野呂エイシロウの名言

野呂エイシロウのプロフィール

野呂エイシロウ、のろ・えいしろう。日本の放送作家、PRコンサルタント。愛知県出身。愛知工業大学卒業。出版社を経て放送作家としてデビュー。多数のヒット番組を担当。著書に『プレスリリースはラブレター テレビを完全攻略する戦略的PR術』『稼ぎが10倍になる「自分」の見せ方・売り出し方』。

野呂エイシロウの名言 一覧

ソロバンが電卓、電卓がパソコンになったように、便利なものは結局普及する。


学歴のない人はとにかく行動すること。私もコンサルタントを始めてからも、ブログやメルマガ、いろいろなところで情報発信をすることで、仕事が広がっていきました。失敗しても死ぬわけじゃありません。リスクを恐れずに、どんどん動いていきましょう。


放送作家になるために、当時、放送作家を募集していた「天才・たけしの元気が出るテレビ」に企画書を送りました。普通は3通くらい送るんでしょうけど、私は10通送ったんですよ。それで返事がないから3日後にまた10通。30通くらい送ったら、企画会議をやるから来なさいって、連絡が来たんです。


小さな頃からテレビ局で働くことに憧れていました。大学卒業後、テレビ局の入社試験を受けたのですが、学歴の壁に阻まれて落ちてしまいました。高校のときに秋元康さんが雑誌で、学歴がなくてもできる商売として、放送作家を紹介していたんですよ。そのことを思い出して、テレビ局に入らなくても、放送作家ならやっていけると考えたんです。


野呂エイシロウの経歴・略歴

野呂エイシロウ、のろ・えいしろう。日本の放送作家、PRコンサルタント。愛知県出身。愛知工業大学卒業。出版社を経て放送作家としてデビュー。多数のヒット番組を担当。著書に『プレスリリースはラブレター テレビを完全攻略する戦略的PR術』『稼ぎが10倍になる「自分」の見せ方・売り出し方』。

ページの先頭へ