名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

野村和史(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

野村和史(経営者)のプロフィール

野村和史、のむら・かずし。日本の経営者。特殊油圧シリンダーメーカー「南武」会長。青山学院大学経済学部卒業後、南武鉄工(のちの南武)に入社。日幸電機製作所、ドッドウェル勤務などを経て南武社長に就任。

野村和史(経営者)の名言 一覧

普通の日本のサラリーマンのような感覚では、とても変化についていくことはできない。


中小企業でも大企業に負けない情熱と結束力で勝負すればいい。


グローバル・ニッチ・トップを目指そう。それが当社の生きる道なのだ。


特許と品質と耐久性が合わさって、初めて強い商品と言える。


この数年、経営環境が苦しくても、他社が人員削減を進める中、当社はリストラをしないで頑張ってきました。経営環境がよくなってきた今、反転攻勢をかけるための従業員がうちには残っています。


今グローバル、グローバルと言いますけど、盲目的に何でもかんでも海外にもって行けばいいということではないと思います。日本人は教えるのが好きですから、何でも教えてあげて気づいたら何も日本に残っていない、なんてことのないように。コア技術はやはり日本に残しておくべきだと考えています。


うちの良さはやはり品質です。価格競争では太刀打ちできないと思いますが。やはり、ニッチな分野で高付加価値の製品づくりが当社の進む道になってくるでしょうね。


お客様が困っている時には極端な話、徹夜をしてでも面倒を見てあげるくらいのマインドが必要。そうした日本人らしいマインドをいかに海外の従業員に植え付けていくかというのは永遠の課題でしょう。


中小企業の一番の課題は人材育成。大企業と違って、中小企業はそんなに多くの人材を確保することができません。それだけに「人」に対するこだわりは中小企業のほうが強いような気がします。


我々のような中小企業は規模を大きくして、量産で稼ぐというのは難しい。当社の歴史を見ても、少量多品種の受注生産でニッチな分野に特化することでここまで来ました。


当社は「技術をもって社会に奉仕する」ということを社是に掲げています。お金儲けのためだけに働いているのであれば、あるいは(経営危機の時に)当社を退職するという人もいたのかもしれませんが、技術で社会に貢献するということをみんなが感じていたのだと思います。


特許を取得する手間が大変という人もいますが、それはいい弁理士さんと付き合うことでかなりカバーできる。


まじめにものづくりをしている中小企業なら、よりよい製品をより効率的につくろうと工夫すれば、そこに実需に基づいた特許技術が生まれるはず。


うちの製品は工場見学に来て1日じーっと眺めても、なかなか真似できないんです。特許情報を見て理屈がわかっても、加工精度と品質、耐久性が違う。


特許情報を調べて真似するやつがいる以上、(特許を取らずに)黙って商品をつくっている方がいい、というのはひとつの考え方でしょう。うちも国内8件、米国で2件の特許を保有していますが、「日米で特許取得済み」とだけ書いて特許番号を入れません。少なくとも、悪いやつらが特許情報を調べるのだけは大変にしておかないと。


野村和史(経営者)の経歴・略歴

野村和史、のむら・かずし。日本の経営者。特殊油圧シリンダーメーカー「南武」会長。青山学院大学経済学部卒業後、南武鉄工(のちの南武)に入社。日幸電機製作所、ドッドウェル勤務などを経て南武社長に就任。

他の記事も読んでみる

一瀬邦夫

1号店オープンからわずか2年8か月で100店舗を達成しました。これほどまでのハイペースで「いきなり!ステーキ」をスピード出店することができ、海外進出も果たせたのは、突き詰めると、それは自分自身を信じ抜くことができたからだと思います。1号店と2号店の物件にサインをした頃、世間的に見れば「いきなり!ステーキ」はまだ海の物とも山の物ともつかない存在にすぎませんでした。しかし、私にはその時すでに、「これは絶対にうまくいくビジネスモデルだ」という強い自信がありました。そして、それを信じて迷わずやり抜いた結果が、今につながっているのです。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

独身者がライフプランをつくるときには、「機会損失」という観点からも、自分の人生を考えるべきだと思います。先日、私のもとに「40歳なのですが、転職はもう遅いでしょうか?」と相談をしに来た方がいらっしゃいました。40歳でも転職先はあると思いますが、残念ながら、20代や30代に比べれば、選択肢は非常に狭まっていると言わざるを得ません。もう少し早く動き出せば、人生は大きく違っていたことでしょう。このように、若い頃にたくさんあったチャンスは、年を取るごとにどんどん失われていきます。転職に限った話ではなく、独立起業や留学もそうでしょう。さらに、結婚して子供ができたら、挑戦するハードルはぐんと高くなります。


森山眞弓

私は東大在学中に結婚し、入省後は3人の子育てと仕事の両立に追われました。「男は仕事、女は家庭」が当然視された時代です。男でなければ分からなかったであろう仕事の生きがいと、女でなければ味わえなかった母親の喜び当時では欲張りに思われたことをやり通すには、他人の倍の努力をしなければいけませんでした。


ハーマン・サイモン

ある日本の大手グローバル企業のマーケティング担当者にプレミアム価格をつけて売るようご提案しましたが、部門のトップは「しかしそれではシェアを失う」と言いました。全員そこで沈黙です。その企業では自発的にシェアを諦めるというのは絶対にタブーなのです。


筒香嘉智

普段から読書が好きなのですが、本を読んで心に響いた言葉や、いま自分が直面している課題に関する言葉を紙に書き出して、自宅の壁に貼っています。毎日、目にするので、忘れないし気づきを得るきっかけにもなります。技術的な課題を書いた紙は達成できたら、外します。


井上和幸(ヘッドハンター)

もし撤退の判断が正しいとしたら、鬼になってリストラを進めるべきです。日本人は情に流されやすく、損切りするのも苦手です。しかし、ここはロジカルに撤退を進めるのが正しいでしょう。


おちまさと

皆が知っている売上げランキング一位の商品と、これまた皆が買っている人気の商品をくっつけたって、誰でも思いつくようなことしか出てきません。人と違うアイデアを生み出すためには、どうでもいいようなことをたくさん記憶しておくことが重要なんです。そうした記憶こそが、「なんであの人は、あんなことを思いつけるんだ」という発想の源になります。


立川談慶

管理職や上司の方へお勧めしたいのが、部下にスキを見せることです。そのときに有効なのが「自慢話」「グチ」「悪口」の3つです。特に師匠は「グチは大事なんだ」といいながら、自分にもよくこぼしていました。弟子からすると、グチをいってもらえるようになったんだなとうれしいわけです。部下に対して弱い部分を見せることで、逆に人間関係が深まります。そうすれば無茶ぶりもパワハラにはなりませんよ。


森正文(経営者)

コミュニケーションで大切なのは、やはり「いま、あなたと話しているこの瞬間を大切にしたい」という想いに尽きるのではないでしょうか。相手のことを気にかけ、相手のことを調べたり、記憶したりする努力や手間を惜しまない。こうした思いのこもった相手への働きかけを、いつも忘れずにいたいですね。


魚住りえ

その場のお互いの感情が相互に影響を受け合う、つまり「感情はシンクロする」のが私の持論。話し方のエネルギーもシンクロします。口数が少なく、おとなしくしゃべる人に合わせて、自分もおとなしく相づちを打っていると、どんどん底のほうに沈んでいって、まったく盛り上がらないインタビューになってしまう。明るい、高めの声で相づちを打つと、ちょっと場が明るくなってきて、相手も話しやすくなります。


池谷裕二

ストレス耐性についても、後天的に身につけられる面があります。これは動物実験ですが、継続的に小さなストレスを与えていると、あるとき大きなストレスが来ても耐えられることがわかっています。


野村克也

仕事道具にこだわる人間は、仕事に対する貪欲さを常に持っている。だから、成果をあげられるのかもしれん。