名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

金光サリィの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

金光サリィのプロフィール

金光サリィ、かねみつ・さりぃ。メンタルコミュニケーショントレーナー、あがり症克服専門家。エリザベト音楽大学卒業。商工技能振興会勤務、カフェエスプレッシーボ開業などを経てヴィゴラスマインドを設立。

金光サリィの名言 一覧

日頃から「でも」「だって」「どうせ」のようなマイナスの言葉を使っていたら、言うのをやめてください。そして、反省する癖もあるようなら、それもやめましょう。


「緊張しなくなってから人前で話したい」という人がいますが、それではいつまでたっても克服できません。近い将来に本番があってこそ、臨場感を持って準備に取り組め、その効果が高まります。


新しい行動を始めたら「こんなことをしてもムダ。やめてしまえ」という心の声が聞こえるかもしれません。人間の本能は無事に生きられている今を安全と捉えているため、変化を感じるとストップさせ元に戻そうとするのです。いわゆる三日坊主の原因です。それでもやめずに続け、変化した状態のほうが安全だと脳が認識するまでトライし続けましょう。


「あなたはどんな人ですか?」と聞かれたときの答えが、あなたのセルフイメージです。人はこのイメージに則って振る舞う傾向があります。例えば「私は本を読まない人間だ」と思っている人は、誰に止められているわけでもないのに本を読みません。あがり症の人は、「私はあがり症だ」などのマイナスなセルフイメージを、「私は人前で話すのが好きだ」のように、なりたい新しいセルフイメージに書き換える必要があるのです。


多くの人が間違うのですが、あがり症を治したいと思うと、つい上手に話すことを目指してしまいがちです。上手に話すことを目指しても、あがり症はなかなか克服できません。一見、上手に話せていても、実はあがり症で困っている人もいます。


万歳のポーズで顔を天井に向け、思いっきり笑顔をつくってみてください。その状態で、最近あった悲しい出来事を思い出してください。いかがですか? 悲しい感情にアクセスできなかったのではないでしょうか。逆に、なんだか楽しい気持ちになってきませんか。なぜならこの姿勢や表情は、人間の「快」の気持ちとリンクしているので、楽しい気持ちが自然と湧いてくるのです。


あがり症の人は他人の話を聞くとき、「今、詰まった。硬くなっているな」と緊張しているかどうかを気にしたり、「あの人よりこの人のほうが上手いな」などと評価しがちです。すると自分が人前で話すとき、みんなもきっとそうやって自分が緊張しているかどうかを見ている、上手いか下手かを評価していると錯覚してしまい、それが過度のプレッシャーとなってあがりをより誘引します。それらを全部やめて、聴衆のなかで一番いい、肯定的な聞き役を演じてみましょう。笑顔で「なるほど」とうなずきながら聞く。これを繰り返すことで、人は肯定的に話を聞いてくれるものだと思えるようになり、今までよりも、ずっとラクに話せるようになります。


金光サリィの経歴・略歴

金光サリィ、かねみつ・さりぃ。メンタルコミュニケーショントレーナー、あがり症克服専門家。エリザベト音楽大学卒業。商工技能振興会勤務、カフェエスプレッシーボ開業などを経てヴィゴラスマインドを設立。

他の記事も読んでみる

朝倉千恵子

人は学歴ではなく、いかに生きるか。


宮嶋宏幸

権限を委譲して、従業員が経験し考えたことを実現させる。そうすれば、彼らは成長の実感を得られるでしょう。それこそが専門性を磨くということであり、仕事のやりがいにつながるのだと思います。


高城幸司

自分が置かれた状況を冷静に判断しておく必要がある。正論を使っていいのは、それが自分にとっての「追い風」になる時だけ。正論を貫くと、うっとおしがられて「向かい風」になる恐れがあることを踏まえておくべきです。


大山健太郎

昔はホームセンターで園芸用品を売っていませんでした。ホームセンターというのは、「Do It Yourself(DIY)」なんですね。そう考えると、園芸もDIYだと。まあ、屁理屈ですが、種も水やりして肥料をあげたら成長するDIYでしょと。だから、育てる園芸はDIYだと。これはペットもそうなんです。アイリスがペット用品を扱い始めた当時、ペット用品はペットショップでしか扱っていなかった。昔は犬や猫はお店で売っていなかったので、ペットショップといっても小鳥屋さんが中心です。だから、犬小屋も店では売っていなくて、みんな自分で作っていたわけです。そういう時代に、子犬を育てて大きくする。つまり、ペットもDIYだと。それが今では、園芸もペットもホームセンターが一番メインの売り場になっています。おそらくアイリスが参入しなければ、こうはならなかった。


塚越寛

当社は海外に4つのパートナー工場を持っていますが、いずれも40年を超える長い付き合いをしています。その中の1つにインドネシアの工場がありますが、初めて出向いた時、私はほとんど報酬を受けずに基本的な技術指導をしました。徐々に現地社員の信用を得られるようになり、経営指導を受け入れてくれるようになりました。このように、信頼関係を大切にする考え方が、長い付き合いを可能にしているのだと思います。


鈴木あや(IBM)

私はどんなに忙しくても、話しかけにくいオーラを出さないように心がけています。感情の波が激しく、部下に「今日は機嫌が悪そうだから報告はやめておこう」と顔色を窺わせる上司などは論外です。


知識賢治

用意した言葉ではとても足りないと思わされる場面もたびたび経験しています。一番印象に残っているのは、社長に就任して初めて、社員たちの前で話をしたときのこと。壇上に立ち、社員たちの顔をみた瞬間、用意していた原稿の内容はすべて吹っ飛びました。「自分たちはこれからどうなるのか」とすがるように私をみる目や、「こんな若い社長で大丈夫なのか」と疑う目をみたとき、用意した言葉では全然足りないという想いが湧き上がってきました。そして、「この会社は絶対に潰さない。私は死んだ気になって一生懸命やります。だからみなさん、私についてきてください!」という言葉が出たのです。すると、誰からともなく拍手が湧き起こり、会場全体に広がっていった。その様子は、いまでも忘れられません。「じつは会社を辞めようかと考えていましたが、あの言葉を聞いて、もう一度頑張ろうと思いました」と私に打ち明けてくれた社員もいました。


西野朗

1日数回行う全体ミーティングで意見を出し合うようにしたが、その場では結論を出さなかった。ミーティングでは戦術ボードを使って、選手に見立てた磁石を動かして意見を言うが、各自の主張はいつもボードの上ではすべてが成り立ってしまう。だからこそ、方向性の決断はミーティングではなく、ピッチの上で出すようにしていた。実際に出てきたやり方で動いてみて、「これは試合の中でうまくいく」「これはうまくいかない」と。机上ではなく、実際に体を動かしてプレーの選択肢を広げていった。


池谷裕二

サイエンスの研究に対する評価というのは、論文の成否に左右されるものです。私も、2004年に『サイエンス』(世界最高峰の科学雑誌)に論文が載ったからこそ、研究を進められているのです。もしも結果が出ていなければ、今頃、研究費に飢えていたであろうというのは容易に想像ができます。


チャールズ・ケタリング

発明家は、学校で教わったことなど、あまり重視しない。


渡部昇一

これからの社会は「良く詰まった頭脳タイプ」より、「よく働く頭脳に属する人物」を必要としている。求められているのは官僚型より企業家型である。


榎本博明

大切なのは、「人からどう見られるか」ではなく、「自分が納得できるか」ということ。そのためには、比較対象を他人ではなく、自分にすればいい。理想の自己イメージを明確にして、その理想と現実の自分の言動を比べてみる。たいていは「まだまだ未熟だ」「もっと頑張れる」と、理想と現実とのギャップを感じるはずです。そのギャップを埋めようとする気持ちが向上心を刺激し、人格的成長や仕事力アップへとつながっていくんです。