう」と思っていました。


北尾吉孝

新たにSBIグループに入った新卒社員にはみな隔週で課題レポートを提出してもらい、私がすべて目を通すようにしています。もちろんこれは新人教育でもありますが、実は私自身が若い人から情報を得る場でもあります。若い人は感性が鋭く新たな発見を得られますし、幼い頃よりネットに親しんでいるため、我々とは感じ方が違います。読む時間を作るのは大変ではありますが、若い人が何に関心を持っているかも学べます。


佐藤天彦

長期戦のつもりで自分の土台づくりに努め、実力をつけていけば最終的な勝ちにつながる。


宇佐美進典

2009年当時、売上げの約3分の1を占める検索エンジン関連事業がありましたが、ヤフージャパンとグーグルの提携により事業継続が難しいという状況に陥りました。私たちは、「ハリケーン」と呼んでいますが、ビジネスでは、予期せずに外的環境がある日突然変わってしまうことがあります。もし、あの時に立ち止まっていたら今のボヤージュは存在しません。


廣瀬光雄

ジョンソン・エンド・ジョンソンは、とにかく成長したら分社して自分の目に叶う人材に権限委譲して経営は任せる。それこそが、会社が長期で安定して成長する方法だということを徹底していた。


アンジェロ・ボナーティ

不景気だからといってネオンを消してしまえば街は真っ暗になってしまい、何も見えなくなります。だから私は、ネオンをつけたまま、あらゆるリスクに対処していくつもりです。