名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

野呂敏彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

野呂敏彦のプロフィール

野呂敏彦、のろ・としひこ。日本の経営者、税理士、経営コンサルタント。「NBCコンサルタンツ」社長。トラック運転手を経て税理士試験に合格。その後、NBC税理士法人、NBCコンサルタンツを設立。

野呂敏彦の名言 一覧

売り上げを下げても利益率をアップすれば資金、利益、運転資金が同時に改善する。


セミナーで精魂込めて経営に対する考え方をレクチャーすればするほど、受講生の暗かった表情が明るく変化してくる。これこそ私に活力を与えてくれる。


野呂敏彦の経歴・略歴

野呂敏彦、のろ・としひこ。日本の経営者、税理士、経営コンサルタント。「NBCコンサルタンツ」社長。トラック運転手を経て税理士試験に合格。その後、NBC税理士法人、NBCコンサルタンツを設立。

他の記事も読んでみる

出澤剛

「LINE」のメッセンジャーは今、主要4か国の日本、台湾、タイ、インドネシアで1億6500万人、国内でも7500万人の方がほぼ毎日使っています。こうしたユーザーさんのつながりは、我々の価値だと思っており、我々は、ユーザーさんのつながりを軸にして様々なサービスを作ってきました。


小林大地(経営者)

変化を目指す一方で「いいものをつくる」精神は、変わらず我が社に受け継がれています。「象が踏んでもこわれない」のキャッチフレーズで一世を風靡した「アーム筆入」は、1960年代当時としては高価であったため「売れない」、また丈夫であったため「買い替え需要を減少させる」と社内から批判の声がありました。それでも販売にこぎつけ、ヒットを記録したのは、お客様を笑顔にする「いいもの」をつくりたいという想いがあったからこそです。


野口悠紀雄

興味を失わず勉強し続ける工夫が大切です。学校であれば、同じ目的を持って勉強し、議論し合う仲間を見つけることができるでしょう。独学ではそれができないので継続するのが難しい。独学の場合は、「誰かに教える」ことが一番のインセンティブになります。知っていることを「自慢したい」という欲求も満たされるからです。


大野裕

現代のビジネスマンは、何に悩んでいるのかを把握できないほど多くのストレスを抱えています。そんなときはまず、ひとつずつ悩みを書き出して思考を整理することをお勧めします。なぜなら、悩みは思い込みであるケースが多いからです。


真田幸村(真田信繁)

我らが大坂城に籠城する上は、必死の覚悟をしているので、この世で会う機会はもうないだろう。私の娘の「すへ」はお心に叶わないところもあろうが、お見捨てなきように、お願い申し上げます。
【覚え書き|長女の夫へ宛てた手紙】


ロバート・キヨサキ

私が成功し続けている理由の一つに、「法律の変化に気を付けている」ということがある。これは、投資をするうえで非常に重要なことなのだ。1986年、米国政府は抜本的な税制改正を行った。これには投資のルールの変更も含まれていた。改正法案が可決成立したとたん、何十億ドルもの投資家のお金が失われた。医師や弁護士、エンジニア、会計士、建築家といった高所得者たちは、投資に関してまともな判断ができず、勧められるままに投資をして大金を失った。彼らが手放さざるをえなかった物件を、熟練した投資家たちがダダ同然で買いあさっていった。これが、1987年から1995年の間に起こった大きな「富の移転」だ。問題はこのような一方の投資家たちからもう一方の投資家たちへの大きな「富の移転」がまた起こるのだろうかということだ。これは、神のみぞ知るだが「歴史は繰り返す」という言葉もある。もしまた起こるとすれば、その時に負ける人もいれば勝つ人も出てくる。


佐々木かをり

「元気管理」をとても意識しています。自分が、いつでも全身全霊を込めて仕事に打ち込み、ベストパフォーマンスを発揮できるように、体と頭と心を健康にするのは最も重要な仕事だと考えているんです。


瀧本哲史

「たくさん小さく試す」「当たったら集中投資する」。この両方の発想ができないとダメ。


矢部輝夫

一人ひとりが思いを持っている。それを引き出さなくてはダメだと思います。それに、組織というのは三角形になっていて、下に行くほど人数が多く、作業量も増える。トップがあれこれ指示すると、現場の人の作業量はどんどん増えていってしまう。


岩瀬大輔

仕事上で感じたこと、講演を聞いて心に残ったこと、経営者の方とお会いして勉強になったこと、読書をして感じたこと。これらをそのまま放っておかないで、ノートに書いて、頭の中で整理します。さらに、「なぜそれが面白いと感じたのか」「それで、どうしたいのか」という理由まで含めて、書き出すようにしています。


澤田貴司

企業再生とは地道な作業を何度も何度も繰り返すことによってようやく達成されるものであり、いきなり業績を改善してしまうような、そんな魔法のような仕組みなどこの世に存在しない。


宗次徳二

サービスはモノではなく、態度やもてなしの心でやるべきものです。