名言DB

9412 人 / 110637 名言

野村るり子の名言

twitter Facebook はてブ

野村るり子のプロフィール

野村るり子、のむら・るりこ。日本の教育学者、教育コンサルタント。「ホープス」社長。東京出身。カリフォルニア大学ロサンゼルス校を経て、ペンシルベニア州立大学体育学部卒業。慶應義塾大学ビジネススクールでMBAを取得。ハーバード大学教育大学院修了。ホープスを設立。

野村るり子の名言 一覧

あがってしまってつつかえたり、早口になってしまっても、自分の信じた内容を情熱を込めて伝える方が、審査員の心を動かす。


実はプレゼンの形式そのものは、数カ月あれば習得できます。一方、中身はその人が長年、関心を持ち、知識を蓄積してきた結果ですから、短期間ではどうにもなりません。大人のビジネスパーソンが真のプレゼン上手を目指すなら、まさにこの「中身」で勝負すべきだと私は思うのです。


野村るり子の経歴・略歴

野村るり子、のむら・るりこ。日本の教育学者、教育コンサルタント。「ホープス」社長。東京出身。カリフォルニア大学ロサンゼルス校を経て、ペンシルベニア州立大学体育学部卒業。慶應義塾大学ビジネススクールでMBAを取得。ハーバード大学教育大学院修了。ホープスを設立。

他の記事も読んでみる

米山公啓

脳はひとつのことに長時間集中するのが苦手なので、別の作業に切り替えたり、息抜きをしたりと、緩急のリズムをつけていくことで高いパフォーマンスが発揮できるしくみになっています。


堀之内九一郎

会社は自分を認めたから採用して、給料もくれている。だから、できる限り会社に貢献しなくちゃいけない。これは基本中の基本ともいうべき当たり前の考え方。


細谷英二

顧客との対応の仕方も、「ホテルの従業員が座って対応していますか?普通のサービス業になろう」と言い続けました。社員を大阪のテーマパークであるユニバーサル・スタジオ・ジャパンなどに研修に出し、サービス業とは何かを根本から学ばせました。


モンテーニュ

運命は我々を幸福にも不幸にもしない。ただ、その材料と種子とを、我々に提供するだけだ。


古川享

幸せの訴求ポイントがモノ中心ではなくなったこと、一人一人の幸せの価値観が違ってきているというこの二つを考えあわせていかなければならないのですが、ソフトウェアを中心に考えていくと、その答えは出しやすいんです。パソコンでいえば、ソフトウェアが目に見えない一人一人の価値観を実現してくれます。ソフトウェアに盛り込まれているコンテンツそのものが幸せをもたらしてくれるんです。


嶋津良智

ネガティブ思考や被害者意識からは何も生まれません。ものごとのポジティブな面にフォーカスできるのが、稼げる人のものの見方、考え方といえます。


鑄方貞了(鋳方貞了)

事業承継には、最低で10年ほどかかることが見込まれます。社長を譲ったとしても、後継社長が次の段階に向けて順調に歩んでいくには会長による適切なサポートが必要ですし、金融機関や得意先、仕入先などへの信頼関係を維持させていくことも大事です。また、株の移譲などの税務対策なども、長い期間が必要となってきます。


金杉恭三

自分の性格は陽気であり、せっかちであると思っています。スピード感はあるのだと思いますが、それが拙速にならないように気をつけています。


藤森義明

困難な目標を達成するには、当然既存のやり方ではなく、想定しなかった方法を考えなくてはなりません。これまでは結びつかなかったもの同士をリンクさせ、こんなやり方をしてみようと新しいシナリオを生み出す。そのアイデアは社内に閉じこもっているだけでは絶対に出てきません。


鈴木喬(経営者)

売れるか売れないかも分からない新商品を出して、小売りはその瞬間、売り上げが伸びるかもしれない。けれど、我々メーカーは売れている既存商品を売り場から引っ込められてしまうわけです。自分で自分の販路を断つことになる。だったら今売れている商品を大事にして売った方がいい。


柏木理佳

まったく別の産業で働いてみたい場合、チャレンジするのは強みです。通常、企業側は、未経験者の正社員採用には躊躇しますが、派遣社員や契約社員なら、異業種からの応募者でも試してみようとするでしょう。職業経験が浅い人ほど、業界・職種にこだわらず、思い切ってチャレンジすべきです。それが、好きな仕事に就くための第一歩なのです。


高橋秀明

これまで日本企業は社員の多様性を生かし、個性を尊重することに前向きではなかった。だからといって日本人に個性がないわけではない。独創的な人は多いし、ソニーやファーストリテイリングのように、飛びぬけた発想で活躍している企業もあります。組織として調和を保ちつつ、個を大事にする。日本でも昔から「和して同せず」と言うではありませんか。


出口治明

「人を成長させるものは3つしかありません。人、本、旅です」。僕は常々そう説いてきました。その心は、どんな人でも自分ひとりの思考や知識なんて、ちっぽけで限られるからですよ。だから、たくさんの人と会い、本を読み、数多く旅をして現場をみれば、新しい知識と刺激を得られる。結果として、自分の中に多様性が育ちます。新しいアイデアを生むきっかけになるわけです。


ソクラテス

探求なき生は、生きがいのない人生だ。


伊藤隆行

僕は自分の番組のことを「他力本願バラエティ」だと言っています。つまり、アイデアは人から全部もらってしまえという考え方です。