野田稔の名言

野田稔のプロフィール

野田稔、のだ・みのる。日本の経営学者、コンサルタント。明治大学教授(専門は組織論、経営戦略論、ミーティングマネージメントなど)。東京都出身。一橋大学商学部卒業後、野村総合研究所に入社。一橋大学大学院商学研究科修士課程修了。野村総研経営コンサルティング一部部長、リクルートのフェロー(年俸契約客員社員)、多摩大学経営情報学部教授などを経て人事コンサルティング会社ジェイフィールを創業。テレビのコメンテーターなども務めた。主な著書に『組織論再入門』『あたたかい組織感情』『コミットメントを引き出すマネジメント』『やる気を引き出す成果主義 ムダに厳しい成果主義』など。

野田稔の名言 一覧

優れたリーダーは、みんな配慮の達人といえます。自分だけでなく、周囲の人々の気持ちや動きさえもいい方向に導くのです。


少しだけでも、相手の視点を考えながらしゃべるだけで、うまくいくものです。


じつは、話すという行為は、自分が言いたいことを言うことではありません。相手が聞きたがっていることを話すのです。すると相手は喜んでくれ、自ずと自分の評価も高まります。相手のききたいことを話せる人とは、相手に対しての配慮がきちんとできる人です。


家庭で奥さんと話すときに、不用意なことを言うと危険だから、真剣に考えるでしょう(笑)。こう言ったら、こう返される。じゃあそれは言わないでおこうとか、いまは洗い物をしていて聞こえにくいだろうから、後にしようとか。まさにリスク回避の発想であり、相手に対する配慮です。それだけで印象も変わります。それを職場に応用すればいいんです。


失敗しても、周りの反応を見ながら修正するのです。プレゼン術もPDCA(計画、実施、検討、対処)サイクルで改善すればいいのです。日ごろのリハーサルやイメージトレーニングがものをいいます。準備や練習をしないと無駄なことばかりしゃべってしまい、周りから疎まれます。この準備や練習も、相手に対する配慮なんです。


いい職場には、お互いに刺激し合って高め合う一種の緊張感があります。お互いが信頼の上に成り立っているから、たとえ厳しいことを言い合っても、ギスギスしません。高いレベルで仕事をこなしているので、勝った負けたというレベルの低い話にはなりません。自分のポジショニングを上げるためのプレゼン術は、理想的な関係が実現するまでの過渡的な態度ととらえる必要があります。


わざわざアピールなどしなくても、お互いにわかってもらえるほど能力の高いメンバーが集まった組織ならプレゼン術なんて不要です。ギスギスした組織の場合、プレゼン術を磨く前に、本来は人と人の関係から直して、組織を変えることが先決なのです。


日本の長時間労働は、日本人の気質によるところも大きいと思います。よく言われるのは、日本人は不安に弱いため、完璧主義の傾向が強いということ。ミスを恐れて完璧を目指そうとすることが、ムダな仕事を増やしているともいえます。


1日のうち10分でも20分でもいいので、調査をしたり、本を読んだり、人に会って話をしたりと、クリエイティブな時間を積極的に持つことが大切。そして、その時間をどんどん増やしていくこと。


生産性とは、アウトプット(産出)をインプット(投入)で割ったものです。アウトプットが同じ場合、インプットが大きくなれば、生産性は下がります。生産性を上げるには、インプットを減らすか、アウトプットを増やすかのどちらかになります。


社員を違法に長時間労働させているブラック企業は、社員に長時間労働を強いることで人件費が圧縮され、一時的に生産性が上がっているように見えるかもしれません。しかし、疲弊して辞めていく社員も多いので、新しい社員を雇うためのリクルーティングコストが高くつく。社員が定着しなければ、社員の能力は上がらず、生産性は低いままで、さらに長時間労働に頼るという悪循環に陥ってしまいます。


クリエイティブな仕事というと、クリエイターや研究開発に携わる人の専売特許だと思うかもしれませんが、それは大きな誤解です。ビジネスアイデアの大部分は現場にあります。現場で働く人たちが、顧客や取引先と接する中で問題意識を持ち、課題を解決しようと考えるところから新しいビジネスが生まれます。その意味で、すべての働く人は誰もがクリエイターなのです。


「念のため」「とりあえず」がムダな仕事を生んでいます。とくに単純作業においては、そこに人件費が発生しているという意識が薄くなりがちです。日本人は「ミスをしないこと」「言われたことを正しくやること」に価値があると考えます。この優等生的な働き方は単純に仕事量を増やし、付加価値を生んでいないことを、まずは認識することです。


野田稔の経歴・略歴

野田稔、のだ・みのる。日本の経営学者、コンサルタント。明治大学教授(専門は組織論、経営戦略論、ミーティングマネージメントなど)。東京都出身。一橋大学商学部卒業後、野村総合研究所に入社。一橋大学大学院商学研究科修士課程修了。野村総研経営コンサルティング一部部長、リクルートのフェロー(年俸契約客員社員)、多摩大学経営情報学部教授などを経て人事コンサルティング会社ジェイフィールを創業。テレビのコメンテーターなども務めた。主な著書に『組織論再入門』『あたたかい組織感情』『コミットメントを引き出すマネジメント』『やる気を引き出す成果主義 ムダに厳しい成果主義』など。

他の記事も読んでみる

飯島彰己

現場に行って、何も気づかずに帰ってくるようではいけません。人材の感性をいかに磨き、育てるかが大事。


永山勝利

正義に反することはしてはいけません。私もお客様に正直に、従業員に正直に、お天道様に正直に今までやってきたつもりです。


三谷宏治

会議などで短時間で正しい結論を導き出す方法はあります。それがQ&Aの力です。ポイントはふたつ。

  1. 発言者は「一番大事なこと」を見極め、「大戦略(大きな方向性)「効用(中目標)」「手段(最終的に選ぶツールや戦術の優先順位・取捨選択)」の三段階に構造化して案を提示すること。
  2. そのうえで、それぞれの階層の中身について全員で「逃げずに聞き、問い、答える」という姿勢で質疑応答(Q&A)すること。

当たり前のことのように思うかもしれませんが、日本で行われている会議の99%はこれができていません。


渡辺捷昭

私は夢を持って仕事に取り組むよう社員にメッセージを伝えたいと思っています。社長としての夢は、たとえば走るほど空気がきれいになる車、あるいはドライバーも歩行者も傷つけない夢のような車を作ることです。より具体的に言えば、燃料電池車や、ITを駆使した安全装置を搭載した車を実用化する。


早見和真

社会のルール、とか、みんなが共通幻想として抱いている社会通念が、毎年3万もの人を殺しているように見えるんです。3万人は自殺しているんじゃなく、よってたかって社会が、俺たちが、殺してるんじゃないか。言い換えると、そのルールや社会通念こそが、自分自身を殺すことにつながるんじゃないか。みんながこうだからとか、社会がこうだからとか、親がこうだからっていう思考法では誰も幸せになれない。自分で覚悟を決めて、自分で責任を取って、自分の頭で考えて選び取っていこうってことを、僕はどの小説でも書いてるつもりなんです。


冨田和成

支出を抑える極意があるとするならただ一つ。大きな支出だけをコントロールすることです。血眼になって1円単位でお金をためても効果は限定的です。20代の前半に家計簿を付けていた時期があります。その結果、出費の大部分は自分の目標にとって必要ではない交際費で使われていることに気付きました。そうやってフィルターを掛けていくと、参加しなくてもいい飲み会が意外と多いことに気付きます。そこで私は考え方を改め、無駄な宴席には出ないと決めました。そうしてたまったお金で本を買ったり、スーツを買ったり、自分の仕事につながる分野に投資したりしていくことにしました。営業をしていたおかげもあって、その成果はすぐに収入面で出ましたし、この時の判断は私の成長にとって大きなターニングポイントになったと思います。


ティム・サンダース(経営者)

好感度を構成する要素は4つ。「フレンドリーな姿勢」「相手との共通点を見つけ関係性を具体的に築いていくこと」「共感、積極的に相手の視点に立って、物事を捉える姿勢」「誠実であること」。


澤田秀雄

ハウステンボス内へのベンチャー企業の誘致というのも新しい試みです。フリーゾーンで展開している「イングリッシュスクウェア」には、我々も少し出資していますが、基本はアイデアを出してくださったジャイロスコープという東京の会社が運営しています。経費をかけずにお客を増やす仕組みのひとつです。


漆紫穂子

決断をするときに大事なのは、判断軸を持っておくこと。私の判断軸は、「卒業生の母校を守る」ことと、「在校生を社会に有意な人に育てる」ことの2つ。決断するときは、「この2つの軸を守って判断したと言えるのか」「自分が死ぬときに恥ずかしくないか」と考える。すると雑念がさっと消えて、進むべき道が見えてくる。


横田雅俊

指示によって動機づけはできません。動機は、本人が自分と対話を重ねて、頭を悩ませ続けた末にようやく生まれてきます。「こうすれば面白くなる」と上司が力説するのは逆効果で、むしろ強制感につながります。


張瑞敏

自発的な意欲をかき立てる仕組みさえあれば、従業員一人ひとりが最大限の能力を発揮してくれます。それこそが、最終的に計画以上の結果を出すために必要な要素ではないでしょうか。


金谷宏

経営状況がいくら厳しくなっても、生き残るためにリストラするなどということは考えられません。苦しいときはみんなで結束してがんばり、全社一丸となって日々の仕事に当たることが大切なのです。誰かがリストラ対象にでもなったら、全社一丸なんてできるはずがない。


宮坂学

圧倒的にお客さんに使ってもらえる「オンリーワン」のものを作ろうと決めました。そして、自分たちの力でそれができない時には「最強タッグ」を組めるパートナーと組んでいこう、と。


池上彰

「積ん読」状態であっても、本のタイトルを折に触れて見るだけで、そこから触発されるものがあります。原稿を書くときなど、何を書こうか悩んでいるとき、本のタイトルを見ているだけでアイデアが浮かぶこともあります。


ボブ・パーソンズ

ゴルフというのは非常に面白いスポーツで、同じ人と何回かプレーをするうちに、その人の一番良いところや、時には一番悪いところも見えてきます。それによって、信頼関係や友情関係を築くことができるのです。


ページの先頭へ