名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

野呂敏彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

野呂敏彦のプロフィール

野呂敏彦、のろ・としひこ。日本の経営者、税理士、経営コンサルタント。「NBCコンサルタンツ」社長。トラック運転手を経て税理士試験に合格。その後、NBC税理士法人、NBCコンサルタンツを設立。

野呂敏彦の名言 一覧

売り上げを下げても利益率をアップすれば資金、利益、運転資金が同時に改善する。


セミナーで精魂込めて経営に対する考え方をレクチャーすればするほど、受講生の暗かった表情が明るく変化してくる。これこそ私に活力を与えてくれる。


野呂敏彦の経歴・略歴

野呂敏彦、のろ・としひこ。日本の経営者、税理士、経営コンサルタント。「NBCコンサルタンツ」社長。トラック運転手を経て税理士試験に合格。その後、NBC税理士法人、NBCコンサルタンツを設立。

他の記事も読んでみる

村岡恵理

もし、ネガティブの深みにずるずるとはまって抜け出せない場合には、精神や身体の疲労から、自律神経が支障をきたしているサインかもしれません。そういう時は自分を責めたり、無理して頑張ろうとするのは逆効果。できるだけ心身を休ませることが先決です。


若田光一

東京は成熟した都市です。安全・安心度は世界一でしょう。その強みを生かし、海外の人も障がい者もアクセスできる環境を積み上げていけるかがカギです。多言語、多習慣、多文化に対応する、あらゆる意味でのバリアフリー化された社会を目指すべきです。都市が成熟すると、大きな飛躍はありません。長期的な展望を持ち、持続可能な形で努力を重ねるしかない。日本人にはハーモニーを大切にする「和の心」があります。地球人としての価値観を共有できる場所になれるかどうかが、東京の都市力につながるのではないでしょうか。


ロバート・キャプラン

経営会議では、業務や戦術といった短期課題の議論に終始してはならない。業務上の関係者が問題を議論し、解決することは大切です。しかし、当面の課題にばかり時間を投じると企業は過ちをおかします。業務上の問題を扱う会議と、戦略をレビューする会議とを分けることが戦略の遂行には不可欠です。


安藤忠雄

安心するというのがやはり一番の敵ではないでしょうか。敗戦を経て、日本は平和になりました。日本人は、石油危機や金融危機など時々、ショックを受けて慌てるが、その危機感をすぐに忘れてしまう。終身雇用も年功序列も崩壊しているのに、安定を求めて大企業に就職したがる若者が少なくないと聞きます。これでいいのでしょうか。日本人は「挑戦する」という言葉を忘れてしまったように思えてなりません。


江上剛

話すときはわかりやすい言葉を使うことが肝心です。銀行には「期中平均残高」「乖離幅」など独特の業界用語があります。こういう用語を使って、支店の全体会議を開いたらどうなるか。上司は同じ銀行員だから話は伝わると思い込んでいますが、ほとんど伝わらないというのが実態です。


永瀬昭幸

リーダーに育てるには、実際にやらせてみないとダメです。自転車に乗るには、自転車の技術論を読んでもダメなのと一緒です。この、リーダーをやらせるという機会が意外に少ない。


坂本孝

うまくいったことはあまり記憶にない。だけど失敗はものすごく覚えている。要するに僕の今までの事業成績は2勝10敗で、今13戦目を戦いつつあるということ。


荻原健司

「競技を続ける理由」が明確になれば、選手に「主体性」や「責任」が生まれます。それが、厳しい練習や逆境を乗り越える動力になる。


角田秋生

日夜戦い、戦いです。公文式を始めて54年になりますが、相当の時間とエネルギーを価値観の共有に費やしてきました。特に力を注いだことのひとつが教材作りです。適切な課題を提供できるよう、算数・数学なら数字を書くところから微分、積分まで、一直線につなげています。だから子供がつまずかずにやっていける。そしてこの教材の中にこそ、公文式の理念や哲学が盛り込まれているのです。ですから、新しい市場に展開すると、まずインストラクターは「数かぞえや数唱」から始まる一連の教材を解き、教材から公文の理念、価値観を感じてもらうようにしています。


星野佳路

リーダーとして成長するために重要なことの1つは、「失敗経験」だと思います。「失敗は学びの機会」「失敗の数だけ成長できる」と感じています。


永瀬昭幸

練りに練った具体的な提案を最初にビシッと伝えたら、向こうはおのずと真剣になってメモを取り始めます。逆にいくら流暢に話せても、中身がなければダメ。


馬場正尊

プロジェクトを始めるとき、アメリカに行って都市再生の成功事例をいくつか見て回ったのですが、そのなかで特に印象に残ったのがニューヨークのダンボ地区でした。そこは、もともとはスラム街だったのですが、あるアート・フェスティバルをきっかけに芸術家が移り住むようになり、町全体が劇的に変わったのです。