名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

野田稔の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

野田稔のプロフィール

野田稔、のだ・みのる。日本の経営学者、コンサルタント。明治大学教授(専門は組織論、経営戦略論、ミーティングマネージメントなど)。東京都出身。一橋大学商学部卒業後、野村総合研究所に入社。一橋大学大学院商学研究科修士課程修了。野村総研経営コンサルティング一部部長、リクルートのフェロー(年俸契約客員社員)、多摩大学経営情報学部教授などを経て人事コンサルティング会社ジェイフィールを創業。テレビのコメンテーターなども務めた。主な著書に『組織論再入門』『あたたかい組織感情』『コミットメントを引き出すマネジメント』『やる気を引き出す成果主義 ムダに厳しい成果主義』など。

野田稔の名言 一覧

優れたリーダーは、みんな配慮の達人といえます。自分だけでなく、周囲の人々の気持ちや動きさえもいい方向に導くのです。


少しだけでも、相手の視点を考えながらしゃべるだけで、うまくいくものです。


じつは、話すという行為は、自分が言いたいことを言うことではありません。相手が聞きたがっていることを話すのです。すると相手は喜んでくれ、自ずと自分の評価も高まります。相手のききたいことを話せる人とは、相手に対しての配慮がきちんとできる人です。


家庭で奥さんと話すときに、不用意なことを言うと危険だから、真剣に考えるでしょう(笑)。こう言ったら、こう返される。じゃあそれは言わないでおこうとか、いまは洗い物をしていて聞こえにくいだろうから、後にしようとか。まさにリスク回避の発想であり、相手に対する配慮です。それだけで印象も変わります。それを職場に応用すればいいんです。


失敗しても、周りの反応を見ながら修正するのです。プレゼン術もPDCA(計画、実施、検討、対処)サイクルで改善すればいいのです。日ごろのリハーサルやイメージトレーニングがものをいいます。準備や練習をしないと無駄なことばかりしゃべってしまい、周りから疎まれます。この準備や練習も、相手に対する配慮なんです。


いい職場には、お互いに刺激し合って高め合う一種の緊張感があります。お互いが信頼の上に成り立っているから、たとえ厳しいことを言い合っても、ギスギスしません。高いレベルで仕事をこなしているので、勝った負けたというレベルの低い話にはなりません。自分のポジショニングを上げるためのプレゼン術は、理想的な関係が実現するまでの過渡的な態度ととらえる必要があります。


わざわざアピールなどしなくても、お互いにわかってもらえるほど能力の高いメンバーが集まった組織ならプレゼン術なんて不要です。ギスギスした組織の場合、プレゼン術を磨く前に、本来は人と人の関係から直して、組織を変えることが先決なのです。


1日のうち10分でも20分でもいいので、調査をしたり、本を読んだり、人に会って話をしたりと、クリエイティブな時間を積極的に持つことが大切。そして、その時間をどんどん増やしていくこと。


日本の長時間労働は、日本人の気質によるところも大きいと思います。よく言われるのは、日本人は不安に弱いため、完璧主義の傾向が強いということ。ミスを恐れて完璧を目指そうとすることが、ムダな仕事を増やしているともいえます。


生産性とは、アウトプット(産出)をインプット(投入)で割ったものです。アウトプットが同じ場合、インプットが大きくなれば、生産性は下がります。生産性を上げるには、インプットを減らすか、アウトプットを増やすかのどちらかになります。


社員を違法に長時間労働させているブラック企業は、社員に長時間労働を強いることで人件費が圧縮され、一時的に生産性が上がっているように見えるかもしれません。しかし、疲弊して辞めていく社員も多いので、新しい社員を雇うためのリクルーティングコストが高くつく。社員が定着しなければ、社員の能力は上がらず、生産性は低いままで、さらに長時間労働に頼るという悪循環に陥ってしまいます。


クリエイティブな仕事というと、クリエイターや研究開発に携わる人の専売特許だと思うかもしれませんが、それは大きな誤解です。ビジネスアイデアの大部分は現場にあります。現場で働く人たちが、顧客や取引先と接する中で問題意識を持ち、課題を解決しようと考えるところから新しいビジネスが生まれます。その意味で、すべての働く人は誰もがクリエイターなのです。


「念のため」「とりあえず」がムダな仕事を生んでいます。とくに単純作業においては、そこに人件費が発生しているという意識が薄くなりがちです。日本人は「ミスをしないこと」「言われたことを正しくやること」に価値があると考えます。この優等生的な働き方は単純に仕事量を増やし、付加価値を生んでいないことを、まずは認識することです。


野田稔の経歴・略歴

野田稔、のだ・みのる。日本の経営学者、コンサルタント。明治大学教授(専門は組織論、経営戦略論、ミーティングマネージメントなど)。東京都出身。一橋大学商学部卒業後、野村総合研究所に入社。一橋大学大学院商学研究科修士課程修了。野村総研経営コンサルティング一部部長、リクルートのフェロー(年俸契約客員社員)、多摩大学経営情報学部教授などを経て人事コンサルティング会社ジェイフィールを創業。テレビのコメンテーターなども務めた。主な著書に『組織論再入門』『あたたかい組織感情』『コミットメントを引き出すマネジメント』『やる気を引き出す成果主義 ムダに厳しい成果主義』など。

他の記事も読んでみる

森川亮

手帳は「人生をこう生きたい」という未来図のようなもの。私の人生の大きな計画や目標に、「オンラインのエンターテインメントを具現化する」というのがあります。それを実現するにはどうしたらいいのか、日々考えながら行動してきました。


湯浅勲

仕事がつらくても、あなたの気持ちにはまだほんの少しの余裕があれば、一年間余計なことを考えずに、一生懸命にその仕事を頑張ってみるといいでしょう。もしかしたら、それまで気づかなかった新しい自分を発見できるかもしれません。もし一生懸命に頑張ることが1から2か月しか続かなければ、いまの仕事が向いていないと考えるべきでしょう。


中谷健一

私はノマドは多くの人に実践可能なものだと考えています。デバイスやクラウドサービスを自分なりに使い、ひとつの場所にとどまらずに働くことを積極的に見出す働き方であれば、それはノマドワークスタイルといっていいのではないでしょうか。


大𣘺俊夫(大橋俊夫)

厳しい時代だからこそ経営者は時流を読み、決断し変わらなければならない。


青木宣親

ブルワーズで最初に取り組んだのが、ミーティングでの監督の話に耳を傾けること。通訳さんに付きっきりで、細部まで訳してもらいました。現場の最高指揮官である監督が、「彼を使いたい」と思う選手にならなければ試合に出られないからです。幸いレネキー監督は細かい野球を志向していて、自分のようなタイプの選手を好んでくれた。結果、少しずつ出場のチャンスがあり、代打でもなんでも試合に出たときは、どんな細かい指示にも対応していました。


松井忠三

イノベーションというのは、既存と違うことをやらなければならない。


堀江貴文

いまだに自分で起業するのは難しいと考えている人がいるかもしれないけど、お金の面での制約はほとんどなくなった。実際、若い人たちはネットで面白いサービスを次々に送り出しています。


宇田川憲一

外国の人たちとのコミュニケーションは、とても難しく、相手によっても対応の仕方は異なります。「こうすればうまくいく」という方程式などありません。しかし、経験則から言って、まず相手の考えや価値観を受け入れれば、友達になれる。友達になれれば分かり合える道はあります。


丸山茂樹(プロゴルファー)

ほとんどの人が誘惑や妥協に負けます。いわばその「人間らしい部分」を超えられる人が、勝ち続けられる。


河村亮

一流選手は例外なく、記憶力に優れている。プロ野球でいえば、松井秀喜さんや高橋由伸さんは驚くほど記憶力がいい。引退後、「松井さんの思い出に残るホームランを振り返る」という企画があったのですが、ほとんどのホームランを放った打席を覚えていました。「あの広島戦ね。相手投手は佐々岡さん。二塁ランナーは仁志さんだった」などと、そのときの状況を即答できるのです。対戦相手や味方のランナー、現在の点差やアウトの数、風の向きなど、あらゆる情報を把握したうえで、「次は一球見るか。それとも打ちにいくか」と結果を出すために必死で考え抜いている。だからこそ、情報が脳に刻まれるのだと思います。


堀紘一(コンサルタント)

数字に対するセンスもまた、磨いていかなくてはならない。ベースは簡単だ。必要な数字の「桁数と頭の数字を間違えず」、「大まかにとらえる」ということである。たとえば中国の人口は13億人だ。これを「10億人くらいです」というのは構わない。だが、一桁間違えて1億人とか、最初の数字を間違えて30億人と答えるようでは数字のセンスを疑う。とっさには細かい数字まで把握してなくてもまず困らない。「業界の市場規模はだいたい20兆円」「喫煙率は20%くらい」と、すぐに出てくることが大事なのである。


大倉忠司

私は烏貴族を設立した時から、「世襲はしない」ことも経営方針として掲げてきました。社員に、いつかは一番上に立つんだという「夢」と、その「覚悟」を持って働いてほしかったからです。後継者は未定ですが、「高く大きな志」「成功するまで諦めない」といった、トリキウェイ(社員向けに鳥貴族の経営の考え方をまとめたもの)を一番実践している人がなるべきだと思っています。