名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

野田稔の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

野田稔のプロフィール

野田稔、のだ・みのる。日本の経営学者、コンサルタント。明治大学教授(専門は組織論、経営戦略論、ミーティングマネージメントなど)。東京都出身。一橋大学商学部卒業後、野村総合研究所に入社。一橋大学大学院商学研究科修士課程修了。野村総研経営コンサルティング一部部長、リクルートのフェロー(年俸契約客員社員)、多摩大学経営情報学部教授などを経て人事コンサルティング会社ジェイフィールを創業。テレビのコメンテーターなども務めた。主な著書に『組織論再入門』『あたたかい組織感情』『コミットメントを引き出すマネジメント』『やる気を引き出す成果主義 ムダに厳しい成果主義』など。

野田稔の名言 一覧

優れたリーダーは、みんな配慮の達人といえます。自分だけでなく、周囲の人々の気持ちや動きさえもいい方向に導くのです。


少しだけでも、相手の視点を考えながらしゃべるだけで、うまくいくものです。


じつは、話すという行為は、自分が言いたいことを言うことではありません。相手が聞きたがっていることを話すのです。すると相手は喜んでくれ、自ずと自分の評価も高まります。相手のききたいことを話せる人とは、相手に対しての配慮がきちんとできる人です。


家庭で奥さんと話すときに、不用意なことを言うと危険だから、真剣に考えるでしょう(笑)。こう言ったら、こう返される。じゃあそれは言わないでおこうとか、いまは洗い物をしていて聞こえにくいだろうから、後にしようとか。まさにリスク回避の発想であり、相手に対する配慮です。それだけで印象も変わります。それを職場に応用すればいいんです。


失敗しても、周りの反応を見ながら修正するのです。プレゼン術もPDCA(計画、実施、検討、対処)サイクルで改善すればいいのです。日ごろのリハーサルやイメージトレーニングがものをいいます。準備や練習をしないと無駄なことばかりしゃべってしまい、周りから疎まれます。この準備や練習も、相手に対する配慮なんです。


いい職場には、お互いに刺激し合って高め合う一種の緊張感があります。お互いが信頼の上に成り立っているから、たとえ厳しいことを言い合っても、ギスギスしません。高いレベルで仕事をこなしているので、勝った負けたというレベルの低い話にはなりません。自分のポジショニングを上げるためのプレゼン術は、理想的な関係が実現するまでの過渡的な態度ととらえる必要があります。


わざわざアピールなどしなくても、お互いにわかってもらえるほど能力の高いメンバーが集まった組織ならプレゼン術なんて不要です。ギスギスした組織の場合、プレゼン術を磨く前に、本来は人と人の関係から直して、組織を変えることが先決なのです。


1日のうち10分でも20分でもいいので、調査をしたり、本を読んだり、人に会って話をしたりと、クリエイティブな時間を積極的に持つことが大切。そして、その時間をどんどん増やしていくこと。


日本の長時間労働は、日本人の気質によるところも大きいと思います。よく言われるのは、日本人は不安に弱いため、完璧主義の傾向が強いということ。ミスを恐れて完璧を目指そうとすることが、ムダな仕事を増やしているともいえます。


生産性とは、アウトプット(産出)をインプット(投入)で割ったものです。アウトプットが同じ場合、インプットが大きくなれば、生産性は下がります。生産性を上げるには、インプットを減らすか、アウトプットを増やすかのどちらかになります。


社員を違法に長時間労働させているブラック企業は、社員に長時間労働を強いることで人件費が圧縮され、一時的に生産性が上がっているように見えるかもしれません。しかし、疲弊して辞めていく社員も多いので、新しい社員を雇うためのリクルーティングコストが高くつく。社員が定着しなければ、社員の能力は上がらず、生産性は低いままで、さらに長時間労働に頼るという悪循環に陥ってしまいます。


クリエイティブな仕事というと、クリエイターや研究開発に携わる人の専売特許だと思うかもしれませんが、それは大きな誤解です。ビジネスアイデアの大部分は現場にあります。現場で働く人たちが、顧客や取引先と接する中で問題意識を持ち、課題を解決しようと考えるところから新しいビジネスが生まれます。その意味で、すべての働く人は誰もがクリエイターなのです。


「念のため」「とりあえず」がムダな仕事を生んでいます。とくに単純作業においては、そこに人件費が発生しているという意識が薄くなりがちです。日本人は「ミスをしないこと」「言われたことを正しくやること」に価値があると考えます。この優等生的な働き方は単純に仕事量を増やし、付加価値を生んでいないことを、まずは認識することです。


野田稔の経歴・略歴

野田稔、のだ・みのる。日本の経営学者、コンサルタント。明治大学教授(専門は組織論、経営戦略論、ミーティングマネージメントなど)。東京都出身。一橋大学商学部卒業後、野村総合研究所に入社。一橋大学大学院商学研究科修士課程修了。野村総研経営コンサルティング一部部長、リクルートのフェロー(年俸契約客員社員)、多摩大学経営情報学部教授などを経て人事コンサルティング会社ジェイフィールを創業。テレビのコメンテーターなども務めた。主な著書に『組織論再入門』『あたたかい組織感情』『コミットメントを引き出すマネジメント』『やる気を引き出す成果主義 ムダに厳しい成果主義』など。

他の記事も読んでみる

木瀬照雄

日本人にはいま、変なプライドばかりが目立ちます。たとえば仕事を選ぶにしても、これは嫌だとか、あの仕事がいいとか。少なくとも僕らの時代は、一人前になるまでは「何でもしますよ」というのが普通でした。


高原真由美(髙原真由美)

モノを減らすときには「使うか、使わないか」という基準の他にもう一つ、「持っていたいかどうか」という判断基準を取り入れると良いと思います。他者からは一見不要と思われるアイテムであっても、本人には「これがないと仕事への意欲がわかない」といったモノは、誰しもあるものです。仕事とは直接関係していないかもしれませんが、それがあることによって仕事の効率やモチベーションが上がり、結果パフォーマンスも高くなるようなモノであれば、ムダとして切り捨てるべきではないのです。また、そうした大切なモノだからこそ、ごちゃごちゃと不要なモノの中に埋もれさせずに整理しておこうという気持ちにもなるのではないでしょうか。


茂木亮介

まずは資産状況はもちろん、どんな老後のプランを持っているのか、そのためには定年までにどのくらいの資産を築きたいのかなどを、徹底的に聞き出します。そのうえで、その目指す未来の実現のため、「不動産がどうお手伝いできるか」をご提案するのです。もし、その方には不動産投資が必要ないと判断すれば、無理に売り込むことは一切いたしません。


鎌田和彦

仕事で認められることが人生のすべてだとは僕も思わないし、遊ぶときは徹底して遊んだ方がいいですよ。


蔵田理

接客業では「お客様を言い負かしてはならない」という鉄則がある。この場合、言い負かすというのはお客様を全面的に否定することだけではなく、指示をするような口調でもお客様は気分を害することがある。たとえお客様が間違っていたとしても、こちらは一歩も二歩も引きさがって寛大な気持ちで接することが必要であり、言葉は時として相手の自尊心を傷つけてしまうことになる。


永守重信

最近、成功するベンチャーは地方が多い。東京ではちょっと成功すると寄ってたかって遊びに行くけど、地方は誘惑が少ないですからね。


司馬遼太郎

イデオロギーというものは宗教と同様それ自体が虚構であることを思わねばならない。虚構はその虚構に人が酩酊するときしか実在しない。


津賀一宏

たとえば「レッツノート」や、とくに耐久性を高めた製品である「タフブック」がお客様から強い支持をいただいています。単なるノートパソコンを超えて、お客様のITツールになっているからです。お客様からの大きな要求のある商品を大事にしなければなりません。頑張れば頑張っただけ甲斐がある商品なんです。


坪田信貴

「忙しくてまとまった勉強時間がとれない」ことへの予防策は、まとまった時間に頼らず、積極的にスキマ時間活用をすること。駅や電車で、あるいはエレベーターの待ち時間を大いに利用しましょう。テキストをスマホで写真にとったり、ハンドブックサイズのテキストをバッグに入れておいたり、一手間かければすぐに実践できます。


中村獅童(二代目)

ハードな舞台を終えると体は疲れているのに、神経が高ぶって眠れないことがよくある。なかなか寝つけない日が続くと、それが気になってますます眠れなくなる。そんな時は、無理に眠ろうとせず、「眠たくなったらそのうち眠れるよ……」くらいに気楽に構えるのがいい。これは亡き母親からの教えでもあり、経験則からも言えます。


むらかみかずこ

手書きのメッセージは、必ずポジティブな言葉から入りましょう。それがたとえ、上司に反対された企画を再度提出し認めてもらいたい場合などでも同様です。「先ほどは反対とのことでしたが……」などと書き出すのではなく、「先ほどはご意見ありがとうございました。改めて自分なりの考えをまとめてみました。ぜひご確認いただければ幸いです」というふうな書き方をすれば角が立たず、前向きに検討してもらえるでしょう。


佐々木大輔(経営者)

当社のようなベンチャー企業が、早々に銀行と提携できたのは、ユーザーの支持があったからです。当社は入力自動化で銀行のデータを活用していたので、銀行の方も「なんとか手を組めないか」と考えていたようです。銀行では年商数十億円以上とか、一定の規模でないと担当者はつかないので、それ以下の多くの会社には正直なところ、手が回らない状況です。当社のユーザーは個人事業主や中小企業が多いので、提携しやすかったと思います。