名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

野呂敏彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

野呂敏彦のプロフィール

野呂敏彦、のろ・としひこ。日本の経営者、税理士、経営コンサルタント。「NBCコンサルタンツ」社長。トラック運転手を経て税理士試験に合格。その後、NBC税理士法人、NBCコンサルタンツを設立。

野呂敏彦の名言 一覧

売り上げを下げても利益率をアップすれば資金、利益、運転資金が同時に改善する。


セミナーで精魂込めて経営に対する考え方をレクチャーすればするほど、受講生の暗かった表情が明るく変化してくる。これこそ私に活力を与えてくれる。


野呂敏彦の経歴・略歴

野呂敏彦、のろ・としひこ。日本の経営者、税理士、経営コンサルタント。「NBCコンサルタンツ」社長。トラック運転手を経て税理士試験に合格。その後、NBC税理士法人、NBCコンサルタンツを設立。

他の記事も読んでみる

澤上篤人

株価が強い上昇トレンドにある時などでは、地政学リスクなんて誰も口にしない。そんなことを気にしているよりも、一刻も早く買って上昇相場に乗った方がいいとなるからだ。


辻本憲三

ワインにも、ゲームにもそれぞれ苦労はありますが、何事も近道はありません。自然と向き合いながら一歩一歩着実に歩んでいくしか道はないと思っているので(苦労も)楽しかったです。


松下信武

マーケティング全般に関して、私はアンケートを取ることに疑問を抱いています。たとえば、クルマを買うつもりがないときにどんなクルマがよいか聞かれたら、かなりいい加減に答えるでしょう。嘘をつくつもりがなくても、非現実的な理想を交えたり、家族の意見を考慮に入れないなど、実際の購入とは違った意思決定プロセスをたどって答えるリスクがあります。信頼できる情報は、身銭を切って買った人のみから入手できるのです。


中野克彦(経営者)

部や課のレベルでも、リーダーが「この人のためなら、たとえ火のなか水のなか……」と思わせることが大事です。


安藤宏基

創業者(安藤百福)は、ひとつ達成すると、もう次のことを考えている人でした。ですから、達成したときに満足や喜びに浸るということがなかった。カップヌードルを開発したときも、周囲の人がみんなすごいすごいといってくれるのに、本人はもっとよくなるはずだと。つねに現状不満足だということです。


古川武士

スイッチング(代替)のポイントは、今に集中できる行為であること。人間は没頭する対象ができれば、意識が切り替わり、ストレスから自分を切り離すことができるのです。いくつかの行動を試してみて、意識を集中させてくれる代替行動を見つけてください。自分が好きなスイッチング行動が見つかれば、悪い習慣の負のスパイラルを断ち切っていくことができるはず。


笠原久芳

同業他社から言わせると、コンタクトプローブの業界って成熟産業らしいんですよ。根本的にね、商品の形はもうこれ以上変わらないだろうし、変えようがないと。形という意味では、そうかもしれません。しかし、ハイエンドなモデルについては、これからますます微細加工が難しい分野に入っていきますし、ローエンドなものについても、ちょっと手を加えるだけで性能がアップする、というか既にアップさせてますしね。一つは耐久性ですね。他社製だと10万回検査すると交換しなければならないんですが、うちのは100万回もちますからね。


明石順平

労働者の常識として自分の労働時間は自分で記録すること。未払い残業代の請求は2年で時効になりますが、転職するなら未払い残業代を請求してもいい。現実に300万円超の残業代を受け取った人もいます。請求するには証拠が必要になりますが、今はGPSと連動した位置情報で出退勤を記録してくれる便利なスマホアプリもある。ほかにお勧めの方法は、日々の出退勤時に自分や家族宛てにメールを送ること。実際に奥さんに送ったメールが証拠となった事件もあります。どんな会社でも自分の身を守るためにも自分で労働時間を記録することが不可欠です。


後藤高志

我々が口を酸っぱくして言っているのは、「井の中のゆでガエルにはなるな」ということです。鉄道会社は、ややもすると井の中の蛙になりやすいものです。運賃や定期券の収入が日々入ってくるため足元のキャッシュフローが非常に安定している。そこに安住してしまえば長い目で見たリスクをおざなりにしがちです。これを放置していたら最初は居心地のよかったぬるま湯が徐々に熱湯になって、最後は大やけどですよ。


森川陽太郎

ネガティブな状態から立ち直るための3ステップ

  1. 気付く。「自分の感情をコントロールしようとしてないか」「他人の評価ばかり気にしていないか」と、コントロールできないことに意識がいっていないか自問する。
  2. 止める。思考を止めるのは難しいので、いましている「行動」を止めてみる。たとえば商談中ならば、一瞬腰を上げて椅子にかけ直してみる。
  3. 戻す。行動を変えたら、「周囲や他人への意識でなく、自分ができることは何か?」と考え、それに集中する。

久瑠あさ美

人は過去に起こった経験にとらわれがち。「過去→現在→未来」という時間の流れを「未来→現在→過去」と逆に考えること。未来の自分のイメージが現在の自分を創る、というようにトレーニングするといい。


佐藤可士和

情報を整理できても、いざ問題解決策を見つける段になって行き詰まってしまうこともあります。何度考えても、平凡で同じ結論しか出なくなることがあるのです。こういう場合は、たいがい視野が狭まっているものです。自分がそうした状態に陥っていると感じたら、僕は離れてみるようにしています。客観的な視点でものごとを見るのです。