名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

野田稔の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

野田稔のプロフィール

野田稔、のだ・みのる。日本の経営学者、コンサルタント。明治大学教授(専門は組織論、経営戦略論、ミーティングマネージメントなど)。東京都出身。一橋大学商学部卒業後、野村総合研究所に入社。一橋大学大学院商学研究科修士課程修了。野村総研経営コンサルティング一部部長、リクルートのフェロー(年俸契約客員社員)、多摩大学経営情報学部教授などを経て人事コンサルティング会社ジェイフィールを創業。テレビのコメンテーターなども務めた。主な著書に『組織論再入門』『あたたかい組織感情』『コミットメントを引き出すマネジメント』『やる気を引き出す成果主義 ムダに厳しい成果主義』など。

野田稔の名言 一覧

優れたリーダーは、みんな配慮の達人といえます。自分だけでなく、周囲の人々の気持ちや動きさえもいい方向に導くのです。


少しだけでも、相手の視点を考えながらしゃべるだけで、うまくいくものです。


じつは、話すという行為は、自分が言いたいことを言うことではありません。相手が聞きたがっていることを話すのです。すると相手は喜んでくれ、自ずと自分の評価も高まります。相手のききたいことを話せる人とは、相手に対しての配慮がきちんとできる人です。


家庭で奥さんと話すときに、不用意なことを言うと危険だから、真剣に考えるでしょう(笑)。こう言ったら、こう返される。じゃあそれは言わないでおこうとか、いまは洗い物をしていて聞こえにくいだろうから、後にしようとか。まさにリスク回避の発想であり、相手に対する配慮です。それだけで印象も変わります。それを職場に応用すればいいんです。


失敗しても、周りの反応を見ながら修正するのです。プレゼン術もPDCA(計画、実施、検討、対処)サイクルで改善すればいいのです。日ごろのリハーサルやイメージトレーニングがものをいいます。準備や練習をしないと無駄なことばかりしゃべってしまい、周りから疎まれます。この準備や練習も、相手に対する配慮なんです。


いい職場には、お互いに刺激し合って高め合う一種の緊張感があります。お互いが信頼の上に成り立っているから、たとえ厳しいことを言い合っても、ギスギスしません。高いレベルで仕事をこなしているので、勝った負けたというレベルの低い話にはなりません。自分のポジショニングを上げるためのプレゼン術は、理想的な関係が実現するまでの過渡的な態度ととらえる必要があります。


わざわざアピールなどしなくても、お互いにわかってもらえるほど能力の高いメンバーが集まった組織ならプレゼン術なんて不要です。ギスギスした組織の場合、プレゼン術を磨く前に、本来は人と人の関係から直して、組織を変えることが先決なのです。


1日のうち10分でも20分でもいいので、調査をしたり、本を読んだり、人に会って話をしたりと、クリエイティブな時間を積極的に持つことが大切。そして、その時間をどんどん増やしていくこと。


日本の長時間労働は、日本人の気質によるところも大きいと思います。よく言われるのは、日本人は不安に弱いため、完璧主義の傾向が強いということ。ミスを恐れて完璧を目指そうとすることが、ムダな仕事を増やしているともいえます。


生産性とは、アウトプット(産出)をインプット(投入)で割ったものです。アウトプットが同じ場合、インプットが大きくなれば、生産性は下がります。生産性を上げるには、インプットを減らすか、アウトプットを増やすかのどちらかになります。


社員を違法に長時間労働させているブラック企業は、社員に長時間労働を強いることで人件費が圧縮され、一時的に生産性が上がっているように見えるかもしれません。しかし、疲弊して辞めていく社員も多いので、新しい社員を雇うためのリクルーティングコストが高くつく。社員が定着しなければ、社員の能力は上がらず、生産性は低いままで、さらに長時間労働に頼るという悪循環に陥ってしまいます。


クリエイティブな仕事というと、クリエイターや研究開発に携わる人の専売特許だと思うかもしれませんが、それは大きな誤解です。ビジネスアイデアの大部分は現場にあります。現場で働く人たちが、顧客や取引先と接する中で問題意識を持ち、課題を解決しようと考えるところから新しいビジネスが生まれます。その意味で、すべての働く人は誰もがクリエイターなのです。


「念のため」「とりあえず」がムダな仕事を生んでいます。とくに単純作業においては、そこに人件費が発生しているという意識が薄くなりがちです。日本人は「ミスをしないこと」「言われたことを正しくやること」に価値があると考えます。この優等生的な働き方は単純に仕事量を増やし、付加価値を生んでいないことを、まずは認識することです。


野田稔の経歴・略歴

野田稔、のだ・みのる。日本の経営学者、コンサルタント。明治大学教授(専門は組織論、経営戦略論、ミーティングマネージメントなど)。東京都出身。一橋大学商学部卒業後、野村総合研究所に入社。一橋大学大学院商学研究科修士課程修了。野村総研経営コンサルティング一部部長、リクルートのフェロー(年俸契約客員社員)、多摩大学経営情報学部教授などを経て人事コンサルティング会社ジェイフィールを創業。テレビのコメンテーターなども務めた。主な著書に『組織論再入門』『あたたかい組織感情』『コミットメントを引き出すマネジメント』『やる気を引き出す成果主義 ムダに厳しい成果主義』など。

他の記事も読んでみる

南壮一郎

世の中の人は皆、起業することに対して、肩に力を入れすぎだと思います。まずやってみればいい。「時間がない」と言う人もいるけど、草野球をやる時間があったら「草ベンチャー」をやればいいんです。


南場智子

交渉で一番大事なポイントは「なるべく交渉しない」こと。この提携で自分たちが達成したいこと、譲れないこと、困ることなど、双方が全部一度にテーブルに乗っけてしまうことが理想です。よく、のりしろを残し、譲れない線よりも上から交渉に入るべきと言う人もいます。けれどもこれをやっていると、例えば収益の分け方について、一度「ここから下は受け入れられません」と述べた後に、その下の線で妥協することになり、結局相手に「この人たちはふっかける」と見透かされ、それを前提とした探り合いに入ってしまいます。時間が浪費されるし、信頼関係は醸成されません。提携や協業の場合は、その後一緒に事業をしていくわけなので、「正直でない人たち」と思われて得をすることはひとつもないわけです。


葛西紀明

過去のやり方を棚上げし、心機一転、環境を変えることを決めた。
【覚え書き|2002年頃、スランプに陥った時を振り返って】


宇佐美進典

私の仕事は、考える際の材料だしのための質問をすることと前提条件の擦り合わせです。会社が進みたい方向を理解していないまま、担当者が見えているところだけで突き進むと、会社の目指すところからズレてしまう。


大西洋

ブランドの強みを知ることが改革の一歩。


中分孝一

私は繊維部門のほぼすべての事業に関わりましたが、デニムには疎かった。社員との対話を通じて、この会社の課題がはっきり見えてきた。


一ノ瀬隆

ソニー・グループを離れるに際して、社員には「真の独立企業として自分たちの力で成功の果実を得よう」と強いメッセージを発しました。独立からわずか3年弱で上場できたのは全社員の努力の賜物です。


平強

大企業には小さい企業にはないブランドとか看板があります。しかし、大企業の看板はそんなに大切でしょうか。大企業といっても所詮は小さな企業グループの集団にすぎません。しかも、ほとんどの事業が縦割りで横の連絡がないのが普通です。イメージや信用が看板によって得られるのは確かです。しかし、実際には事業を行っているのは、各事業グループの人びとであって看板ではありません。看板のメリットよりも、社内の手続きや説得に自分の労力の80%以上を割かなければならないデメリットの方がよっぽど大きい。


平本清

メガネ21を創業する前に勤めていた大手メガネ店で、社員を何より大切にし、自身は贅沢をせずに会社を大きくしてきた創業者が退き、アメリカ帰りの2代目があとを継いだ途端、組織はガラリと変わりました。経営者の一族だけに権力と富が集中する仕組みになってしまいました。経営者が全権を握ると、その人がこけたら会社もダメになります。ならば権限は全社員に分散させればいいのです。ホストコンピュータがダウンしても、全体で分散処理できるインターネット型の組織にすればいいのです。
【覚書き|独自な経営の仕組みをつくるきっかけを語った言葉】


泉谷直木

知恵を出して、何としても前へ進んでいかなくてはいけない。


塚田健雄

日本企業の経営者は合併の際「対等合併の精神」という言葉を使いたがります。言葉の響きはいいのですが、そこに落とし穴があります。京セラの稲盛さんは50対50の方式では合併後も複数の業務が残り、たすきがけ人事など非合理な制度が横行すると主張します。まったく同感です。統合で経営トップを3人で平等に分け合う銀行もあるそうですが、競争業種では村落共同体型の合併は成功しません。だから新会社はDDIが存続会社になり、リーダーシップは明確です。


古森重隆

勉強やスポーツが苦手でも、笑わせることが得意であれば人気者になれるかもしれない。ケンカが弱くても歌や絵が上手であれば、別の世界で勝負できるかもしれない。何が得意かは、競争があって初めて見える。「自分探し」という腑抜けた言葉が広がっているのは、競争や戦いが身の回りにないからだ。