野村与曽市の名言

野村与曽市のプロフィール

野村与曽市、與曽市、のむら・よそいち。日本の経営者。電気化学工業株式会社社長。滋賀県出身。一橋大学の前身である東京高等商業学校卒業後、北海カーバイド(のちの電気化学工業)に入社。本社用度課長、伏木工場事務長、青海工場長などを経て社長に就任。カーバイド工業会会長なども務めた経営者。

野村与曽市の名言 一覧

無知は無能と同格である。知性を養い世界の中のわが社を見よ。知って行わざるは知らざるに劣る。敢然実行は実業人の必須資格として尊ばなければならぬ。


要は何事にも、用意は周到に、行動は迅速にということである。


苦労はしておくものである。私はそれを深く体得して今日に至っている。


利潤の増大は原始製品販売を避け、二次三次の加工を施し、最終製品までの積み上げによって充足する方針をとっている。これを私は経営の立体化と呼んでいる。


人は石垣であり城であるという。和親協力の真価である。まことに人こそすべてである。人間尊重は私の本願である。


企業発展のカギは人である。一人一人の能力をよく方向づけたら素晴らしい力となる。日常の教育と訓練によって自己感性に励むよう仕向けている。優れた人にはその能力の続く限り働いてもらわねばならぬ。


現在、我が社の関連会社はいろいろの業種も含めて50社を超える。またそれらは今後さらに巨大化する方向が予想されるので、私はこれらの企業運営にリモートコントロールする必要を感じている。それには適材を適所に配置して常に最高の資料を持ち、全部をくるめた共存共栄の大きな一体=電化コンツェルンにまとめ上げたい。


先日は裏千家のご当主が、お茶のまことの心は「和、敬、清、寂」の四文字に尽きると話された。いずれも人に対し己に対し常にとらなければならない生活態度を示されたもので、良く考えてみると、これは単にお茶だけの話ではない。人生万事この心で処すべきであって、人間平等・世界平和の大理想である。


私は電気化学工業に職を奉じて早くも50余年の歳月を経た。いつでも精一杯の勉強、努力をしてここまでやってきたつもりであるが、思えば恩人、先輩、同僚の支持ほどありがたいものはない。


運転する工場の中で一番大切なのは、人心の安定、すなわち和、敬の精神と、場内の清潔整頓である。


いまから考えるとずいぶんとひどい偽物をつかんだことも再々あって、そのたびに歯ぎしりして悔しがったものだが、それもどうやら度胸のようなものになって結局は信頼のおける道具屋の意見を用いるのが一等よいと悟ったものである。


野村与曽市の経歴・略歴

野村与曽市、與曽市、のむら・よそいち。日本の経営者。電気化学工業株式会社社長。滋賀県出身。一橋大学の前身である東京高等商業学校卒業後、北海カーバイド(のちの電気化学工業)に入社。本社用度課長、伏木工場事務長、青海工場長などを経て社長に就任。カーバイド工業会会長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

山本博(アーチェリー)

なんか一生懸命やっていたら、気づかないうちにポケットに入っていた……。僕がこれから金メダルを獲るとしたら、そんなふうでありたいですね。成功というのは勝ち取るものではなく、訪れるものではないでしょうか。それは他の競技だって仕事だって、きっと同じじゃないかと思うのです。


菊原智明

万年ダメ営業マンだった私がトップセールスマンになれた理由の大きな1つは、「いま実は奥さんに怒られていて……」とか「この前、お酒でとんだ失敗をしちゃって……」というトホホ話をお客様に積極的にするようになったこと。やはり完璧な人より、少し抜けているくらいの人のほうが人間味があって親近感がわくものです。


坂根正弘

自社の事業を成長性の有無などで整理することから始めることが必要です。私も社長になった時、コマツには3つの過剰がありました。それは「雇用、設備、債務」の過剰です。そこで私は事業や商品の集中と選択とともに、一度だけの大手術ということで社員全員を対象に希望退職を募りました。


早坂泰次郎

人間の眼は決して、性能の不安定なカメラではない。決して認識や思考の道具ではない。見るとは、決して対象を分析し、切り取ることではない。何よりもまず感じることなのだ。見るとは眼で感じることなのだ。認識や思考は、そこから始まるのだ。


中野信子

SNSは人脈を広げたり、仕事のチャンスを得たりするのに役に立つ、という人もいますが、意外とうまく使えている人は少ないでしょう。というのも、ついハマって、時間をかけてしまうから。かなりコストパフォーマンスが悪いと思います。私自身は、ツイッターはやらないことにしています。匿名性が高く情報の確度が低いこと、人に対して何かのアクションを起こした場合、ダイレクトにその反応を見られるので、快楽を伴う攻撃が行なわれやすいことが理由です。私が使用しているのは、告知用にフェイスブックを使うくらいでしょうか。フェイスブックは実名なので、ときどきよくわからないコメントもありますが、そうひどい攻撃はありません。


澤田秀雄

運は自ら掴むもの。運は「運ぶ」と書くように、自分の力で引き寄せなくてはならない。


木村尚敬

上司の地位を利用したパワーマネジメントで部下を動かすのは得策とはいえない。納得していない部下を権力で無理やり動かそうとしても、面従腹背を招くリスクがある。


弘兼憲史

仕事のできる人、信頼を勝ち取る人は、「着手するスピード」が何しろ早い。例えば僕は、資料集めを人にお願いすることがありますが、「完璧な資料を作ってから渡そう」という意識の強い人に待たされると、こちらも不安になり、イライラしてきます。できる人ほど「とりあえず今日のうちにこれだけの資料を集めたので先にお送りしておきます。他に必要なものがあったら教えてください」とすぐに第一報を入れてくれる。すると、こちらも「こんな感じの資料をもっと集めてくれるとありがたい、でも、こちらは必要ない」と返信できるし、何より安心できる。そうやって仕事を進めた方が、結果として効率的で、お互いのストレスもなくなります。


渡部陽一

戦場の子供の笑顔と出会うと、ほっとすると同時に胸が締め付けられます。子供たちの笑顔。これからも取材の一つの柱にしていきたい。一瞬一瞬の表情が懸命で、深みがあるだけに。


樋口武男

自分たちの親、両親を大事にしないで大成した人間はいない。それは企業でも一緒。企業の親は創業者。ゼロから企業を興し、苦労を重ねて今日の礎を築いた創業者を軽んじ、ちょっと業績を伸ばして天狗になり、俺が俺がという人間が出てきた途端、会社はおかしくなっていく。


張本邦雄

海外には30代前の連中をポンポン行かせています。彼らがイチから現地でビジネスを立ち上げる。それをじっくり時間をかけて育て上げていく。TOTOにはそうした企業文化がすでに出来上がっています。


江上治

「何かすごいことをしないといけない」。そう焦っている人には、成功は近づいてこない。「お客さまから求められていること」と、「自分が一所懸命にやっていること」が噛み合っていないのだ。


森田直行(経営者)

現在、経営にはますますスピードが求められている。無駄な時間の使い方は経営の圧迫に直結する。自らの時間の使い方を見直すことが、組織の生産性、ひいては会社全体の生産性を高めることにつながることを、常に意識しなければならない。


朝倉千恵子

厳しい上司はパワハラだと訴えられてしまうから、厳しいことが言えない。いい上司がいなくなっていく。相手に対して「思い」がなかったら、厳しくなんかしないんですけどね。しっかりした親は、子どものことを考えるから叱るのです。そういう親を「パワハラ親」だとか「ブラック親」だなんて言いません。


吉田耕作(統計学者)

自らが能動的に考え、ワイガヤを通して取り組んだことが結果につながることで、ジョイ・オブ・ワーク(仕事の喜び)が実現される。


ページの先頭へ