名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

野水重明の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

野水重明のプロフィール

野水重明、のみず・しげあき。日本の経営者。「ツインバード工業」社長。新潟県出身。工学院大学卒業、長岡技術科学大学大学院で博士号を取得。ツインバード工業に入社。住友銀行出向、ツインバード工業海外営業部長、取締役、経営企画室長、専務などを経て社長に就任。

野水重明の名言 一覧

洋食メッキの町工場がルーツの当社は、「いいものをつくればお客さんに喜んでもらえる」という、ものづくり志向の強い会社。しかし、ものがあふれる現在は品質の良い製品を手頃な価格で提供するだけでは足りません。私は今期をブランディング元年と位置づけ、お客様志向の徹底を掲げました。そのためにコールセンターの人員を増やし、需要地の首都圏発信で商品開発を推進する体制を整えるなど、様々な取り組みを始めました。


「ブランドがいまひとつよく見えない」という声をうかがいます。真摯に受け止め施策を打ち始めました。例えば「コアンダエア」という扇風機では、4世代目に当たる今年の製品から3機種のデザインを統一しました。この扇風機は自然な風を遠くまで届けられる当社独自の技術を採用し、訴求力を持ちます。これまでは機種ごとにデザインが異なっていたため、売り場では単品の展示になり、商品の強みが埋もれてしまいました。デザインを統一すれば3機種の集合展示になり、売り場で目を引きます。


野水重明の経歴・略歴

野水重明、のみず・しげあき。日本の経営者。「ツインバード工業」社長。新潟県出身。工学院大学卒業、長岡技術科学大学大学院で博士号を取得。ツインバード工業に入社。住友銀行出向、ツインバード工業海外営業部長、取締役、経営企画室長、専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

角倉護

これからは世の中の変化をとらえながら、スピードを上げていかなければならない。


大河原毅

父は、出来の悪い息子の落第を聞いても達観した様子でしたが「君は奥手だから」と、一言つぶやいたことを覚えています。若い時はつらいことばかりでしたが、父の言葉を信じて、私の人生は実るのが遅いだけだと思って生きてきたことで度胸もついたのでしょう。


村井満

選手の人間力を育てなければいけない。どこに行っても通用する人材を育てないと、サッカーでは勝てない。


泉谷直木

歴代社長からは生き様や魂、執念を感じさせられました。日ごろ接していますし、取材には私も同席します。そのときにトップが漏らす一言一言から、深い考えや夢が伝わってきます。
【覚書き|常務時代の発言。歴代社長とは、村井勉氏、樋口廣太郎氏、瀬戸雄三氏、福地茂雄氏のこと】


中山讓治(中山譲治)

私が先輩社員からよく言われたのは、「いったんつくった案を、平気で崩せる人間になれ」ということでした。要するに、いくら本気で練り上げた案でも、よそにもっと優れた案があることに気づいたら、自分の案にはこだわらずに崩す勇気を持てと。自分だけが正しいと思うなということです。


徳重徹

私のミッションは、とにかく海外の拠点、成功の事例をつくること。EVの場合は時間がかかりましたが、ドローンについては、ある国でしっかりと成功できれば、一気にグローバルに垂直立ち上げできると思っています。恐らくEVの時よりはるかに早い成長が期待できます。


佐藤仙務

障がい者がやっているから普通の会社よりも質が悪い、スピードが遅いということではやっていけません、速さにおいても質においても、ほかの会社に勝っているからこそ、当社に受注をいただけると考えています。


倉田浩美

会社を良くするための意見を自由記述で募ったところ、200人以上のコメントが集まりました。それをすべて読んだ結果が新たな取り組みにつながっています。


いとう伸

商談の「つかみ」で大切なのは、事前準備です。相手の欲求を想像して入念にシナリオをつくり、それに沿って第一声を発するからこそ、最初にがっちり心をつかむことができます。相手が不特定多数でもターゲット層についてきちんと調査しておくべきだし、相手がわかっている場合ならなおさらです。「つかみ」の演出は営業に行く前から始まっていることを肝に銘じましょう。


坪田一男

人はどんなときに幸せや不幸せを感じるのか。そのことを調査した数多くの大規模調査では、幸せともっとも大きな相関関係があったのは、なんと「睡眠」と「上司」だったそうだ。しかも、「結婚」が幸せにもたらす影響も、毎日顔を合わせる「上司」の比ではないという。


水越康介

直観に重きを置くリサーチ手法は、マーケティング分野にも部分的に浸透しつつある。コンシューマーインサイトをとらえるという話や、オブザベーション(参与観察)、あるいはビジネスエスノグラフィーと呼ばれるようなものだ。いずれも、相手を調べることを本来的な目的とはせず、自分が気づいてしまったことに注目し、そこからアイデアを広げていく方法だろう。


鈴木幸一(経営者)

インターネットは情報源としては優れていますが、社会や人間というものを長い時間軸で考えるにはやはり本の方が優れています。