金井英之の名言

金井英之のプロフィール

金井英之、かない、ひでゆき。日本のビジネスコーチ。トーク&コミュニケーションアカデミー学院長。東京出身。日本大学経済学部卒業。トーク&コミュニケーションアカデミーを設立し、話し方教室を多数開設。企業やビジネスマンに対して話し方を教えている。著書に『どんな人とでも会話がとまらず話せる本』『人前で3分、あがらずに話せる本』『仕事でいちばん大切な話し方の基本45』『どんな人とでも10秒でうちとけて話せる本』『人前でビクビクオドオドせずに話せる本』『人前で話すのがラクになる本』『スピーチのコツが面白いほど身につく本』ほか多数。

金井英之の名言 一覧

気の利いた話を考える以前に、社内では常に明るく、ハキハキと挨拶することが大切です。


あがり症を克服するには、3つのポイントがあります。第一に、相手もあがっていると自分に言い聞かせること。第二に、自意識過剰にならず自然体で接すること。第三に、意識して経験を積むことです。


仕事で成功している人は、みんなコミュニケーション上手です。仕事上のコミュニケーションというと、社外に目が向く人も多いようですが、まずは社内の人脈づくりが重要です。まずは自分の身の回りの人たちに好かれる人間になることです。


社内での雑談に強くなるカギは、言葉のテクニックではありません。一番大事なのは人柄です。


留守番電話にメッセージを吹き込むときに、言葉に詰まったり、話しづらいと感じたりするのは、相づちがないからです。普段はあまり意識することがないかもしれませんが、相づちは、会話の潤滑油です。


会話で何より重要なのは、自分が得意なテーマではなく、相手が話しやすい話題を選ぶことです。


初対面の人と会うのは、人脈を広げるチャンスだと思って、自分から積極的に話しかけるようにすれば、初対面に対する苦手意識が薄くなり、楽しく話せるようになるでしょう。


誰でも好きな人の話には好意をもって耳を傾け、味方になってくれます。そのためには、いつも大きな声で挨拶をし、明るい雰囲気づくりを心がけること。あなた自身が魅力的であれば、相手はあなたに関心を示し、会話へと発展します。


自意識が過剰になり、自分の発言がどのように受け取られるのかを気にしすぎると、何も話せなくなってしまいます。友人との会話が弾むのは、自分を飾らず、自然体で話すからです。


笑顔、丁寧なお辞儀、穏やかな視線、上品な態度を心がける。すると、相手に話しやすそうな人だなという印象を持ってもらえます。


ギクシャクしそうな話題から早めに話題を変えるときは「話は変わりますけど」という言葉はNGです。相手は「私の話を聞きたくないのか?」と思ってしまいます。話題を変えるときには、相手の話を肯定してから、自分の意見を述べることです。「それは、素晴らしい考え方ですね。とkろおで、このような考え方もありますが、どうでしょう?」というように、言葉の使い方を工夫しましょう。


体験談ほど人を惹きつける話題はありません。自分が体験した面白いエピソードは、メモしておくのがお勧めです。相手の意見に同意するときなどに「そうですよね。私もこんな体験をしましたよ」と話せば、相手も興味を持って耳を傾けてくれます。


ニュース番組を観るときは、漠然として観ているのではなく、必ず自分の意見を持つようにしましょう。ひとつのテーマに対して、肯定する材料、否定する材料を見つける習慣が身につき、話題を広げられるようになります。


会話の守備範囲を広くするには、普段から新聞や本を読むことが基本です。とくに、本は話題探しとして役立つだけでなく、ボキャブラリーが増えることが最大のメリットです。


若い人が関心を持つキーワードとしては「未来」「希望」「理想」「夢」「愛」などがあげられます。中年であれば「現実的な話」「儲け話」「住宅」「教育」などでしょう。シルバー世代になると「過去の栄光」「健康」「娯楽」といったところでしょうか。また、男性の多くが関心を持っているテーマは「スポーツ」、女性なら「恋愛」や「ファッション」などです。相手のことをよく知らず、具体的な話題が準備できないときでも、これらのキーワードさえ頭に入れておけば、誰とでも話題を振ることができます。


飲み会や接待で会話が続かない原因として、最も多いのが「話題がない、何を話していいのかわからない」というケースです。飲み会や接待の予定が入ったら、出席する人たちの顔を思い浮かべて、あらかじめ何を話すか考えておくといいでしょう。あまり難しく考える必要はありません。会社では真面目で、堅そうに見える人でも、私生活ではわりと自由な人が多いものです。飲み会の席では、柔らかい話題が喜ばれます。


誰でも人と話をするときには、円滑な会話をしたいと願っています。ですから、会話の途中に訪れる沈黙は、できるかぎり避けたいと感じるものです。ところが、その気持ちが強すぎると、ひたすら自分だけが話してしまうことにもなります。すると、相手が黙ってしまい、会話は止まってしまいます。会話が止まってしまうと悩んでいる人は、何が沈黙の原因なのか、自分の気持ちや行動を見直してみるといいでしょう。


漠然とした質問では、相手も何を答えていいのか口ごもってしまいます。質問は焦点を絞りましょう。たとえば「最近の若い人を見てどう思いますか?」よりも「若い人のマナーをどう思いますか?」と聞いた方が、マナーに絞って答えることができて話しやすいのです。


話が広がる質問の大原則は、相手を中心に考えたものであることです。「あなたのご専門は何ですか?」「あなたの健康法は何ですか?」と、頭に「あなた」をつけて考えると、質問がしやすいでしょう。ただし、YES、NOで答えられる質問は話が途切れやすくなります。なるべく相手の話を引き出すような質問の仕方をしましょう。


お客様のところへ行ったときに、雑談もせず、すぐに仕事の話をするようでは、よい人間関係は築けません。それは仕事にも影響すると思います。雑談には、お互いの心の氷を溶かしていく効果があります。仕事のパートナーになるには、コミュニケーションを深めていくことが必須です。雑談を通して相手のことを知り、お互いの空気が溶け合ってきてから、本題に入るのが理想です。


会話がとまったら周囲にあるものを見て、そこから話題を引き出すとよいでしょう。それには、観察力を働かせることが重要です。一般的に女性はファッションから街の様子まで、様々なものに興味を持ち、観察力に優れています。それに対して、男性は周囲に対して鈍い傾向があります。忙しい毎日の中で、何から何まで観察力を働かせるのは大変ですが、自分が関心のあるものだけでも、よく観察していると、とっさのときに話題にすることができます。


人間は人と会ったときに、話すよりも先に相手の表情やお辞儀の仕方を見て、「この人は、私のことを大切に考えてくれているな」、あるいは「私のことを軽く見ているな」などと直感的に判断します。その印象は後々まで続きます。初対面であれば、第一印象は非常に大事です。


基本的なことですが、相手が話しやすいと感じれば楽しい会話が続きます。話しにくいと感じると、会話は停滞します。話しにくいと感じさせてしまう原因のひとつが表情です。眉間にしわを寄せている人と話をしていたら、早くこの場から去りたいと思うことでしょう。逆に笑顔の人とは会話が弾みます。


あがる人は、「相手は落ち着いているのに、どうして自分だけあがるのだろうか」と思います。しかし、あがっているのは、あなただけではありません。あがることは人間の本能で、個人差はあるものの、誰でもあがるものなのです。


上手な話し方の原点は、話のセンテンスを短くすることです。文字にした場合、長くても60字~80字が目安です。「私は男性です」というように、短い文は主語と述語が明確なので、話が分かりやすくなります。ところが、センテンスが長くなればなるほど意味が分かりにくくなります。


仕事がスタートする朝は、理性的で仕事に絡めた話題を選ぶのがベストです。昼休みは、疲れを癒すような話題、退社後なら、気持ちが開放的になっているので、くだけた話題の方が盛り上がります。さらに、社内の雑談では、状況に合わせてタイミングよく会話を切り上げることも肝心です。


人間は環境によって心理状態が替わってきます。話を発展させるには、相手の心理状態に合わせて、話題を選ぶことも考えていかなければなりません。たとえば、上司に休暇願を出すときも、1日の仕事が終わった帰社前に話をすれば、「いつもお疲れ様。わかったよ」とすぐにOKをもらえることでしょう。ところが同じ上司でも、出社してすぐに休暇の話をしたら、「朝から何を考えてるんだ!」と思われる可能性が大です。


「褒められたい」「認めてもらいたい」というのは、人間の本能です。ですから、部下の能力を伸ばしたいと思うならば、雑談であっても、できないところを注意するのではなく、できているところを褒めることです。相手が気の弱いタイプなら、なおさらです。


周囲との人間関係を深めていくには、普段の何気ない会話から、真意を聞き取ることもポイントです。部下が「仕事が終わりました」と報告したときと、「仕事がやっと終わりました」と報告してきたときでは、部下の気持ちは違います。「やっと」のひと言に「苦労して大変だった。上司に理解してもらいたい」という気持ちが込められているのです。それを受け止めて言葉をかければ、部下は「この上司は、自分をよく理解してくれている」と感じ、話も弾みます。


金井英之の経歴・略歴

金井英之、かない、ひでゆき。日本のビジネスコーチ。トーク&コミュニケーションアカデミー学院長。東京出身。日本大学経済学部卒業。トーク&コミュニケーションアカデミーを設立し、話し方教室を多数開設。企業やビジネスマンに対して話し方を教えている。著書に『どんな人とでも会話がとまらず話せる本』『人前で3分、あがらずに話せる本』『仕事でいちばん大切な話し方の基本45』『どんな人とでも10秒でうちとけて話せる本』『人前でビクビクオドオドせずに話せる本』『人前で話すのがラクになる本』『スピーチのコツが面白いほど身につく本』ほか多数。

他の記事も読んでみる

中村義一

優秀な職人というのは、うちにいるやつで言えば、辛抱がすごいですね。60歳を越えても現役でやってもらっているけど、とにかくものを作るのが好きだからこそ、ジッと我慢ができる。それがすべてなんじゃないの?


関口雄一

英会話もゴルフと同じで、筋トレと実践を繰り返すのみです。


茂木健一郎

脳を鍛えて頭を良くする方法の一つが、決断を早くすることだと思います。いませんか、昼食のメニューひとつもなかなか決められない人。どんな人でも食事の選択から仕事上の判断まで、1日に20とか30のディシジョンポイントがあります。それを意識的に早く決定するように心がけるだけで脳は活性化しますよ。


村田晃嗣

同志社大学の創立者・新島襄は、「良心を手腕に活用するような人物の育成」ということを唱えています。ここでの良心とは単に道徳的な人間のことをさすわけではありません。倫理的で禁欲的な19世紀のピューリタンではなく、多様性を前提にしながら、自分で判断し、自分で責任を取れる人のことです。


ゲーテ

気前がよければ、人から好意を受ける。
とくに気前のよさが謙遜を伴う場合に。


永井孝尚

私は情報収集のために新聞も読むし、ネットも見る。だが、何より重要なのは読書ではないかと思っている。読書によって得られる知識というのは、実はネット上に転がっていないことが多い。だから読書は大事だし、たくさん読むことも大事。


吉田忠裕

ボリュームゾーンを攻略したいという思いは、15年ほど前からありました。どのレベルの単価を狙うべきか、ずっと議論してきました。「安かろう、悪かろう」ではない、YKKらしい「安かろう、良かろう」を提供するには何をすべきか。逆に、それができなければ、いずれ、YKKはおかしくなる。そんな危機感がありました。


大塚寿

30代になると部下もでき、指導する立場にもなります。すると、不思議なものでただ学ぶ立場よりも実務能力が向上する速度が上がります。何か指導する際、実務に精通していないと、実務の体験不足の20代に一から教えることができないため、しっかりとした準備をしようと実務に関する知見も深めていくことになるからです。


小泉光臣

課題がわかると、結構何とかなる。自分一人じゃありませんから。副社長がいて、常務・専務がいて、世界中に社員がいて。そこはみんなの力を借りればいいわけですけど、経営者の最大の宿題というか、ミッションは、「何が課題なんだろう?」って考えること。


前川孝雄

今の時代のマネジメントは、昭和の時代よりもはるかに難しくなっています。仕事に対する価値観や雇用形態が多様化し、「上意下達」の指示命令ではなく、一人一人の感情に働きかけるコミュニケーションが求められる時代になっているからです。


田中健介(経営者)

不況の度に、当社は本業をとにかく強化し、ダントツを目指しました。すると、その度に社業が伸びてきた。


上村光弼

早い段階で夢や目標があることは素晴らしいことです。とくに医者や弁護士になりたい、あるいは起業したいなど、専門家志向や独立志向の強い人にとってはそうでしょう。しかし、会社員、それもいまいる会社でキャリアを積んでいこうと考えている人にとっては、むしろ夢や目標が邪魔になることもあります。20代のまだ未熟な夢にしばられて、変に挫折感を感じたり、その後の生き方が狭く、窮屈なものになってしまうことが往々にしてあるからです。


嶋田毅

偏った根拠には、生存者、成功者のことばかりを取り上げて結論を出すというパターンもあります。これは、「生存者バイアス」というものです。よく、成功したベンチャー企業だけを見て、「成功するにはこれが必要だ」という結論を出したりします。しかし、同じようなことをして倒産していったベンチャー企業もあるでしょう。「グーグルやアマゾンは、こうして成功した」と言うのは簡単ですが、グーグルやアマゾンと同じことを考えて失敗した例も相当ある可能性があります。成功者だけしか見ていないのであれば、その主張が本当に正しいのかどうかわかりません。


法華津寛

昨日できなかったことが今日できるようになる「日々の進歩」が楽しいんです。その進歩は、馬が私の合図通りの動きができた時に初めて感じられるもの。大会で結果につながれば「もう少しやってみよう」という気持ちになり、その繰り返しで今まで続いています。


山本憲明

自分一人で仕事をするのではなく、他人と一緒にするときは、主導権をとることが重要になります。たとえば、ミーティングや商談なら、開始時刻だけでなく、終了時刻も決めて伝えておくのです。そうすることで、ダラダラと時間がすぎてしまうことを防げます。


ページの先頭へ