名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

野津基弘の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

野津基弘のプロフィール

野津基弘、のづ・もとひろ。日本の経営者。「日本カバヤ・オハヨーホールディングス」社長。岡山県出身。オハヨー乳業常務取締役、副社長、社長などを経て日本カバヤ・オハヨーホールディングス社長に就任。

野津基弘の名言 一覧

限られた時間の中でも自分の仕事に対して本当にこれでよいのか、という前提すらも疑って、「いいもの」を作るためにどんなことでも言い合える空気に変えていかなければ。


経営陣の意識がみんなに届く距離にあることが大事。ホールディングスの社員には、現場のためにここでやるんだという意識を持ってほしい。


祖業をリスペクトはする。でも縛られない。それが、グループの未来にとって大事なこと。


人としての礼儀と道理を持った議論は大歓迎。現にそういった体質を持つ事業は圧倒的な業績を上げています。


やってはいけないこと以外はすべてやっていい。最低限のことだけを守れば、あとは自由に挑戦して構わない。


感動していただける商品やサービスを生み出すため、社内で立場や役職を超えた議論を活発化させています。


経営に「軸」を持つことで目的が明確になり、従業員の意識改革もはかれる。


グループの存在意義を意識し、全体の方向性を統一して、中長期のビジョンを共有することが重要。


思いをいかに形にするか。従業員には我々の考えを知ってもらい、姿を見て、やるべきことを自分の意志で考えて行動してほしい。


真の欲求を究めて、ホンモノをカタチにする。


バラバラな業態を経営する上で、人でしかグループはつながることができない。


うちのグループはヒエラルキーを作らない。普通に考えれば偉いのは、最も売上高があるオハヨーで、次がカバヤ。でもだから何だ。


これまで、良い商品を作っても売り上げを維持できなかったのは、ブランド構築という部分が欠けていたから。商品構成をきちんと決めて、収益構造を確立してやりきるという意思を持つことが大切。


企業にとって真の社会貢献は人材育成。お客様の真の欲求に応えたいと奮起する人材を多数輩出することこそが、地域にとっての最大の誇りになる。


これまで当グループには経営の「軸」となるものがなかった。新体制移行にあたり、9ヶ月かけて約2800人の全従業員と面談し、各事業会社が抱える課題や取り組むべき投資計画などを洗い出し、グループの存在目的と経営方針を策定しました。


企業を人にたとえるなら、業績(P/L)は体調を、資産(B/S)は体質を表している。経営は体調に目が向きがちだが、健康な体質があれば不測の事態にも対応でき、成長の可能性は広がる。


祖父(創業者)が考えていたのは「日本のために」ということ。言葉にはしませんでしたが、敗戦で帰ってきた時に「ここで負けてなるか」という気持ちがあったのではないでしょうか。人々を豊かにするためなら、何でもやってやろうという人でした。


現場の力で大きくなっていった会社ですから、現場がイノベーションを生めるビジネスモデルをつくり、そのうえで変容できる状態を作るのがこの先10年の我々の仕事。


野津基弘の経歴・略歴

野津基弘、のづ・もとひろ。日本の経営者。「日本カバヤ・オハヨーホールディングス」社長。岡山県出身。オハヨー乳業常務取締役、副社長、社長などを経て日本カバヤ・オハヨーホールディングス社長に就任。

他の記事も読んでみる

唐池恒二

メモを取ることが大切。頭の中を巡っている悩みも、書き出してみたら意外と少なかったりするもの。


吉田穂波

人に頼ったり巻き込んだりすると、それは自分だけの目標ではなくなる。すると「約束を守らなければ」というやる気も生まれます。私もハーバード受験の際、多くの人に「ハーバードを受験します」と宣言して助言を仰いだのですが、そうすることで自分を鼓舞したのです。


高碕達之助

利益があれば年々機械が新しくなってくるから、新しい機械を買うためにまず第一に償却をやり、残った金は一般の会社がやるだけの配当をしよう。また従業員にはできるだけの給料を払って最低生活を保障し、製品はできるだけ安く売るようにした。つまり、償却した残りの金を三等分し、三分の一は従業員へ、三分の一は株主へ、三分の一は消費者に返してやるという原則を決めて、経費はできるだけ少なくし、いいものを敏速かつ安く提供するようにした。
【覚書き|東洋製缶社長時代の発言】


守屋淳

ムダなものを切り捨てる「勘」が働かないと情報に振り回される。その「勘」を身につけるには経験を積み重ね、時に痛い思いをすることも必要だろう。


高橋滋

よくオーナーは金だけ出して口は出すなといいますが、自分にきちんとしたコンセプトがあるなら、やっぱり口も出すべきです。


一圓克彦

インターネットだから簡単、もしくは困難といった偏見は捨てるべきです。ネット市場もリアル市場も最終的に顧客の求めるものは同じなんです。


牧野正幸

恐れるべきはスランプではなく、調子がいい時。スランプが来たら、「ヨシ、来たな」と歓迎すればいい。


文野直樹

最近、1週間ほどセブ島に英語の語学留学をしてきました。正直なところ、英会話は一つも上達しないで帰ってきましたけどね(笑)。でも、体験したことで得られたものはたくさんありました。こういう実体験をすることで、様々な人たちの価値観が見えてきます。


伊藤一郎(経営者)

実は私は他の役員に比べて、役員になるのがだいぶ遅かったのです。おそらく4年くらい遅れていたと思います。ところが、最後は会長になりました。何かの巡り合わせかと思います。自分は特別な経営者ではありませんが、それでも「やればできる」ことを実績として証明できました。


藤本誠之

社長に「永続的に続く夢や、たぎるほどの熱意」があると、結果的に株価上昇につながりやすい。同時に、一歩引いて冷静に判断する姿勢もあると安心して応援できる。


水野雅浩

歩き方を見ると、仕事ができる人かどうかわかる。私はニューヨークや香港で働いていた時、優秀なビジネスマンほど、大股で猛然と歩いていることに気付いた。大股歩きにより、「脳の血流がよくなる」からです。ふくらはぎは「第2の心臓」と言われますが、大股歩きでふくらはぎや太ももの筋肉を活発に動かすと、血液の巡りが良くなり、脳に新鮮な血液が行き渡ります。


大坪清

これまで請負や派遣社員を使ってきたのはやはりコストを抑えるためです。1000人強の派遣社員をこの際どうするのかという議論の中で、今後も派遣社員として使い続けていくのであれば、従来と何も変わりません。会社にとって本当に必要な人間であれば、レンゴーで働く人間は全員正社員にしようと決めたのです。結果としては大成功しました。