名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

野村亮太の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

野村亮太のプロフィール

野村亮太、のむら・りょうた。日本の認知科学者。東京大学大学院教育学研究科・特任助教。九州大学教育学部卒業、同大学院人間環境学府修士課程・博士後期課程修了。九州大学大学院人間環境学研究院助教、東京大学大学院教育学研究科・特任助教を務めた。

野村亮太の名言 一覧

落語の業界には「人(にん)」という言葉があります。「キャラクター」というような意味です。自分の「人(にん)に合った」方法を考えることが大事。


とくに初心者のうちは、何がよくて、何が悪いのかがわかりません。そこで下手な人を見れば、「こうするのはまずいんだな」とすぐわかります。


お手本とまったく同じことをする必要はありません。「これを自分がやるとしたら、どうすればいいだろうか」「自分に合うようにするには、どう変えたらいいだろうか」と省察するようにしましょう。


非言語コミュニケーションの上達のためには、まずは身近にお手本を見つけることをお勧めします。お手本を持たずに、ただ場数を踏んで、自分でなんとかしようと試行錯誤するだけでは、うまくいかないと思います。自分に足りないところ、あるいは自分の過剰なところに気がつけないからです。


話し手が自分の言葉に自信を持っているかどうか。きちんとこちらを向いて話しているかどうか。私たちは会話をしているとき、相手の視線から、そうしたことを無意識的に判断しています。ですから、相手との距離を縮め、信頼感を得るためには、まずは相手の目を見て話すことが重要。


話が長すぎる人が陥りがちな罠を避けることも重要。それは「過去の話」「仮定の話」をしないということだ。過去や仮定の話を始めると「5年前は、10年前は……」「もしこうだったら……」と際限なく広がりだしてしまう。「いま、ここで」に限定されなければ、話はどこまでも長くなる。


内容は同じでも、聞き手が体感する話の長さは話術が下手なほど大きくなる。どうすれば話が長すぎないようにできるか端的に言えば、まず話の要点を決め、そのポイントを伝えることに満足することを目指せばよい。


非言語コミュニケーションによって伝わる意味は、社会的、文化的に共有されているもの。ですから、経験豊富な「お手本」を見習うことが上達のコツ。上司でも先輩でもいいので、モデルになる人と一緒に行動し、その人がどうやって非言語情報を活用しているのかを横で見ながら、「自分だったらどうするか」を考えるといい。


話を簡潔にするには漫才の構造が参考になる。漫才では「最近、物騒な世の中になりましたね」といった前振りで状況を提示し、次に「うちでも防犯対策したいんですよ」と自分が話したい話題に入っていくという定石となる構造がある。前振りがあって初めて聞き手は話を容易に理解できる。ところが唐突に「廊下を鴬張りに変えまして」と話し始めれば、聞き手が何の話かと混乱するのは避けられない。


心理学では、何かを指し示したり、身振り手振りをしたりといったサインを送ることが有効だとされています。それは確かにそのとおりなのですが、同じくらい大切なことがあります。それは、「何もしないこと」です。私が研究している落語の世界では、たとえば扇子を箸に見立てて蕎麦を食べる、といった身振りがよく使われます。この身振りが伝わるのは、それまで動かずにいたからこそ。何もしないときとのコントラストで「あっ、今、箸を取ったな」とわかるわけです。もし演者が普段から落ち着きなく手を動かしていたら、どこで箸を取ったのかわかりません。何もしないときと、動いたときとの、メリハリが重要なのです。話しながら資料を指し示したり、説明に身振りを加えたりといったサインは、重要なポイント以外では何もしないからこそ、有効に働くのです。


野村亮太の経歴・略歴

野村亮太、のむら・りょうた。日本の認知科学者。東京大学大学院教育学研究科・特任助教。九州大学教育学部卒業、同大学院人間環境学府修士課程・博士後期課程修了。九州大学大学院人間環境学研究院助教、東京大学大学院教育学研究科・特任助教を務めた。

他の記事も読んでみる

真藤昌瑳熙

部下に仕事を任せられない問題のほとんどは、本人のマインドセットに原因があります。多くの上司は「自分でなければこの仕事はできないから、部下に任せられない」と口にしますが、本当は「仕事を多く抱えることで自分を重要な存在だと思いたい」「部下が自分よりも成長すると、立つ瀬がない」という「無価値感」への恐怖があるのです。


篠原あかね

歓迎会の幹事が面倒くさいと思っている方も多いのでは? でも、コツさえ押さえておけば名幹事になれるのです。


菊地敬一

僕は大学に7年間も通った、ある意味ドロップアウトした人間です。その僕が自分の好きな店をつくったら、働きたいと言ってくるのは、やはり僕と同じようなドロップアウト一歩手前の若者たちです。でも、そういう若者がきちんと働いて利益を出して、税金も納めて社会に貢献するというのは、素晴らしいことじゃないですか。そう考えると、店は100店より200店の方がいい。自分の好きなことを通じて、雇用創出という社会貢献をしたいと思うようになったんです。


石渡美奈

若手幹部の成長なくして、ポテンシャルも高く、意欲は世界一の我が社の若い社員たちを育てられるはずもありません。つまり組織の健全な成長も得られるはずがありません。


坂東玉三郎(5代目)

進歩するには背伸びも必要でしょうね。ちょっとずつ背伸びして、その時の自分よりも装って発言したり行動する。そして次にその背延びが嘘でないように努力するわけです。たとえば階段を上がる時にかかとが上がるでしょ?あのくらいずつ背伸びして階段を上がっていく。あのくらいなもんですよ。あれを三段四段跳びあがると背伸びではなくなってしまう。ちょっとずつでいいと思うんです。かかとが上がるように背伸びしていかないと進歩しないんです。


高田明(ジャパネットたかた)

インターネット事業をはじめた時、スタートを延期しました。なぜなら自分が満足するものが作れなかったからです。とにかくやるのだったら議論を尽くして、皆さんがサプライズしていただけるものを目指しています。


竹田陽一

商品を一度売ったらおしまいの「スポット型営業」では、トークカが結果を大きく左右します。でも、それ以外の営業では、人柄や人相などがものをいうのです。人相は天性の要素が大きいので、自信がない人は営業上手なパートナーとタッグを組むなどの対策が必要でしょう。一方、人柄に関しては努力で磨くことだって十分に可能です。


貞末良雄

お客様の信頼を裏切る会社は、必ず社会から消えていくだろう。


澤上篤人

大事なのは、早め早めに上昇相場を捉えて、リズム良く投資リターンを積み上げていくこと。一度の上昇相場で腹いっぱいもうけようとはせず、毎回そこそこの利益を積み上げるので構わない。それらが、複利効果をもたらしてくれるにつれ、とんでもない財産となっていく。避けなければならないのは、相場を意識し過ぎて後手後手の投資を繰り返すことだ。


佐藤優

組織の強みとは何か? それは1+1+1が3ではなく、5にも10にもなれるということ。お互いが分業し、専門化することでパフォーマンスが一気に高まる。ただし、これはお互いが信頼関係を持ちながら、一つの方向を目指して協力し合う場合。


佐々木常夫

部下を厳しく叱ってもダメなら、褒めればいいのです。誰だって、叱られるより、褒められるほうが嬉しいに決まっています。


内田恒二

製品開発にかかわる機密文書や、取引先との議事録をきちんと保管しておくのは、いろはのい。