名言DB

9490 人 / 112001 名言

野村絵理奈の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

野村絵理奈のプロフィール

野村絵理奈、のむら・えりな。日本のアナウンサー、気象予報士、スピーチトレーナー。兵庫県出身。同志社大学法学部卒業後、NHKに入局。松山放送局でキャスター、気象予報士を務めたのち、スピーチトレーナーとなる。ミス・ユニバースジャパン公認スピーチトレーナーとしても活動した。著書に『世界一の美女になる話し方』『5000人を変えた!話し方の新・習慣』『年収を2倍にしたければ、その話し方を変えなさい』『仕事美女になる話し方』『たった5秒で相手の心をつかむひとことの力』『世界基準の美を目指す!ビューティメソッド55』ほか。

野村絵理奈の名言 一覧

スピーチで何より効果を発揮するのは、「相手にとって役に立つ自分の話を、どのように相手に伝えるか」に集中することです。緊張するのは意識が過度に自分に向かっているからです。自分ではなく、相手のことを考えれば、緊張しなくなります。


相手に信頼を得られる人と、信頼されるどころか軽く見られてしまう人。その話し方の差は「自信の有無」です。話し方というとテクニカルな面にばかり目が行きがちですが、テクニックの前にメンタルな面が重要です。


自信が生まれる源泉は準備にあります。顧客にニーズを十分に探ってこそ、自信を持って勧められます。他社の動向などを調べてこそ、上司に自信を持って提案できます。


営業マンが「この商品は必ずお客様の役に立つ」と信じているのとそうでないのとでは、自然と話し方に違いが出てきます。上司を説得するときでも、「自分の提案は素晴らしい」と思うことが、語りに説得力と重みを加えるのです。


話し方の準備で最も重要なことは、聞き手が納得する構成を考えることです。聞き手が納得するには、「結論」と「根拠」が揃った構成にしなければなりません。どちらを欠いても説得力は生まれません。


こちらが話すと、たいてい、聞き手から質問が出てきます。質問に答えられずうろたえてしまうと、「この人は大丈夫なのかな?」と疑念を持たれてしまい、仕事上のパートナーとして認めてもらえません。そこで、自分が話す内容よりも多くの情報をしっかりと下調べしておくことが重要です。


野村絵理奈の経歴・略歴

野村絵理奈、のむら・えりな。日本のアナウンサー、気象予報士、スピーチトレーナー。兵庫県出身。同志社大学法学部卒業後、NHKに入局。松山放送局でキャスター、気象予報士を務めたのち、スピーチトレーナーとなる。ミス・ユニバースジャパン公認スピーチトレーナーとしても活動した。著書に『世界一の美女になる話し方』『5000人を変えた!話し方の新・習慣』『年収を2倍にしたければ、その話し方を変えなさい』『仕事美女になる話し方』『たった5秒で相手の心をつかむひとことの力』『世界基準の美を目指す!ビューティメソッド55』ほか。

他の記事も読んでみる

松下幸之助

カンでいいときと、カンではなく科学的なものでないといけないときがあるわけです。しかし、カンが必要ないということには決してならない。


佐藤康人

数字にすると、本部と代理店間のコミュケーションも今までより格段に良くなる。抽象的な議論は少なくなり、具体的な戦略・戦術・日々の活動の話がしやすくなる。


濱松誠

思っていることを発信するだけでなく、各自で一歩踏み出してみよう。たとえば自分から手をあげて異動するのも、その一つ。大企業ではローテーション人事が普通で、自ら行きたいと手を挙げると驚かれます。新規ビジネスの創出もそう。


横山信弘

先送りによるリスクを避けるためには、「決断する/しない」のそれぞれにどんなメリットとデメリットがあるのかを改めて確認すること。先送りが正しい選択か、見えてくるはずです。


貫啓二

会社の成長のステージや環境の変化によって、新しい課題は次々に出てきます。不安は尽きませんが、先を見て変化することをやめなければ、成長し続けられると思っています。


永田昌久

現在、売上高の約半分が海外ですが、品質や技術を磨き、地域に貢献する国内工場と、それをグローバルに展開することが不可欠。


松波晴人

行動観察で一番大事なのは、仮説や偏見を持たないということです。子供が初めて海外に行った時のように「何だろう。何でこれ、こうなっているの?」という気持ちでいることです。「どうせこうだろう」と思ってしまうと、いろいろなものを見落としてしまいます。だから、ある種意図的に、対象となる業態を勉強せずに現地に行きます。そしてそこで気付いたことを、とにかくメモや、時にはビデオに撮っていく。それらの記録を分析して、その行動が何を意味するのか解釈していくんです。構造的に解釈出来たら、どうしたら良いか自然と分かるものです。


鳥羽博道

チャンスは自分から積極的に仕掛けなければならない。さもなければ、目の前を通過する商機をみすみす見逃してしまうことになる。ただし、商機といものは、たとえどんなに自分が正しいと思っていることでも、「時」すなわち時代の大きな流れ・時代的背景・社会の成熟度と、「機」すなわちそのことを起こそうとする機会が合致して初めて、味方になってくれるものだ。商機が到来するまで待つということも大切なことだと思う。


三宅哲之

集客がほぼゼロからのスタートなるので、開業後は赤字の連続。でも、本当にしたいこと、実現したいことが明確な人は、多少の苦難にも耐え、事業を軌道にのせられる。


吉田穂波

見切り発車でもいいので「やる」と決めて始めてしまえば、時間はあとから生まれてきます。


前川洋一郎

企業の事件はあらゆる利害関係者、すなわち創業家、役員、組合、OB、取引先、仕入先、顧客、業界、官公庁、マスコミ、地域社会などから「お灸」を据えられ、「お小言」を呈され、正しい方向へとナビゲートされていくのである。


伊庭正康

顧客と何度も会い、段階を踏んで提案していく営業スタイルは、一見良さそうだが効率が悪い。何度もやりとりをすることで、自分の時間も相手の時間も奪う。会う回数は最小限にするのがお互いにプラス。