野間口有の名言

野間口有のプロフィール

野間口有、のまくち・たもつ。日本の経営者、工学博士。三菱電機会長。鹿児島県出身。京都大学大学院理学研究科修士課程修了後、三菱電機に入社。応用機器研究所電子制御開発部MICSグループマネージャー兼自動車エレクトロニクス開発部ECIグループ主幹、中央研究所エネルギー研究部長兼応用機器研究所電子制御開発部MICSグループマネージャー、中央研究所量子エレクトロニクス研究部長、本社開発部次長、材料デバイス研究所長、中央研究所所長、情報システム研究所長、情報技術総合研究所所長、常務開発本部長、専務を経て社長・会長。

野間口有の名言 一覧

どんな製品もいずれ競争力を失います。その克服には次代のイノベーションを持続的に生み出していくことが不可欠。


会社にとって何より大事なのは、設定した目標を達成して満足することではなく、継続的な改善を進めることだということです。


現代は経営の透明性、説明責任が厳しく問われる時代。その意味からも社の内外に対して正直に話すことが一番の基本だと考えています。


部下の弱点をうるさく指摘するのではなく、強い部分を引き出して伸ばしてやる。部下と接するとき、私はいつもそういう言葉を投げかけるよう心掛けてきたつもりです。


組織のリーダーとして大切なのはチームの一人一人の力を最大限引出し、彼らがポジティブな気持ちで仕事に取り組めるようにして職場のベクトルを合わせることです。


経済に限らず世の中の動きには報道される表層の流れと、それとは異なる本質的で根幹的な部分を成す底流とがあります。私が常々経営者として見失ってはならないと考えているのは、その底流のほうです。


私は社長時代に選択と集中という言葉はあまり使わず、「強いものをより強く」を口癖にしてきました。こうすればこう脱皮できる、こう飛躍できるという視点で技術を深掘りし、事業を大きくすることによって新たなチャンスが生まれます。その結果として、新しく事業を起こすもの、撤退するものの選別も、よりハッキリしてきたわけです。


仕事をしていて、なんとなく元気が出ないと思う日があります。そんなとき、外からどう見られるかということよりも、自分を信じるところをとりあえずしっかりやっていけばそれでいいのだ、という思いでやってきました。


私は経営者として社員に向かってメッセージを発する際にも、継続を大事にしています。メッセージの基本コンセプトは変えない。言葉は様々でも、同じことを継続して言い続けるのです。私のメッセージの根底にあるものが、社員ひとりひとりにとって体質やDNAとなってくれるまで、これからも同じことを話し続けようと思っています。


私は研究所の時代から今日まで、「ヒット商品をつくれ」とは言わないできました。意識してヒットを狙うのではなく、自然にヒットが出るような体質づくりこそ大切だと考えているからです。常に技術を磨き、工夫して品質改善を重ねる。足腰を鍛え、鋭いスイングのできる筋肉や技術を蓄える。土壌があればヒットは自然に生まれるはずです。


社員全体に、ことあるごとに呼びかけてきた言葉には「チェンジ・フォー・ザ・ベター」があります。これは以前から我が社にあった言葉ですが、私はこの言葉から「継続的な改善」の大切さをくみ取っています。ベストで止まってしまうのではなく、ベターの積み重ねが大事だということです。


営業で強調しているのは「営業は、ひとりひとりが我が社の顔だ」という点です。たとえばエレベーターの営業担当者がお客様のところで、ビル全体の空調や照明、セキュリティ、省エネなどについて相談を受けることがあります。その場合、自分の担当外であっても、「三菱電機にはこういういい商品があります。すぐ専門の担当者を連れてきます」というように、連携営業をしてほしい。その担当者が三菱電機の代表なのです。営業は我が社の顔とは、そういう意味です。


私が社長に就任したとき、いかに会社を立て直すかが課題の時期でした。そこで「強いものを、より強く」を打ち出したわけです。似た言葉に「選択と集中」がありますが、これは何を選択すべきか選択の基準がわかりづらい。その点、「強いものを、より強く」なら、「ああ、そうか。この工場にはこういう得意分野がある。それを日本だけでなく世界に売れるものにすればいいんだ」と、やるべきことを具体的に思いつくことができます。


長所を伸ばせば、弱点は自然とカバーされるものです。たとえば、我が社の経営戦略の基本に、「強いものを、より強く」がありますが、これは自社で持っているいい製品、技術、得意な分野に力を入れていくということです。強い部分に力を注ぎ、それを伸ばしていけば、弱いところは自然と整理されカバーされていきます。


欠点や弱点を指摘するより、いい点を褒めて伸ばす。さらに単に褒めるだけでなく、自分より後輩であっても、その人の得意分野なら頼りにしてやること。そうした接し方、声のかけ方が人を育てることにつながると思います。


部下に対して欠点や弱点をダイレクトに指摘する正直さはむしろ不要です。相手を落ち込ませるだけです。私の場合、部下に対しては、常に「元気が出るような言葉」をかけるよう気を付けてきました。具体的には、少しでもその人のいいところを見せてやるということです。


経営者として意識的に一番基本に置いているのは「正直に話す」ということです。自分の考え方や経営状況、問題点や方向性など、社員に向かって本音でフランクに話して、自分の逃げ場をつくらないでおくことが、リーダーには大事だと思っています。


失敗して十分反省している人間に追い打ちをかけて怒ってみても、決していい結果には結びつきません。失敗をみんなの力でどうカバーするか、問題の背景は何か、再発防止のために何をすべきか、その探求に力を入れた方が問題の処理において、より本質的な解決につながるとも考えました。


部員が製品に何か品質問題を起こしたときも「何だッ、これは!」と怒鳴りつけることはできず、「一緒に考え、一緒に直そう」という姿勢を取ってきました。もちろん、上司と部下の関係なので形の上では叱ることになりますが、その中に「俺も若いときは同じような失敗をしたものだ」などという言葉を必ず加えたものです。


商品のヒットは続かなければ意味がありません。一発ヒットを狙って研究開発した打ち上げ花火のような特定商品に頼るのではなく、ヒットが自然に生まれる土台づくりこそ大切です。会社全体を強くすることに努めるべきなのです。私は若いころ研究所で何度もヒット商品が生まれる現場に居合わせました。そのときの体験からそう考えているのです。


日本全体が元気をなくし、産業競争力を失っていると考えがちですが、そうではありません。産業界を見渡すと、厳しい経営環境の中でも、多くの分野の企業が世界と比較しても非常に頑張っています。であるならば、強い分野はそれを維持し、今は弱っている分野もまだやりようがある。


野間口有の経歴・略歴

野間口有、のまくち・たもつ。日本の経営者、工学博士。三菱電機会長。鹿児島県出身。京都大学大学院理学研究科修士課程修了後、三菱電機に入社。応用機器研究所電子制御開発部MICSグループマネージャー兼自動車エレクトロニクス開発部ECIグループ主幹、中央研究所エネルギー研究部長兼応用機器研究所電子制御開発部MICSグループマネージャー、中央研究所量子エレクトロニクス研究部長、本社開発部次長、材料デバイス研究所長、中央研究所所長、情報システム研究所長、情報技術総合研究所所長、常務開発本部長、専務を経て社長・会長。

他の記事も読んでみる

鳥羽博道

価格設定をする際にまず考えるべきことは、いくらで売ろうかということではなく、お客様はその商品にどういう価値を見出しているのか、いくらなら買ってくれるだろうかということだ。それが価格を決定する最大の要素と言ってもいい。たとえば何十万、何百万円もするロレックスの時計がある。その価格が高いかどうかは一概には決められない。なぜなら、ロレックスの時計にステータス、価値を感じている人にとってはたとえ何百万円であっても高くはないからだ。逆に言えば、時計というものに価値を見出していない人にとっては、たとえ何万円もしないような時計でも高いということになる。


田中芳樹(小説家)

なぜ歴史が好きなのか、そればっかりはわからないですね。好きだからとしか言いようがない。でも歴史と人間の関わりを見ていると、ある人物がAではなくBの判断をしていたらどうだったろうと、だんだん妄想が広がるんですね。全然別の歴史ができたかもしれないし、結局同じような歴史になって、ただ固有名詞が変わっただけかもしれない。いろいろ考えると面白い。


木村皓一

創業当時からいいブランドを買えるお客さんにしか、自分の製品は使ってほしくないと思っていました。とにかくブランド力が大事、ということで、ブランドづくりにこだわりました。最初からあつかましかったんです。


山本梁介

ライバルを意識するというよりも、人材育成などで他に先駆けて特色を出し、各地域で一番泊まりたい地域顧客満足度ナンバーワンを目指します。


ピョートル・フェリクス・グジバチ

今日オフィスに来たら社員のひとりが疲れた表情をしている。そういうとき、声をかけてはいけない雰囲気になりがちですが、僕はすぐに「元気がなさそうですね」と冗談っぽく声をかけるんです。そうすると、明るい表情に戻ったりする。要は「自分を見てくれている」ということが大事で、そこから少しずつ信頼関係ができてくる。


森田仁基

もともと僕は社員たちとランチをしたり飲みに行ったりするのが好きで、何気ない会話の中から「この人にはこんな強みがあるんだな」ということを頭に刻んでいました。だから比較的すぐに、適性のある社員の情報を引き出せたのです。実は、「モンスト」の初期メンバーも、こうした日頃のコミュニケーションから常々目をつけていた人たちでした。


藤原和博

正解のない時代には、失敗しても修正しながら経験を積み上げ、腕を上げていけばいい。


高橋俊之

既存のフレームワーク(理論構造)を借りてきて、そのまま使ってしまう人が多いのですが、それでは考える力を鍛える機会を失っています。たとえ間違ったとしても、まずは自分の頭で考えることで、考える力が高まっていきます。


辻慎吾

都市を舞台にいろいろなものを結び付ける。そのための仕掛けやコミュニティーづくりをする。これが街を育てる、都市を育てるということ。


古河建規

エンジニアリングとは、「現象を体系的にとらえ、再現性と実効性を備えた仕組みを通じて、社会に有用な価値を提供すること」というのが我々の考えです。その上で、我々は、「知恵」と「技術」の両面からエンジニアリングします。


鈴木喬(経営者)

いつも仕事のことばかり考えていたら、身も心も干上がってしまいます。何がヒットするか分からない時代だからこそ、成果が予測できないようなことに、意味があるのではないのでしょうか。


岩井寛

死を覚悟した瞬間から、私は死ぬまでの時間が非常に大切に思えてきたのである。したがって、死ぬまでの時間内に自分が出来ることを、極力やっておこうと考えた。また、自分の意識が清明である間は、人間としての自由をできる限り遂行しようと考えた。
【覚書き|上記は死ぬ一年ほど前の言葉。このときすでに失明し、手も動かなくなっていた。その状態で三冊の本を口述筆記で書き上げ、大学で教鞭をとった】


亀谷誠一郎

企業が外注で求めているのは「余計な仕事を減らしてくれること」であることに注目。どの会社もやるような企業調査結果を話してもほとんど聞いてもらえません。それよりも、自分と一緒に仕事をすると目的を達成するまでの余計な仕事が減る、そこに特化してアピールしました。その結果、コンペで連勝することができました。


為末大

ある程度“知らない”ことも大切なのかもしれません。実は私も、18歳のときに「ハードルではアジア人が決勝に残ったことがない」ということを知ったんです。でも、もう他の競技を選び直すこともできない。私もそういう状況を知っていたら、ハードルを始めていなかったかもしれません。


山本真司

お金や人脈はあえて目標にする必要はありません。これらは仕事で成果をあげれば自然についてくるものです。


ページの先頭へ