名言DB

9,520 人 / 112,352 名言

野呂エイシロウの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

野呂エイシロウのプロフィール

野呂エイシロウ、のろ・えいしろう。日本の放送作家、PRコンサルタント。愛知県出身。愛知工業大学卒業。出版社を経て放送作家としてデビュー。多数のヒット番組を担当。著書に『プレスリリースはラブレター テレビを完全攻略する戦略的PR術』『稼ぎが10倍になる「自分」の見せ方・売り出し方』。

野呂エイシロウの名言 一覧

ソロバンが電卓、電卓がパソコンになったように、便利なものは結局普及する。


学歴のない人はとにかく行動すること。私もコンサルタントを始めてからも、ブログやメルマガ、いろいろなところで情報発信をすることで、仕事が広がっていきました。失敗しても死ぬわけじゃありません。リスクを恐れずに、どんどん動いていきましょう。


放送作家になるために、当時、放送作家を募集していた「天才・たけしの元気が出るテレビ」に企画書を送りました。普通は3通くらい送るんでしょうけど、私は10通送ったんですよ。それで返事がないから3日後にまた10通。30通くらい送ったら、企画会議をやるから来なさいって、連絡が来たんです。


小さな頃からテレビ局で働くことに憧れていました。大学卒業後、テレビ局の入社試験を受けたのですが、学歴の壁に阻まれて落ちてしまいました。高校のときに秋元康さんが雑誌で、学歴がなくてもできる商売として、放送作家を紹介していたんですよ。そのことを思い出して、テレビ局に入らなくても、放送作家ならやっていけると考えたんです。


野呂エイシロウの経歴・略歴

野呂エイシロウ、のろ・えいしろう。日本の放送作家、PRコンサルタント。愛知県出身。愛知工業大学卒業。出版社を経て放送作家としてデビュー。多数のヒット番組を担当。著書に『プレスリリースはラブレター テレビを完全攻略する戦略的PR術』『稼ぎが10倍になる「自分」の見せ方・売り出し方』。

他の記事も読んでみる

村岡恵理

仕事上で将来、運の女神が微笑むような幸せな人間関係を築くためには、何よりもまず、自分自身が人から信頼される人になること。これに尽きる。


小暮真久

一般の企業でも、いい商品をつくれば黙っていても社会がそれを評価して、勝手に売れていくなどということはありません。電話でアポイントメントを取り、きちんとした服装で訪問し、相手に名刺を渡し、信用してもらったうえできちんとその商品の良さを説明するということをしなければならないはずです。これは社会事業でもまったく変わることがありません。マーケティングや財務などの知識が必要なのも同様です。いくら「いいことをしたい」という思いが強くても、それを多くの人に伝えたり、寄付を募ったりするためには、ビジネススキルは必須です。


山田和裕

成果主義人事評価の問題は、しょせん評価方法というツールの表面的な話です。成果主義が悪いのではないのです。これまでの古い評価方法は、上司の好き嫌いという主観に偏りすぎていたということ、そしてそれを許してしまう組織文化に目を向けなければ、抜本的な改善にはつながりません。


松本晃(経営者)

会社の経営はもともと難しいものではありません。問題点を見つけるときも、複雑に考える必要はありません。儲けるという目的意識で見ると、答えが出てきます。たったこれだけのことで180度結果が違うのです。


似鳥昭雄

うちのモットーは「一に安さ、二に安さ、三に安さ」です。お客さんにとって1円でも安くするためには、どんな困難であれ乗り越えてみせるという思いです。あくまでも世のため、人のため。儲けるとか売上とか、店舗数なんてことは考えません。どんな苦労もいとわずにやってきました。


出雲充

ミドリムシクッキーの人気が出るまでのプロセスを通じ、私は考え方を変えた。それまではデータを駆使して科学的な真実を示すことに注力してきましたが、人々の感情に訴えかけることの重要性に気付いた。


大竹のり子

失敗すること自体は悪いことではありません。重要なのは、どうリスクを抑えた失敗が出来るかです。


山田敏夫

最近まで社員は私一人だった当社が、外部からたくさんの支援をいただき、またメディアからも注目してもらえたのは、仕事が「世界から評価されるメイドインジャパンを守る」という社会性を帯びていたからでしょう。とはいえ、最初は協力してくれる工場を見つけるだけでも大変でした。


馬渡晃

人によって企業の目的や動機が違うように、成功と失敗を測るモノサシも違うものです。「会社に縛られず働きたい」「好きなことを仕事にしたい」「会社を大きく成長させたい」「若い世代に自分の経験を伝えたい」など、あなただけの成功の形を経営理念として具体的な言葉に落とし込んでおきましょう。


江上剛

相手が誰でも、言いたいことがあれば、堂々と自分の意見を主張する。単に反対しないで、必ず対案を用意します。それなら感情的なケンカにならない。


マイケル・ゲルブ

かつて、不確かなことを受け入れる能力は、ダ・ヴィンチのような天才たちにだけ見られる性質だった。世界の加速度的な変化に伴って、ますます曖昧さは増大し、確実性という幻想を持ち続けることはいよいよ難しくなってきた。もはやあいまいさを受け入れて生きる能力は、私たちの日常生活に必要不可欠な能力になっている。


茂木啓三郎

一年に二回親族会を開くこと。その際、富の程度によって人のランクの上下を決めてはならない。貴ばなければならないのは人格である。