金光サリィの名言

金光サリィのプロフィール

金光サリィ、かねみつ・さりぃ。メンタルコミュニケーショントレーナー、あがり症克服専門家。エリザベト音楽大学卒業。商工技能振興会勤務、カフェエスプレッシーボ開業などを経てヴィゴラスマインドを設立。

金光サリィの名言 一覧

日頃から「でも」「だって」「どうせ」のようなマイナスの言葉を使っていたら、言うのをやめてください。そして、反省する癖もあるようなら、それもやめましょう。


「緊張しなくなってから人前で話したい」という人がいますが、それではいつまでたっても克服できません。近い将来に本番があってこそ、臨場感を持って準備に取り組め、その効果が高まります。


新しい行動を始めたら「こんなことをしてもムダ。やめてしまえ」という心の声が聞こえるかもしれません。人間の本能は無事に生きられている今を安全と捉えているため、変化を感じるとストップさせ元に戻そうとするのです。いわゆる三日坊主の原因です。それでもやめずに続け、変化した状態のほうが安全だと脳が認識するまでトライし続けましょう。


「あなたはどんな人ですか?」と聞かれたときの答えが、あなたのセルフイメージです。人はこのイメージに則って振る舞う傾向があります。例えば「私は本を読まない人間だ」と思っている人は、誰に止められているわけでもないのに本を読みません。あがり症の人は、「私はあがり症だ」などのマイナスなセルフイメージを、「私は人前で話すのが好きだ」のように、なりたい新しいセルフイメージに書き換える必要があるのです。


多くの人が間違うのですが、あがり症を治したいと思うと、つい上手に話すことを目指してしまいがちです。上手に話すことを目指しても、あがり症はなかなか克服できません。一見、上手に話せていても、実はあがり症で困っている人もいます。


万歳のポーズで顔を天井に向け、思いっきり笑顔をつくってみてください。その状態で、最近あった悲しい出来事を思い出してください。いかがですか? 悲しい感情にアクセスできなかったのではないでしょうか。逆に、なんだか楽しい気持ちになってきませんか。なぜならこの姿勢や表情は、人間の「快」の気持ちとリンクしているので、楽しい気持ちが自然と湧いてくるのです。


あがり症の人は他人の話を聞くとき、「今、詰まった。硬くなっているな」と緊張しているかどうかを気にしたり、「あの人よりこの人のほうが上手いな」などと評価しがちです。すると自分が人前で話すとき、みんなもきっとそうやって自分が緊張しているかどうかを見ている、上手いか下手かを評価していると錯覚してしまい、それが過度のプレッシャーとなってあがりをより誘引します。それらを全部やめて、聴衆のなかで一番いい、肯定的な聞き役を演じてみましょう。笑顔で「なるほど」とうなずきながら聞く。これを繰り返すことで、人は肯定的に話を聞いてくれるものだと思えるようになり、今までよりも、ずっとラクに話せるようになります。


金光サリィの経歴・略歴

金光サリィ、かねみつ・さりぃ。メンタルコミュニケーショントレーナー、あがり症克服専門家。エリザベト音楽大学卒業。商工技能振興会勤務、カフェエスプレッシーボ開業などを経てヴィゴラスマインドを設立。

他の記事も読んでみる

ドン小西(小西良幸)

僕が自分の会社を起こしたのは、31歳の誕生日の直前のことです。それまで勤めていたアパレル会社での仕事は順調でしたが、どうしても自由に自分の服づくりがしたかったのです。会社からは「給料を倍にするから」と引きとめられたけれど断りました。純粋だったんですね。それはいまでも変わっていませんが(笑)。


上原美優

1日の終わりにノートをつけます。「誰がなんと言おうと今日の仕事は完璧だった」と思える日以外、ほぼ毎日書いています。その内容は、番組で言いたくても言えずに後悔した言葉とか、反省して悩んだ結果、考えたこととか。そして番組の本番前、トイレの中でノートを読み、集中力を高めるのに役立てています。とくに書き始めた当初のノートは、「今日は駄目だったけどいつか自分の描く夢を大きくしたい」という強い思いが書かれていて、私にとって最も大事なものの一つになっています。


山本良一(経営者)

思い出に残っている仕事は、奥田(務)前CEO(最高経営責任者)のもとで営業改革を担当したこと。自分自身も一番勉強したし、仕事自体もチャレンジングなものだった。当初「最大の顧客満足を最小のコストで実現しなさい」「仕事の業務運営はゼロから見直して、効率的な方法を考えなさい」というミッションを与えられた。ただ具体的な問題はわからないし、答えもない。自分で問題を探して、答えを書く。そこでどうするか。現場の分析から始まって、百貨店がどんなコスト構造になっているのか、どんな仕事のやり方なのかを徹底的に研究しました。


梅野勉

私自身、現職に就く際は、ホンダでの実績をすべて捨てました。当社の顧客は何を求めているのか、ディーラーのモチベーションはどうなのか、一から聞いて理解するところから始めたのです。


方永義

時代は日々進化しています。チャンスを生かし常にステージを上げて行けば、売上高1兆円は不可能な数字ではありません。宮城の会社や日本の会社ではなく、世界の会社にする。それに向かって進んでいく。


臼井由妃

ビジネスの文章は理解してもらうだけでなく、記憶に残してもらうことが大事です。とくに、毎日何枚もの書類を目にしなくてはならない上司が相手なら、ほかの書類に埋もれないよう、インパクトのある表現を使うことも考えておきましょう。


武藤清栄

初対面でもお互いに緊張がほぐれれば、相手も気持ちよく話ができますし、こちらも相手の反応を過度に怖がる必要がなくなります。前置き言葉(「ちょっとお話してもいいですか」「自己紹介をしてもよろしいですか」などの会話前のクッションとなる言葉)や笑顔を意識して、自分の緊張も相手の緊張もほぐすことで、初対面の人との会話もスムーズに進めることができるでしょう。


嶋浩一郎

結論を先に言うことは、参加する人たちの温度差をなくすのにも役立ちます。たとえば、いろいろな部署の人たちが参加している場合、部署によって事前の情報の伝わり方にばらつきがあります。プレゼンがあることを、その日に初めて知った人もいるかもしれません。そこで、そのプレゼンがどういう課題解決のためのものなのか、つまり、「ミッション」を提示するべきなのです。


佐野章二

7年間、都市計画コンサルティング会社で経験を積ませていただき、もう一人立ちできるなと思い独立しました。自分の中では「人生38度線説」というのがありまして。38歳になったら独立すると決めていたわけです。何の根拠もないけど(笑)。


五十嵐茂樹

一つひとつの業態には寿命がある。時代のニーズに合わなくなり劣化、言うなれば出口業態となる危険性を常にはらんでいる。


羽鳥兼市

会長や創業者が元気なうちに退けば、後継者にチャレンジさせ、失敗させる余裕がある。気力と体力が続くまで頑張って退けば、後継者には失敗が許されなくなる。それでは結局、次の経営者が育たない。


田中良和(GREE)

会社とは業態を転換していくものです。グーグルは検索の会社ですが、今や世界最大のOSメーカー。アップルはPCメーカーから携帯メーカーになりました。昔はソニーというラジオの会社がやがてゲームや映画を手がけるとは誰も思わなかったでしょう。


茂木健一郎

従来の教育は、与えられたルールの中で正確な答えを出す人が優秀とされてきました。でもこれはまさにAIが得意としていること。今後はルールの中で高い成績を上げられる人ではなく、自らルールを作れる人が生き残っていけます。既存の枠組みの外に出て物事を考えられる「アウト・オブ・ボックス思考」が求められているともいえます。


坂戸健司

同じ仕事をしていても、ある人は結果を出し、ある人は出ない。その差はどこにあるか。1つは発見力の違いであることが多い。発見力が高いと、多くの人に見えていないものが見え、観察が鋭くなり、目のつけどころが変わる。結果、情報収集はもちろん、発想や問題解決、気配りなどといった様々な能力が高まる。


大西洋

一度プライスラインを下げてしまうと、店の格が落ちてしまうので、再び上げるのは難しい。デフレ局面でも「プライスラインは動かすな」と厳命していました。


ページの先頭へ